[私が考えたスカウトメンバー]ファイアーエムブレム風花雪月 二周目の黒鷲帝国ルートのif。    再現聖人→セイロス・ソティス(かレオニー)                インデッハ(レア)・ベレス マクイル・マリアンヌ キッホル・(マクイル親族。メルセデスかフェルディナントかマヌエラ?で代用)  セスリーン・リンハルトで代用 作中の 魔術院改造兵と推理されるメンバー → ベレス → エーデルガルト → ベルナデッタ(副作用による被害妄想→脱走兵2A 指名手配) → リンハルト → リシテア → マリアン

メモ
前記事を元にした、[私が考えたスカウトメンバー]ファイアーエムブレム風花雪月

二周目の黒鷲帝国ルートのif。

スカウト候補
黒鷲
雇われ上司
リンハルト(第一位以下の野党、雇われ当主-後ろ盾用)(9S)
ペトラ(フォドラの戦乱の当事国でない、資源輸出・マネーロンダリング用中継国有力者)
ベルナデッタ(本来は、レアの娘に位置する。本人の素質から)(6O)

教会からのスカウト
ハンネマン(帝国魔術院利権を見据え、クーデター派と改造兵の医療・分析要員
+本来のファイアーエムブレム 旧作の悪玉として、政治的見識が高い。
ガロン王やゼフィールに精神性が似ているため。)
シャミア(能力が高い傭兵 兼 部隊指揮官)(作中の2Aとカイネ)

(敵に回らないように)
マヌエラ(エドマンド辺境伯を動かせるコネの持ち主。宣伝力がある批評家は、プロバガンダに必要。多弁で自信に満ちている。)

金鹿
上司
(グロスタール次期当主兼、フェルディナントの先祖だろう精神性と為政者素養。)
(第二の七貴族の変、に手が届く、外部傀儡組織作戦のための、パトロン役)
イグナーツ(グロスタール領内の商家)
(アガルタ支援に一番関与するだろう、武器製作者)(対ナバテアに意欲を燃やすだろう、ロボット山兄、クエスト発注の仲介人役)(ニーアレプリカントの主人公ポジション)
(ラファイルの宝珠に、ソティスかソティスの魂コピーが宿る世界で、白の書所有者と呼ばれる。)(ナバテア侵攻→魔王城攻略に際し、ラファイルの宝珠がキーアイテムとなり、他の五つの封印クエストが必要)

マリアンヌ(単独でもスカウトの必要がある、完成度が高い改造兵手術被験者)
(本来の、[アドラーアカネイア]解放王の血筋生き残り→死神騎士の主家筋。メルセデスとシルヴァンの子孫の可能性あり。
エドマンド辺境伯の実娘かはともかく、血族なのは事実。
マヌエラすら叔母で、フェルディナントが従兄弟かも)
(本来の、ベルナデッタ最大の敵に渡る、アルミネスの宝珠→ラファイルの宝珠相続資格者→邪神侵攻時・ナバテアから支援を受ける際。
解放王は→身分証として、ラファイルの宝珠を、寄贈された可能性あり。
つまり、ラファイルの宝珠は[ナバテア本拠地 天上の女神の住み処]侵入に必要なキーアイテムと目される。
→リンハルトでナバテア戦をやる際に、NieR:AutomataCルート塔侵入作戦で必要)(ユリアの同類?)

レオニー(マリアンヌの相方。ファイアーエムブレム 聖戦の系譜や蒼炎では悪役。
レジスタンス組織顔役向き。非正規戦の戦術能力が高い。
対ナバテアで、国外犯罪結社に発注・支援・情報屋を頼む際、重宝)

蒼獅子
可能ならば。請負人
シルヴァン
土地が元々貧しいため、外部に出資者が出来れば、先祖からの国主を無視して傭兵を頼める。ケース次第で、隣接する北の民への交渉、傭兵依頼も可能。 

(可能ならば)(魔術院経由で、E型に狙われそうな)
アネット、メルセデス


仮想敵
魔王・セテス
黒の書・死神騎士
忠誠のケルベロス・ドゥ-ドゥ-
石の守護者グレーテル・アロイス
機械の理・メルセデス(マリアンヌ)
記憶する森・別バージョンのソティス
贄(グース)・イングリッド
    ・ラファエル
(グースの一部)・マリアンヌ

魔物化カイネ・別バージョンのシャミア
魔物化カイネ・別バージョンのシルヴァン
研究所被験者・魔物の一体・リシテア

ニーアオートマタ由来の仮想敵
ゲシュタルト管理者代理・コウシロウシ→レア(白夜先代王)
アダム・フェリクス(白夜王)
イヴ・アッシュ(兄→家族思い)
汚染2B→アネット(白夜版カムイ、母サクラの代理)
汚染20O・赤い服の少女・エミール→別バージョンマリアンヌ
無名の機械生命体の一体→ヨナクローンの一人→リシテア

作中の 魔術院改造兵と推理されるメンバー
ベレス
エーデルガルト
ベルナデッタ(副作用による被害妄想→脱走兵2A 指名手配)
リンハルト
リシテア
マリアンヌ


外部
ゲシュタルト側改造兵
レア
フレン・クローン