Haiiroouke [惨劇→秘密結社・闇に蠢くもの=人類会議 組織構成員の、内規粛清任務が起き。任務完了後に、目撃したターゲットの身内が、巻き込まれてしまった。] ダスカーの惨劇の発端は、その程度のものだろう。 支援会話で分かる、マリアンヌ→エレミヤ。マリアンヌが自己を低く見る理由は、裏社会に従わざるを得ない現状を嘆いて、か? ただし、そのストーリーは壮絶。 モデルはニーナだろう。しかも、風花雪月の設定では、セリノス王族生き残り。2019.08.28 ファイアーエムブレム風花雪月

はてなブログ 
[秘密結社・闇に蠢くもの=人類会議 組織構成員の、内部制裁任務が起き。任務完了後に、目撃したターゲットの身内が、巻き込まれてしまった。]
ダスカーの惨劇の発端は、その程度のものだろう。
 
支援会話で分かる、マリアンヌ→エレミヤ。マリアンヌが自己を低く見る理由は、裏社会に従わざるを得ない現状を嘆いて、か?
ただし、そのストーリーは壮絶。
モデルはニーナだろう。しかも、風花雪月の設定では、セリノス王族生き残り。2019.08.28
 
先ずマリアンヌについて。
マリアンヌ×フェルディナントの、「貴族に生まれた」ーの話題の時、
「知っています。だから私は」と言っていることなど見て。
→本来は人身売買に近い形で、今の自称義父の下に着くことになった、と見る。
イングリットエピソードの悪玉のような奴。
 
「民族弾圧?で滅ぼされた民族の生き残りで、犯罪結社の捕虜。服従する前は、暗い部屋に監禁され、身内を盾に強要されていた、と見る。
身柄を拘束されており、政略結婚とは名ばかりの身売りを図られている。売り手は、プレミアを上げるために色々画策している。
全てが完遂した場合、本当に売られて、一国のトップの側室となる。一応は、女児を出産。
更に、その能力を求めて、カルト教団に拐われ、儀式に使われる。それで精神が崩壊。
以後、能力とコネを用いて、新たな諜報機関を設立。精神干渉に長けた民族の力で、数々のアサシンを輩出。そして、領地間紛争などで暗躍し、複数箇所のゲリラ組織を支援、裏から操縦。
「黒鷲 帝国 偽りの乙女」最終的には、危険性を鑑みた大国の独裁者に掃討作戦を受け、壊滅。
「霧中の叛乱」ただし、本人は気象状況を利用し、捨て駒を囮に逃走。以後は行方不明。→ロナート卿の一件のようなものである。
と推理するが、セリノス大虐殺を見ると、冤罪なのかもしれない。」
 

ウェブ検索結果

鷺の民(FE) - アニヲタWiki(仮) - アットウィキ
2019/01/31 · ファイアーエムブレムシリーズの『蒼炎の軌跡』『暁の女神』に登場する亜人 .... リーリア. 名前のみ登場する、セリノス王国第二王女。 『セリノスの悲劇』の ...
 
 
 
エルナ(蒼炎の軌跡) (えるな)とは【ピクシブ百科事典】 - pixiv
概要 グレイルの妻でアイクとミスト>ミスト(ファイアーエムブレム)の母。 ... 仕え先のパルメニー神殿で幽閉されていたセリノスの鷺王女リーリアと出会い、彼女の世話をしていくうちに次第に ..
 
 
名前が出ないタイプかも知れないが、リーリアやリアーネのどちらか、とも見る。
 
その果てはエレミヤ→本来のコルネリアという、悲惨なものだ。
 
 
話は変わるが
本来、人形とは特殊鍛練で自我を失った暗殺兵達なのだがーDD3フォウ編を見ると、タイタニアやレアの人形も、素材は人間?
 
