メモ 前記事より。共生→天敵誘因剤  [リママメとチリカブリダニ[天敵誘因剤] クマノミとイソギンチャク アブラムシとアリ シジミチョウとアリ アリ共生]2019.08.27 ようは、聖者が→聖獣や女神を匿っているのは、聖者が狙う解放王の釣り餌にするため。そう言うこと。女神は天敵誘因剤に値する何かを持っているから、聖者に匿われているのだろう。騎士の主従関係ではない、筈。因みに、神器は大体がティアマトやユミル神話に由来し、巨大な何かが、自ら素材を提供した、ようだ。神器を集めれば何かが復活する、とも取れるが。


以下は、

より引用



[リママメとチリカブリダニ[天敵誘因剤]

クマノミとイソギンチャク

アブラムシとアリ
シジミチョウとアリ
アリ共生]



「天敵の天敵」をフェロモンで誘惑!?
他者を利用して身を守る植物も




 防衛手段は、味や消化のわるさだけではありません。逆に、虫が好む匂いを発する植物もあります。なぜそのようなことをするのでしょうか? これは、「敵の敵」を味方につけるためなのですね。マメ科のリママメ(ライマメ)は、葉をナミハダニというダニに食べられることがあります。しかし、リママメは食害を受けると、ナミハダニの天敵であるチリカブリダニを呼び寄せる匂い物質を出します。チリカブルダニは、好物であるナミハダニを食べて退治してくれるというわけです。

 ここでは、リママメとチリカブリダニの利害が一致し、協力関係にあるといえるでしょう。ちなみに、このような誘引物質は近年「天敵誘引剤」として農業用の害虫駆除剤に利用され、実用化の途上にあります







2001/10/14 · 共生=symbiosis(相利共生= mutualism): 定義:互いに利益をもたらす2種の ... Facultativeな関係。hostは寄生虫を食べてもらえるし, symbiontは捕食 ...
サンゴはプランクトンや共生している褐虫藻(かっちゅうそう)が光合成のときに ... 襲ってきた魚がイソギンチャクの餌になり、またイソギンチャクを食べる外敵をクマノミが攻撃 ...
ミカンミドリアブラムシとトビイロケアリの共生. アブラムシ( 油虫)は、カメムシ目半翅目)のアブラムシ上科( Aphidoidea)に属する昆虫の総称である ... 自身の防御力が弱いアブラムシ類には、アリに外敵から守ってもらう種が ...
共生(きょうせい、SymbiosisあるいはCommensal)とは、 複数種の生物が相互関係を持ちながら同所 .... このためクマノミは大型イソギンチャクの周囲を棲みかにして外敵 から身を守ることができる。一方、イソギンチャクがこの ...
2013/06/04 · アブラムシは、アリに甘い蜜を与える代わりに外敵から身を守ってもらっています。 ... お腹いっぱいアブラムシを食べたテントウムシは蛹になります。

アリ植物とは、アリと共生関係を持ち、その植物体の上にアリを常時生活させるような構造を持つ植物 ... 特にこの面が主体と思われるものは栄養補給型(栄養共生型とも)のアリ植物と言われる。この型のものは、ごく貧栄養な ...
熱帯雨林の植物と昆虫の共生関係. 1998年出版 ... 熱帯雨林の植物と動物の関係は? • 送粉共生系 動物媒花. • 散実共生系. • 防衛共生系. • 栄養獲得型共生系 ...
著者: 市野隆雄 · 引用先: 1 件 · 関連記事
本章では,防衛共生型アリ植物をめぐる共. 生・寄生見虫について,とくにその種特異性に焦点をあててこれまでの研究. を概観する。 植物とアリの相利関係としては,上記の ...
特に「共生」関連の研究に興味を持ってきました。主要研究のいくつかを抜粋してテーマごとに記します。 1.植物のアリ共生型の防衛に関する研究. 【背景】植物は自身を食害