Haiiroouke分析 ○ダスカーの悲劇を、×ダスカーの惨劇とご記入していた。

Haiiroouke分析 ○ダスカーの悲劇を、×ダスカーの惨劇とご記入していた。ダスカーの悲劇→先ず、同盟と王国は、配役が逆だったりする。
ニーアレプリカントで手を下すのは、同盟。
蒼獅子編のランベールは、クロードの別バージョン。
アランデル公のランベールイメージもそう。


ファイアーエムブレム蒼炎→暁からのベオクロ→ラグズ摩擦がニーアレプリカント世界背景。

ニーアレプリカントのメインキャラは、エミール?性格はマリアンヌの同類。

セリノス虐殺風景も、暗喩で語る作品。2019.09.01

テュラン→キルヴァスのネサラ?
グレーテル→スクリミル。
狼王ロック→カイネギス。
魔王の城の猪→セリノスのリーリア?
白の書→神使?
ロボット山の兄弟 兄→[ゼト]→セルファン卿?

リーリアは、死後にアンデッド化する?
それが今のエミールやポポル?


意外と、ニーアレプリカントの世界には、六号は出てきていないのかもしれない。多分、ニーアレプリカントのエミールやハルアは、七号ではなく廃棄処分された献体
意外と、魔王が六号?獣の数字だし。


なお、魔王の城の鍵は本来
・記憶する森→書物系。白の書。
・忠誠のケルベロス→双子。ポポル・デポル?
・石の守護者→仮面の王と、仮面の人一族。その代役の主人公のニーアなのか?
・機械の理→ハルアとエミール。そしてフィーア。その外装?
・贄→贄+マモノのマモノ憑き→カイネ。


・白の書の遺跡→不完全体を集めた→病院。デポル・ポポルとの交戦場所初め→庭園の門。→忠誠のケルベロス

・エミールの屋敷兼地下研究所→鳩が問う、庭園の初めの場所→四体の彫像が置かれたフロア→機械の理

・砂漠・狼の巣・王家の谷→魔王の城の舞踏会の先の、卵達のフロア→託児所や保育園や産婦人科など、赤子や幼児→ベビーベッド。本来の形→石の守護者

・崖の町→ポポルとエミールの落命の場所→崖→黒い珠。密集した複合マモノ→贄

・図書館(少年期ラストダンジョン)→ジャックは本来、エミールの暗喩?→魔王とヨナの居室。
記憶する森?

忠誠のケルベロス?狼狩りの理由。
仮面の人のサブクエスト→仲直りの贈り物。
条件が、狼の皮十枚。
ムービーで、一方向から生きたまま串刺しにされた十二等くらいの狼は、いずれも血塗れだった。よく見ると肉が出ている。
→囮の餌か何かで集められ、直接は麻痺毒などで弱らされた。
→動きを止められてから、空から降らされた槍で、地面に縫い付けられて。
→近付いた上で、まだらに、毛皮を剥がれた、皮剥ぎに遭ったのだ。
仮面の人は、贈答文化→商業促進文化を築いている。
故に、法規制しないと、催事時→商売チャンスに、乱獲が発生する。あくまで営利狩猟。
王は、報復よりも自文化の再編をした方が、民の死を減らせる。これまでの憎悪は消えないが。