黒鷲帝国ルートで、コルネリアのアリアンロッドにイングリット(台詞は別物?)がいて、なおかつタイタニアを追求しないところを見るとーコルネリアもヒューバートのように、「味方を欺いて」従わせるタイプ。
 
 
後のアリアンロッドへの空爆も、ただ単に敵に奪われたから消す、と言うだけではないだろう。恐らく、「政庁の破壊」が目的だったと見る。
つまり、コルネリアが稀代の発明家だったために全くの自作で、人形を配備したのではなく、
外部からの技術提供、および多角的なコウモリ外交で、対立勢力両者から出資を得ていた。そう考えるべき。コルネリアのファイアーエムブレムはいくつあるんだか。
黒鷲ルートだから、教会のゴーレムの延長では、と一見見える。
しかし恐らく、レアとコルネリアは技術思想の隔たりから、別々の勢力から技術提供を受けている。ハードの技術水準は、軍事用としてはタイタニアの方が高い筈だが。
光の杭、の今回の正体はこれ。

ウェブ検索結果

神の杖 - Wikipedia
 
他の人はこちらも検索
宇宙兵器 日本
衛星兵器 sol
神の杖 天津
宇宙 兵器 条約
pgs ミサイル
神の杖 甘粕
衛星兵器 edf
軍事衛星
衛星攻撃兵器 - Wikipedia
ja.m.wikipedia.org からの衛星兵器 杭
衛星攻撃兵器(えいせいこうげきへいき、英語: anti- satellite weapon, ASAT)は、地球軌道上の人工衛星を攻撃する兵器である。対衛星兵器と呼ぶこともある。 
 
 
 
 
 
 
 
https://repmart.jp › rods-from-god
「神の杖」は既に宇宙空間に存在しているのか | ミリタリーショップ レプマート
2015/03/26 · 神の杖」という軍事兵器の名を、聞いたことがありますか。 宇宙空間の地球軌道を周回する軍事衛星から、地上に向けて特殊金属棒を射出し、地上の敵地 ...
 
 
 
ロンギヌスの槍?!!アメリカの最新宇宙兵器「神の杖」が凄すぎる! - NAVER まとめ
この新型兵器は反応が速く、命中率が高く、防御不可能なもので、宇宙から .... 衛星軌道上に兵器は投入できないっていうのを国際法で定義されてたような気がしたん 
 
ようは、主人公達の敵対勢力イコール、ではなく、コルネリアの支援者の一派が、
協力関係を「無かったことにする」
技術情報抹消のために行った。そう見る。→NieR:Automata設定だ。
多分、衛星攻撃兵器でありながら精度は高くなく、予めポイントした→元味方の拠点だから必中、と言う感じだろう。
衛星攻撃兵器にしては、アリアンロッドの被害が抑え目だったため、あの場所を帝国軍に捨てさせる必要があった、と言うことか。
 
・対帝国であれば、蒼獅子ルートで、これを使わないのは何故だろう?それに、闇に蠢くものは、あのルートでディミトリに接触してないように見える。
コルネリアとアランデル両名が、ディミトリの敵側から寝返れないタイミングだから、か?
 
 
 
それにしても、実はヒューベルトが闇に蠢くものでした、としても。
アリアンロッドは、ヒューベルト自ら、将兵に犠牲が出ないように、全壊を進言してもいい筈だがー何故嘘をついたんだろう。
ようは、秘密結社・闇に蠢くもの=人類会議内部
で、
[一部派閥による無断の奇襲ースパイによる騙し討ち]容疑に対し、別派閥が抗議した、と言うのが真相か。
 
 
仮定・
闇に蠢くものが、
王国側の先制武力行使に見せかけて、帝国に被害を出す
「黒鷲 復讐の野→
メルセデス「この戦いは皇帝→敵軍トップが起こしたのよ。それなのに、何故そんな人につくのかしら」に、近い」
ローレンツ外伝]
小規模な問題だったため、開戦の大義名分に使えない。
[イグナーツ外伝]
そのため帝国は、外交使節を派遣し、同盟の親帝国派を仲介人として、中立地域での会談を要請
[フェルディナント外伝]
だが、その会談場所付近で、使節が現地の過激派と王国の反帝国派で成立する武装グループ、に襲撃を受ける。要人に死者が出る、か。
その事も含めて、現地への圧力強化、並びに王国全体の責任追求を図る。
 
