ファイアーエムブレム 2019.08.22反・生体実験犯罪者同盟。その末路→前回「主戦派フェニキス主体で、穏健派セレノスとベグニオン内部政敵神使が参加。元老院の勝利後に、制圧場所のセレノスが元老院派神使暗殺を行った、と捏造」 「今回、主戦派フェニキス主体で、穏健派ゴルドアとクリミア、ベグニオン内部政敵神使が参加。元老院の勝利後に、制圧場所のクリミア?が元老院派神使暗殺を行った、と捏造」→それが、覚醒の「神使役?」エレミヤ女王処刑に至るまで、か?暁に従うなら、エレミヤとギャレオンは、別な敵に向け、対外同盟中

反・生体実験犯罪者同盟。その末路

→前回「主戦派フェニキス主体で、穏健派セレノスとベグニオン内部政敵・神使が参加。

元老院の勝利後に、制圧場所のセレノスが、元老院派神使暗殺を行った、と捏造」 

 

今回「主戦派フェニキス主体で、別な主戦派ガリアと穏健派ゴルドアとクリミア、ベグニオン内部政敵神使が参加。

元老院の勝利後に、制圧場所のガリア?が、元老院派神使暗殺を行った、と捏造

セレノス大虐殺→ベグニオン側の逆襲で、ガリア本国に待避した連合軍は、「滞在・外交会談」。

連合軍への攻撃の巻き添えで、ガリア内の都市ごと攻撃を受ける。

結果、大勢のフェニキス非戦闘員難民を含めて、ガリア民間人が大虐殺を受ける。

 

連合軍参加者である、神使。

その神使暗殺の虚報が出されていた。

→ベグニオン内部で、このサナキからすれば、偽神使 暗殺劇が為されたのだ。

対連合軍は、元老院に騙された「神使派」→反乱軍までを取り込んだ、大軍となっていた。

 

 

話は変わるが、

→それが、覚醒の「神使役?」エメリナ女王処刑に至るまで、か?

暁に従うなら、イーリスのエメリナと、ペレジアのギャンレルは、別な敵に向け、対外同盟中だった。

 

エメリナも、イーリス内部の政敵が、ペレジアに対する犯罪に荷担していることを、追求していた?

 

神使暗殺→イーリスの女王暗殺から。

マルスが言う、絶望の未来→大陸全土を巻き込む戦争

が起きる?

暁に従うならば、弾圧するのはイーリス側。

ルフレルキナが圧政者に豹変する?

 

ファイアーエムブレムifには、カムイ、白夜女王、ガロン、エリーゼと。拉致や暗殺の被害に遭うものが多い。

↓ 

結果的に、その遺族は→かつての友の裏切り、として制裁にかかる。

ファイアーエムブレム 覚醒の ルキナが言う、「父は最も信頼していた仲間に、裏切られ殺された」とは。

最も信頼していた仲間=ルフレかは不明だが。

ルキナに教えたものが、騙したのだ。

 

そして、嘘を作ったものが、本当の、父の敵である可能性が高い。

ルキナのお母さんに聞きました、では。

ルフレ「女 私」は手違いで→夫の敵です、と自白してしまったことになるが。

 

流石に、「ルキナの母」→本来の過去オリヴィエは→父が最も信頼していた仲間、ではなかった、と自己認識していた。

「未来のオリヴィエ→ルフレ「女 私」→ギムレー」。