はてなブログ バレンタインの予言解釈2019.08.10

はてなブログ バレンタインの予言解釈2019.08.1

 

 


引用 オーディンスフィアWikipedia
https://www.google.com/url?sa= t&source=web&rct=j&url=https:/ /ja.m.wikipedia.org/wiki/% 25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC% 25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3% 25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9% 25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3% 25E3%2582%25A2&ved= 2ahUKEwim1cSJjvbjAhXO- GEKHcHeBggQFjAAegQIBRAB&usg= AOvVaw2_a8HOxI61hki_HhXZQqbc

https://ja.m.wikipedia.orgwiki
ウェブ検索結果
オーディンスフィア - Wikipedia
移動先 終焉の予言 · 終焉の
「予言
バレンタインの予言編集
絶望の獣は人を喰らい 希望を砕く 枷の外れた死の狂乱は 生命の光を弄ぶ
荒れ狂う紅蓮の進軍が 玉座の周りを焼き払い 絶望を吐き出す大釜に 大陸の古き血が煮えたぎる
最後の竜レヴァンタンが 血の石を飲み下せば 道は閉ざされ 虚無が世界を覆わん


エリオン叙事詩編集
第1節
大釜の炎で大地は沈む
鏃と刃で底打てど
たぎりは溢れん
ただ歩をば戒めるのみ
第2節
燭々たる6つ眼の獣が駆ける
救いの御手の導き手
苦痛を払うるは我が息子
第3節
死の凱旋で冥府の王は現る
漆黒を脅かすは
時に亡き彼の主の影
第4節
森を焦がし灼熱が来たる
人には抗えぬ炎の奔流は
いずれ世界樹に阻まれ消える
第5節
蛇の王が残りを喰らい尽くす
混沌と炎から生じ
母の手で眠る
大地に生命は絶え
終焉が満ちる」

 

バレンタインの予言編集

死の狂乱→魔石狩りのゴブリンなど。


絶望の獣は人を喰らい希望を砕く

→絶望の獣。竜のことである。

人を食らい、はコルネリウス編のベリアルの生け贄。

獣が希望を砕く、はサイファーやコルドロン炉のことを竜が破壊する。

 

枷の外れた死の狂乱は 生命の光を弄ぶ

→死の狂乱。技術革命が産み出す暴徒のこと。

→生命の光。魔石のこと。魔石とは死者の魂。

 

荒れ狂う紅蓮の進軍が 玉座の周りを焼き払い

→バレンタイン王いわく、玉座とは指輪。

→荒れ狂う紅蓮→玉座が産み出した、暴走した炉の炎、フォゾンの奔流。

 

絶望を吐き出す大釜に 大陸の古き血が煮えたぎる 最後の竜レヴァンタンが 血の石を飲み下せば

大釜がコルドロン。

→「大陸の古き血」とはマグマ。

→コルドロンの動力源に、マグマが使われる。

 

道は閉ざされ 虚無が世界を覆わん

→バレンタインの予言とは、誰の目線の虚無、だろうか。