・あるいは事件の真相は、死者が出た外交派閥とは別個の、[帝国内軍部による派閥抗争・開戦工作による大義名分獲得]、だったのかもしれない。
ヒューベルトやエーデルガルトクラスの権力者では、[露見時に帝国内を分裂させるリスクを考えて、やらない作戦]と言える。
と、言うよりも。元宰相襲撃事件は、
→[エーデルガルト即位時に、教会への電撃侵攻をしたこと]に対する、闇にうごめくもの=人類会議 親教会派、による不誠意への制裁だったようだ。
レジスタンス組織や機械生命体が採る、裏切り防止策の制裁だ。
→つまり、アリアンロッドへの衛星攻撃兵器使用と同じ。
帝国側は、会談に応じた後の→外交相手国による使者襲撃事件 追求を図っていた、が。
原因が相手の差し金かは不明だが、結果的に「帝国がセッティングした会談を、十分な理由があってドタキャン」した。その後に、前後で大問題が起きていたことが明らかになった。
王国側の外交使節ーランベール王とその一団が、壊滅してしまったのだ。
外交使節派閥とは別個の、帝国主戦派派閥の独断があったかは不明。
しかし、主力と旗頭候補が本国に残っているのに→[敵国に大義名分を与え、弔い合戦の士気を高めさせる]と言う失策は、実権を握っている者はやらないだろう。
それが狙いならば、王国の自作自演すらありうる。
真相は。[闇に蠢くもの=人類会議 内部における、アランデル公か誰かの、過失責任]に対する、制裁としての→身内、妹?パトリシア襲撃。
[偽りの乙女]の件は非常に重要。
 
クロニエの姉妹辺りの暗殺者が、パトリシアに身内の責任を取らせた後で→
[暗殺者は、会談で呼び出した帝国の手の者]と誤認した、ランベールの一団に追撃される。
そして、闇に蠢くものがランベールも別個のターゲットに設定していたかは不明だが→仇討ちを望む国王を、伏兵で返り討ちにする。
ようは、
[秘密結社・闇に蠢くもの 組織構成員の、内部制裁任務が起き。任務完了後に、目撃したターゲットの身内が、巻き込まれてしまった。]
ダスカーの惨劇の発端は、その程度のものだろう。
中略
勘違いで、事件に巻き込まれたダスカー人達が、王国軍に襲いかかる。
やむを得ず王国軍側が応戦。一時劣勢に追い込まれるも、増援の到来により、ダスカー人達を制圧する。
だが増援の中に、真犯人→闇に蠢くもの=人類会議、の手先がいた。暗殺事件隠蔽
+組織目的実現のため。
・当初、王国側の自衛のために始めた戦いは、
ダスカー人殲滅作戦に、王国側にとっては不必要に、移行してしまった。
 
王国側のダメージも酷く、
外部に救援を求めた?盟友保護のために、向こうから来た?こともあり。
今さら[発端は第三者が作ったもので、相互の誤解でした]、と言っても民族紛争は終息しないため、嘘を通すしかなかった。
王国側のランベール遺臣達は。会談に呼び出し、パトリシア暗殺の実行犯となった帝国側・エーデルガルト本人が[第三者]だと、考えていた。
王国側は[闇に蠢くもの]を、候補として把握していなかった。
暗殺事件犯が、事情からエーデルガルトに似ていただけで、実際は他人であった。
また、[炎帝派]→帝国皇帝や軍部が首謀したものではなかった。本当に、別個の事件の積み重ねだった。
ディミトリのような王国側の王族は、ダスカー人が首謀者でないとは分かっていたが。
だからと言って帝国炎帝派でなく、知らなかった[闇に蠢くもの=人類会議の、組織内トラブル]だとは想像できなかった。
→と言うのが、黒鷲帝国ルートでヒューベルトが設定した、事件真相シナリオである。
真に受けて、一切合財炎帝派が冤罪被害者、とまでは言わない。
 
