haiirodouke 20191006 分析 fate grand 特異点毎の作品観整理 テーマとなるクラス 第ー第三特異点に見る、意思ある道具の精神病理  つまり、カルデアは「鋼の大地」の世界観に軸を置いている。

 

Fate/Grand Order特異点毎の作品観整理 テーマとなるクラス

1

バーサーカー

2

アサシン

3

アーチャー

4

キャスター

5

ランサー

6

セイヴァー

7

ライダー

 

 

第一→バーサーカー

Fate/stay night

第二→アサシン

「ネロの叔父カリギュラグラディウス、荊 軻」

→死者が甦る→志貴は、fateならばクラスはアサシン。

 

なお、あのアレキサンダー三世は、問いかけからextra のレオの別バージョン。ハーウェイが何故頂点で管理しなければならないか、の問いの答えがネロの回答。あのアレキサンダー三世からすれば、自分の代わりにネロがハーウェイ当主になった世界のようなもの。

また、ネロは気付いていなかったが、母との対立時にー皇室とは別組織の、スパイが暗躍していた。恐らく、母も「なぜこのような戦争→このようでない戦争」→政争をしている国内別組織の多重スパイ。ラニの同類。extraのカードゲーム染みたシステム上、スカウティング、ノミ-盗聴機-管狐狐精を仕込めれば圧倒的に有利。ようは、カリギュラは愛人(兼 他組織多重スパイ)の派遣元の関与で不慮の死を遂げた。なお、その愛人(キャスター玉藻同類?)がネロの母である可能性大。恐らくはこのカリギュラが、このネロの実父(あるいはextraの男主人公)。

また、このラスボスは、stay・第六特異点のあのアーサー「セイヴァー」の同類。

実は、何故ラスボス アルテラが侵略に来るか、といえば。ラスボスのフンヌよりもローマ世界が豊かだから。

なお、今回の他国の英雄として召喚された者達の群立は、本来他国の軍事介入と代理戦争による国土切り取り→清王朝滅亡のような事態を招くため忌避すべきだが、皇帝群立で→「国家の中核の大義」を崩されるよりはましだった。

→「多国間に挟まれた代理戦争回避」が為せたのは、ロムルスが連合の体を為したからこそ。

月姫

「レフ教授役は、本来ロア。ネクロマンシー系に長ける。歪んでいなければ、天使召喚術をしていた?その場合、アルクェイドの同類、が天使として呼ばれた?設定上、朱い月アルクェイドも七十二柱の一部の筈。」

第三→

×ライダー→

○アーチャー

「フランシス・ドレイクは海賊船ではなく、砲がテーマ。魔砲使い青崎蒼。アルテミス。」

Fate/hollow ataraxiafate stay桜ルート。

「メディア・リリィは、汚染された聖杯の代理」「つまり、目的からすれば役立たずのゴミ。不具者」

第三で疑うべきは、本当に聖櫃には凄い力と価値があるのか、と言うこと。聖櫃そのものに、主君の願う目的を叶える効力が無いから、外装品として神霊を求めた、と言う構図に近い。第七特異点を貶めた、色々残念なシナリオは。

しかし、本来のマスター→装備適性者→女神が正しい沃土で「メディアと言うアイテム兼騎馬」を手にしなかった、メディアの不運さに発端がある。

考えてみると、ランサー・メデューサこそ、黒聖杯・サクラの持ち主として相応しい、地母神の血筋だったのかもしれない。考えてみると、キャスター玉藻の一番の属性は、天照よりも地母神だ。それにしても、ネロのスキルは取り替え子かと思うほど「橙→日昼」に因んだものが多い。

なお、テーマである聖櫃探索は、聖杯探索にも近い。秘宝探索の旅自体は、第六特異点が示すように、歴史的な有力者がやっている。

第二で、レフ教授の側にメディア・リリィが着いていれば、かなり凄まじいことになっていただろう。

第四→

キャスター。(あのパラケルススは、天草四郎の別バージョン。)

(作品全体の話になるが、あのグランドキャスターは、二十七祖の真祖がモデル。何故ソロモンの召喚対象がグロテスクか、と言えば。アルティメット・ワン達が他天体からのエイリアン設定だから。)

