haiirodouke 20190918 されど罪人は竜と踊る趣味の人へ→宙界の瞳→カードキー→「アクセス認証キー→ニーアオートマタCルート」・ニーアレプリカント 喪われた言葉 ファイアーエムブレム風花雪月 五つの神器の意味。 ・天帝の剣(ソティス由来・暗黒竜夜刀神)とラファイルの宝珠(白の書・アルミネスのファイアーエムブレム) ・アラドヴァル(キッホル使用・黒の書・光の剣、竜族の牙製でファルシオンの夫婦刀?) ・セイロスの盾(インデッハの殻 由来) ・カドゥケウスの杖(セスリーン使用・鹿角キッホル

 

haiirodouke されど罪人は竜と踊る趣味の人へ→宙界の瞳→カードキー→「アクセス認証キー→ニーアオートマタCルート」・ニーアレプリカント 喪われた言葉

 

ファイアーエムブレム風花雪月。エーデルガルトや「闇に蠢くもの→アガルタ」にとって重要な、

「女神の首に手が届く」→為の、キーアイテム。

リスト

・天帝の剣(ソティス由来・暗黒竜夜刀神)とラファイルの宝珠(白の書・アルミネスファイアーエムブレム)

・アラドヴァル(キッホル使用・黒の書・光の剣、竜族の牙製でファルシオンの夫婦刀?)(ロンギヌスの槍ならば、セイロスかイングリッド処刑に使用?)

・セイロスの盾(インデッハの殻 由来)

カドゥケウスの杖(セスリーン使用・鹿角キッホル由来)

・ブルトガング(マクイルの血筋・解放王の傍流・レアの親族→竜族の牙製ファルシオン)(つまり、メルセデスとマリアンヌは、同盟に分裂した、ブレーダッド王家分家の生き残り)

 

・ソティスの心臓→解放王の天帝の剣の紋章石→ラファイルの宝珠・「ナーガとファルシオン」インデッハの持ち物?解放王の血族滅亡の理由。

×インデッハの持ち物

○マクイルが用意して、教会の誰かが横流しした、解放王が用いて有名になった。天帝の剣とラファイルの宝珠。

・モーリスの神器→獣の紋章・滅びた王族→ブルトガング・マクイルの持ち物。解放王傍流・モーリス一族滅亡→当主家交代の理由の一端。

・代用・リシテアの心臓→狼か獅子の生皮→キッホルの持ち物。ダスカー滅亡の理由。騎士や騎馬にまつわるもの。王国にまつわる竜殺しの槍か剣、ただし、光の剣ならば雷霆・光の槍ならばアラドヴァルの筈。

・代用・主人公の心臓→インデッハ由来→竜との心臓の契約→レアとセイロスの持ち物。セイロスの盾か。

○インデッハが用意して、セイロスが用いて有名になった。セイロスの盾。

・代用・フレンの血→セスリーンの持ち物。恐らくはカドゥケウスの杖。同盟グロスタール領混乱の理由。

▶英雄の遺産/神聖武器一覧

https://wiki.denfaminicogamer.jp/fefuka/%E8%8B%B1%E9%9B%84%E3%81%AE%E9%81%BA%E7%94%A3%E4%B8%80%E8%A6%A7

それが、紋章の謎の一端。

ファイアーエムブレムシリーズで重要な、ファイアーエムブレムアカネイアの初代王アドラの持ち物」すらもそのキーの一つでしかなかった。

↓ 

ニーアレプリカントの呼称を用いて探る、

「ある被侵略国現地の、民族互助団体→民族戦線 民兵軍」→「ナバテア」。

その最高権力者直通連絡経路の、身分証明書→アクセス認証キー。

アガルタのようなナバテア根絶を目指す組織にとっては、敵ネットワーク壊滅のために必要。

「本来は、出先機関などの属領で事変が発生した際に、現地で密偵も兼ねている、協力機関責任者が連絡を取る際に用いる。

「通信では危険だから、直接使者に謁見して、相談を聞いて欲しい

その非公式会見の席を。セッティングする際に用いる」

悪用としては。

「最高権力者故の警護や影武者使用を無効化し、直接間合いに入るために使える。

贈り物に毒を盛ったり、

使者に紛れて本拠地に潜伏する者を作ったり、

捕虜解放や

サーバー奪取→ハッキングや核ミサイルキー・衛星乗っ取りなどにも使える。

 

風花雪月(アクセス認証キーを狙う混乱が、大事件に炎上した果ての滅亡多発

→発端となった諜報員達も、結果的に大混乱となって事態が制御できず。

肝心のターゲット→アクセス認証キーを動乱の中で見失い、確保失敗する大失態だった。)

ニーアレプリカント名→対応

・記憶する森「ソティス筋」→ソティスの心臓=解放王の天帝の剣の紋章石

→(解放王の血族が断絶する中で遺失。

ただし、九年前の七貴族の変後、帝国諜報部を私用に使って調査させても見つからず。

実際は、帝国軍の英雄・死神騎士が秘匿していた。いや、主君に必要なそれを、相続人に渡すため。守り隠すために帝国に入った。

「大修道院を離れろ。死ぬことになる。」同じことを死神騎士の主は通して、騎士は主を失った。

森の国の、王の近衛騎士隊と同じだった。

→帝国創設にナバテアが関わったこともあり、聖キッホル縁者の死神騎士は入りやすかった。元々は同盟の金鹿のモデル。

灯台元暗し。裏切り者がいた?)