・ヒューベルトも、闇に蠢くもの=人類会議の勢力を削るため
+主君エーデルガルトを、闇に蠢くもの=人類会議から脱却させる目的 のため
コルネリア同様にパトリシアも消したかった、とすら想像できる。ただし、炎帝派としては部下の独断。
いやパトリシア本人が、[娘エーデルガルトを、闇に蠢くもの=人類会議から抜けさせたい]と望んでいた、とも推理できる。
 
大幅に話は逸れたが、ダスカーの惨劇の後に、帝国対王国で開戦しなかった。
そのため、帝国側による[王国領内での、帝国使節襲撃事件 責任追求]問題を解決せねばならなかった。
クリストフが何をやったかは分からない。しかし、何かしらの思惑があり、闇に蠢くもの=人類会議の思惑を潰そうとした。
暁の女神の、ラグズ対ベオク全面戦争→民族間絶滅戦争、回避を意図したのだろう。
「ランベール死亡は、あくまで王国内の自民族ベオク内部の問題なため。応戦はしたが、現地の異民族である、ラグズが首謀者ではない。」
そのような主旨の、「自己犠牲の司法取引」を画策した。
どの道、主君を守れなかった自分に生きる道はない。少しでも主君の民の犠牲を減らすために、この命を費やそう、か。
 
本音を言えば、
「仇っぽい帝国の動き、も証言したかったが。
「異民族ダスカー人が、帝国と同盟して王国を攻撃した」、と誤認されることは避けなければならなかった。」
 
本来は、王国側の責任者として被害者である
帝国+同盟の仲介者の元で、裁かれるべきだったが。
帝国+同盟の仲介者」はダスカー人達 異民族弾圧に巻き込まれたくなかったし、事件に関与したと見なされれば、王国トップ暗殺首謀容疑から
「主力と旗頭候補が本国に残っているのに→[敵国に大義名分を与え、弔い合戦の士気を高めさせる]と言う失策
に至るリスクが高かった。
 
何より、被害者を出したのは帝国内の外交派で、
・あくまで、武力衝突回避の意図で「会談に呼び出した」ことを通したい。
 
結果、
帝国+同盟の仲介者」の名前が出ないように、表向きは中立勢力である
教会に、自分達が下した判決-求刑執行を、代行してもらった。
手を血で汚し、悪名を着ることを避けたため、犠牲に対して、ある意味卑怯だ。
しかし、ロナート卿の動きを見ると。
教会に代行を依頼したことは、「弔い合戦の的になることを避ける」狙い通りの大正解だった、と言える。
ロナート卿は、そんなことすら知らない末端だった。いや、「大義は我にあり、主はこちらについている」と言う台詞から、ロナートは真犯人・闇に蠢くもの→人類会議の操り人形だったと見る。
 
「レアが女狐だから。カトリーヌが狂信者だから」と言うのは。
ダスカーの惨劇とクリストフに、関係が無い。
霧中の叛乱を見る限り、エーデルガルトは真実知らない。
として、ヒューベルトやアランデル公は、どこまで知っていたのだろうか。
蒼獅子を見る限り、制裁を受ける側とは言え、ダスカーの惨劇責任者のアランデル公が、先に死去したため。
 
以後の対エーデルガルト、
ディミトリの復讐・弔い合戦は→[闇に蠢くもの→人類会議]政敵であるエーデルガルトを潰す
[闇に蠢くもの→人類会議]を利す、だけのものだった。
蒼獅子編と金鹿編は、そこが異なる。