「外部からの侵略者である他集団→「エイリアンと、反エイリアン」は作品全体のテーマ」

MELTY BLOOD→『Fate/Apocrypha』(フェイト・アポクリファ

なお、「クラスはキャスター」と名乗るものばかりなことが、特異点シリーズの答えを示す。

ニコラ・テスラ」は、本来ズェピア・エルトナム・オベローン

の立ち位置だったと見る。それは、シオンから見れば、第二特異点の筋にも近いが。だが、中身はセイバーネロの別バージョン。

それが最善だから、わざと破壊を振り撒くふりをする、誘い受け。 

 

第五→

ランサー(どちらかと言うとアヴェンジャー寄り)「反転と両儀」がテーマ。

Fate/hollow ataraxiaバゼット側?「実際のところ、ランサーではなくメイヴの側が、第三特異点のオリオンとアルテミスの様にスケールダウン、ランサーに染まった存在」「私に寄り添う悪の王に」→「しかし、fate night本編からすれば、bad endでイリアがやっていること」

作品不明。

第七特異点でエレキシュガルが勝利した世界、に近い。

因みに、メイヴがクー・フー・リンを基点に二十八人の戦士を召喚した時、もっと良い手があるがアイデアも出されなかった。

→「カルデア側がエジソン達を退却させ。二手の敵をわざと合流させて、クー・フー・リンと二十八人の戦士を共倒れさせる作戦」を発案しなかったのは、作品観全体の仕様。

第六→ 

セイヴァー(盲従するガウェイン)

Fate  extra

獅子王は、メトレーヤの立ち位置の代理。

一番の歪みは、男女の別など。あの、裏切り者が何者か、が鍵。千五百年の放浪が答え。その湖の乙女も、王を死なせたく、別れたくなかったために壊れきった。故に、聖剣が返却されなかったと言う、if歴史を作り上げた。

還されるべき者が名を偽って手にしているならば、あのシナリオの結末は、再授与だろう。

stay nightのセイバーは、人違いなのか?あの裏切り者こそセイバーアーサーのようだが。

英雄対反英雄の構図における、反英雄側が輝くステージ→ハサン達。なお、山の翁が言う「天命を過つ者」とは、死徒などのアンデッド。

第七→

ライダー(神の方舟としてのティアマト、イシュタルの乗り物)

×fate extraのピースマンの話→歌月十夜

Fate/EXTELLA

「三千人の死を抹消した大国の代理戦争兼民族紛争」→

真相「退魔側政府からみた、混血平定→民族浄化

恐らくソロモン側の台詞からして、カルデア側はその負け組。カルデアは、代理戦争の「人形遣い同志の中の、負けた陣営を擁立した方」。

カルデアから見た「人」が、民族紛争負け組。負け組の掲げていた大義が、「人理焼却」される「人理」。

カルデアは、紛争介入するロビイスト集団の類か?

比較的セイバー、ネロの側に就く=アルテラ勢力の敵陣に就くようだが。

第六特異点で、獅子王勢力 内部不穏分子ベディヴィエール擁護をしたのが最たるものか?第六特異点では、一旦滅亡した、旧十字軍側を擁立していた勢力と見る。

反英雄達なりに大義があるとは言え、カルデアは本来 勝ち組の英雄側に就く存在、と考えるべき。

しかし、第七特異点でティアマトが問答無用で侵攻側で無ければ。カルデアがやっていることは山の翁達から見て、第六と第七で真逆である。

ーソロモンがアルティメット・ワンであり、アルテラはガイアのアルゴリズムに敵う、と言うのが答えか。

 

Fate  extra ccc

ティアマト→キャスターが分離したと言う、天照 の同類

反英雄らしさ、を追求した敵役で。ティアマトの侵略があったからこそ、ギルガメッシュの求心力はあれほど高まったのだろう。第一特異点の、反ジャンヌ勢力にある意味近い。つまり、カルデアは「鋼の大地」の世界観に軸を置いている。

https://typemoon.wiki.cre.jpwiki
ウェブ検索結果
Notes. - TYPE-MOON Wiki
angel notes. the metter of knights arms. ...and over count 1999 type: other. サークル「竹箒」として1999年( コミティア48)に発行した同人誌「Angel Voice」に収録された ...
概要
登場人物
用語
メモ
 
 
 
 
https://ja.m.wikipedia.orgwiki › T...
TYPE-MOON - Wikipedia
TYPE-MOONタイプムーン)は、クリエイタープロダクション・有限会社ノーツのゲームブランド。同人サークル「TYPE-MOON」のメンバーによって設立された会社であり(社名 ...
 
