はてなブログ されど罪人は竜と踊る好きな人は、イージェス教国を知るために、是非ファイアーエムブレム風花雪月を買って、セイロス教会とナバテアとレアを知るべき。


私の推理によれば。
されど罪人は竜と踊る好きな人は、イージェス教国を知るために、是非ファイアーエムブレム風花雪月を買って、セイロス教会とナバテアとレアを知るべき。

なお、ニーアレプリカントゲシュタルト派、とはフォドラでの女神派。六号計画書類を作成した、洋館地下研究所は。「ゲシュタルト派の「躍進」が予想される」と書く辺り、六号計画チームは、ゲシュタルト派の味方、軍部の同盟者である。
ニーアレプリカントのエミールがマリアンヌで→エーテルガルトの先輩、と見るべき。
宰相一派のベストラ家とアランデル公、エーギル伯によるものと見えた生体実験は。
実際は→対外侵略用軍備開発に擬装した、
内戦と政変を企画した→軍部と帝国魔術院(軍部研究機関)
の陰謀である。
ただし、無欲で千百年仕えた(ヒューベルト×ハンネマン支援会話)ベストラ家が宰相一派に合流したのは。
事前に七貴族の変に皇帝が強権を以て抵抗をし、長期戦となれば。軍部が対ブリギット、対ダグザ戦以前から開発していた→エーテルガルトの先輩の紋章生体兵器→改造兵を投入する予定だ、と「情報を掴んでいたからだと目される。」
故に、ベストラ家は「裏で皇帝の代理人」として発言力と、皇室を守る力を温存するために、宰相一派に寝返りを偽装した。
また、七貴族の変で予定外に皇帝の抵抗が弱く、短期終結したことも。帝国首脳部が、生体兵器を投入した内戦等に陥れば、帝国領全体やフォドラ大陸中の存亡が脅かされる事態が予想されたため。
外部が見るより賢明だった先代皇帝は、大人しく政争に降伏する道を選んだ。
→政争が政変と内戦に至れば、新型改造兵を有しているクーデター派は、高い確率で皇帝暗殺→
近衛一党を含めた惨殺を実現する。そう予想されたため、賭けの分が悪かった。

「侵略国軍部が、対外戦争に乗じて、国内政変を狙う。」
「それは、既存トップが強権と軍を有しているときに。
対クーデター戦力の、軍需物資と予算を。ベトナム戦争のような対外戦争→対外消耗戦で失う。
そんな状況を用意できるからこその勝算
「クーデター派は、第三国経由で、敵国レジスタンスへ軍需物資貸与を秘密裏に実行。
自国権力者の食料庫を目減りさせる、対外消耗戦でわざと負けて、クーデターを取り締まれなくするために。
対外戦争立案、開戦工作すらしてきた。

最終目標からの逆算で、
被侵略国の傀儡レジスタンス組織→ナハテア設立を企画した可能性すらある。
諜報用のダミー宗教組織作戦名目で、軍部の一部がやるならば、一応言い訳は立つ。」

ファイアーエムブレム風花雪月のヒューベルト×ハンネマン支援会話を見てから。もう一度ニーアレプリカントの、エミールが六号ハルアを前にして「全部思い出しました」と言うシーンを視聴すると。
→感想。邪悪で裏切られ過ぎる、と感じる。
「ニーアオートマタサウンドトラック」「追悼」のテーマが聞こえてくる。
「明らかに信仰者の倫理・教義に反した非道でも。」
「侵略なりに、自国民利益のために、命令を聞いていたのに」。
→上司の本音は、
「自国の政争・内戦で勝利し独裁に至りたい私欲→加熱した政治活動」だった。
軍人による、自国権力者への裏切りのために。
自国の勝利を信じて全てを捧げた→少年少女被験者達を生け贄にした、と言うのは。最悪の裏切りだ。
条件提示の段階から知っていたわけがない。