メルセデスの側にいたカスパルが、アルミネスの定めの勇者役、だった。

 

・機械の理「マクイル筋」→同盟領エドマンド伯の森の獣と一体化。

いや、エミールが六号に食われたせいだが。

→「モーリスは最後までその剣を手放さなかった。」

メルセデス×フェルディナント支援会話で出てくる、思い出の品。そして、ナバテアに関わる誰かからの「決して他人に使わせてはいけません」と言う約束と信頼に応えるため。

手放さずに意思を通し、結果的にモーリスの一族は滅亡した。パスカルの村 主人公による全滅バッドエンドのよう。「襲わない!襲わない!」

「大修道院を離れろ。死ぬことになる。」同じことを死神騎士の主は通して、騎士は主を失った。

メルセデスから継いだマリアンヌは本来。

エミール「お願いがあります。僕がお姉さんに取り込まれてしまったら。皆さんを襲ってしまうかもしれません。そのときは、僕を殺して」

そうして、パスカルの村の子供達のように、自死を選んだ。「吸血鬼」テーマである。

 

・忠誠のケルベロス「キッホル筋?」→ダスカーとレアのテーマであり、贄、の話の後日談。

因みに、本来の贄は、谷の村のお姉ちゃん一人だった。

あくまで抵抗するなら、の話であるが。

「被験者から魂が離れる前に、心臓を抉り出し、素材として紋章石に加工→ゲシュタルト計画同然の理由のためのもの」

→ただし、本来リシテア等は再現品であり、言わば合鍵。

フレンのように、採取した素材から「アクセス認証キーの合鍵」採取用クローンを製造、屠殺して収穫→ソロンとクロニエ。

そういう意図だった。

→ダスカーでアクセス認証キーが喪われたための、遠縁のコーデリア家に工作をして、合鍵用意に取り組み、リシテアが出生した。生け贄としての安楽死が予定されている。

どこまでシナリオ通りかは知らないが、凄まじく酷い話だ。

→ただし、先祖がナバテア幹部だったのは確定。

→本来、ダスカーからナバテア本部への使者に、「忠誠のケルベロス」のアクセス認証キーを求め、武力介入による両軍の一時停戦要求を出させる。それが正規ルートだったが。蒼獅子ルートの開戦前の使者のように。教会に辿り着く前に、王国内のナハテア敵対者潜入員に暗殺される。暗殺があってから、教会に冤罪が着せられ、結果教会が自分の法に従い処刑した、と捏造された。

→ロナート卿と教会本部は、最後まで王国潜入員にしてやられたまま、何も気付かなかった。セテスにナバテア運営能力は無い。

黒鷲帝国ルートのヒューベルトのように、お互いの悪事を公表して、結果結束させない策を打つ、離間計に弱かった。

→クロード「お前らが揉めて喜ぶのは誰だ。帝国だろうが。」

→決して結束させてはならぬ。

「外に敵を作り、括りの中で結束するゲシュタルト派」「敵の敵は味方→自軍内の団結」

→エーデルガルト

「一連のものに見えて、それぞれの思惑が絡み合った果てに過ぎない」「世界には自分の敵とそれ以外しかいない、と見ると痛い目を見る」

 

・石の守護者「セスリーン筋」。

→石の神殿→かつては軍の医療機関だった。

フレン×リンハルト会話。セスリーン本人かは知らないが、フレンの血族はナイチンゲールのような、軍医療機関の長だった。

↓ 

フレンが持つ一族の血とは、石の守護者のアクセス認証キー持ち幹部のもの。

やはり滅亡したか。あるいはフレンも解放王の血筋→死神騎士の主家とは異なる分家筋だった、と予想される。

Dod3の監視者集団のような連中だった。

 

・贄。「インデッハ筋・セイロス筋、か?」「主人公の血筋」→「教会ルートのラストのように、レアの血を分け与えられること」

→DOD1と2に由来。

→竜と心臓を共有すること。

↓ 

今のレアを暗殺することは、アガルタにとって最終目標達成と同義。

→しかし、強すぎてそれが出来ないから、アクセス認証キーから裏道に走っている。

自家撞着しているからこそ、レアの血筋から再来となるクローンを作ろうとしていた。

ファイアーエムブレムifの主人公確保理由は本来それ。アクセス認証キー用でなくても、傀儡政権用に次代当主をアガルタ関係者の血を混ぜて用意することは。ネットワーク乗っ取り足掛かり作りに有用。それが、本来のファイアーエムブレム風花雪月主人公の「生まれ持った」価値。

レアとソティスの繋がりがあるからこそ、レアの血筋の主人公も、ソティスと話せる力を獲得した。