最新作: 『魔法使いの夜』; (2012年4月12日)
 
最終作: 『月箱』; (2003年4月29日)
 
企業名: 有限会社ノーツ
 
主要人物: 武内崇奈須きのこ
武内崇
月姫
TYPE-MOON
 
 
 
https://ja.m.wikipedia.org
鋼の大地 - Wikipedia
鋼の大地』(はがねのだいち)は、奈須きのこの小説。部分的なエピソードを描いた『Notes.』のみが発表 .... 空の

 

 

引用と解説

https://ja.wikipedia.orgwiki › TY...
ウェブ検索結果
TYPE-MOON - Wikipedia
移動先 『月姫』シリーズ · 月姫』シリーズ[編集]. 月姫(2000年). PCゲーム。『TYPE- MOON』初作品。後にアニメ制作会社J.C.STAFFによりタイトルを『真月譚 月姫』と変え ...
 
最新作: 『魔法使いの夜』; (2012年4月12日)
 
最終作: 『月箱』; (2003年4月29日)
 
企業名: 有限会社ノーツ
 
主要人物: 武内崇奈須きのこ
月姫
武内崇
TYPE-MOON

より引用

1作『Fate/stay night』を発売。同年6月には別サークルにて発表していた、『月姫』と共通の世界観を持つ奈須の小説『空の境界』が講談社から発売。

2005年3月『MELTY BLOOD Act Cadenza』がアーケードゲームにて稼動。

2005年10月28日、『Fate/stay night』ファンディスク『Fate/hollow ataraxia』が発売。

2006年8月10日、初のコンシューマーゲームとして PlayStation 2版『MELTY BLOOD Act Cadenza』が発売。

2007年4月19日、PlayStation 2版『Fate/stay night [Realta Nua]』が発売。

2008年12月18日、PlayStation 2版『Fate/unlimited codes』が発売。

2010年7月22日、PlayStation PortableFate/EXTRA』発売

 

2015年7月31日、スマートフォン向けゲームアプリ『Fate/Grand Order』開始

 

Fate/Grand Order特異点毎の作品観整理

第一→

Fate/stay night

第二→

月姫

「レフ教授役は、本来ロア」

第三→

Fate/hollow ataraxia

「メディア・リリィは、汚染された聖杯の代理」「つまり、目的からすれば役立たずのゴミ。不具者」

第三で疑うべきは、本当に聖櫃には凄い力と価値があるのか、と言うこと。聖櫃そのものに、主君の願う目的を叶える効力が無いから、外装品として神霊を求めた、と言う構図に近い。第七特異点を貶めた、色々残念なシナリオは。

しかし、本来のマスター→装備適性者が正しい沃土で手にしなかった、メディアの不運さにある。

考えてみると、ランサー・メデューサこそ、黒聖杯・サクラの持ち主として相応しい、地母神の血筋だったのかもしれない。考えてみると、キャスター玉藻の一番の属性は、天照よりも地母神だ。

第四→

MELTY BLOOD→『Fate/Apocrypha』(フェイト・アポクリファ

なお、「クラスはキャスター」と名乗るものばかりなことが、特異点シリーズの答えを示す。

ニコラ・テスラ」は、本来ズェピア・エルトナム・オベローン

の立ち位置だったと見る。それは、シオンから見れば、第二特異点の筋にも近いが。だが、中身はセイバーネロの別バージョン。

それが最善だから、わざと破壊を振り撒くふりをする、誘い受け。 

 

第五→

不明。

第七特異点でエレキシュガルが勝利した世界、に近い。

第六→ 

Fate  extra

獅子王は、メトレーヤの立ち位置の代理。

一番の歪みは、男女の別など。あの、裏切り者が何者か、が鍵。千五百年の放浪が答え。その湖の乙女も、王を死なせたく、別れたくなかったために壊れきった。故に、聖剣が返却されなかったと言う、if歴史を作り上げた。

還されるべき者が名を偽って手にしているならば、あのシナリオの結末は、再授与だろう。

stay nightのセイバーは、人違いなのか?あの裏切り者こそセイバーアーサーのようだが。

英雄対反英雄の構図における、反英雄側が輝くステージ→ハサン達。なお、山の翁が言う「天命を過つ者」とは、死徒などのアンデッド。

第七→

Fate  extra ccc

ティアマト→キャスターが分離したと言う、天照 の同類

反英雄らしさ、を追求した敵役で。ティアマトの侵略があったからこそ、ギルガメッシュの求心力はあれほど高まったのだろう。第一特異点の、反ジャンヌ勢力にある意味近い。