マリアンヌ→→結論。七号、7E ハルア。 風を呼ぶもの、モーリスの末裔だが、帝国の捕虜となった後、プロジェクト被験者として改造人間にされる。神が歪められた命を許さない、と信仰に悩み、故に更にすがる。 改造されたマリアンヌにとっては、紋章や血脈など些事である。 →風を呼ぶものは、インデッハ一族以上に、闇に蠢くものや人類会議を呪うべきだ。

何故ならば、マリアンヌ→ハルアやエレミヤの暗い地下室へ幽閉、設定がエーデルガルトの兄弟に似ているからだ。


→結論。七号、7E ハルア。
「風を呼ぶもの」→マクイル一族の祭神、モーリスの末裔だが、帝国の捕虜となった後、プロジェクト被験者として改造人間にされる。神が歪められた命を許さない、と信仰に悩み、故に更にすがる。
改造されたマリアンヌにとっては、紋章や血脈など些事である。
→風を呼ぶものは、

→「動かざる重きもの」インデッハを祀る一族以上に、闇に蠢くものや人類会議を呪うべきだ。

 

因みに、中央教会は、獣祖信仰に由来する