はてなブログ 幻想水滸伝よく分からない人質事件の連続。 2019.07.21

はてなブログ 幻想水滸伝よく分からない人質事件の連続。
2019.07.21
 
 
 
考えてみると。人質等をとった脅迫犯は、余り意味のない相手に要求している。
 
海賊が群島諸国連合から来た相手ベルナデットに、ファレナの灯台を焼かれたくなければ立ち退け、と脅す。
ドルフが王子に対し、竜馬の卵を潰されたくなければ別動隊をじっと待ってろ、と脅す。
 
何でそいつらが要求を聞かなければならないのか、と思えてしまう。
 
オボロもノルデンを犯罪者と思って、話していた部分がある。
 
竜馬の卵の件は、王子にとっては余り関係が無い。アーメスが来ているのは今であって、卵が成体になるまで待つ必要はない。竜馬の出生数は同盟した後に問題だが、竜馬に新しく卵を産んでもらえばリカバリーできる問題である。
大体、あの話はおかしい。「早くしないと別動隊が来る」。何で、ドルフは明かさなければいけないのか。
本当にこの仕事がゴドウィンの仕事か聞きたくなる。
王子が来るか何て分からない。
王子が来た場合には、捕まえるなり殺すなりすれば、アーメスと組む必要そのものがなくなる。
それ故に、ドルフの最善手は「卵を一つずつ壊されたくなければ、または卵の一部を返してほしいなら、解放軍の情報を話せ 等と言って時間稼ぎすることである。」
何も知らせずに別動隊に不意討ちさせた方が王子を楽に捕まえられる。
 
最低限の目的である、竜馬騎士を封じることを保ちたいならば。
大人しく引き返せ。
卵と雛は、別の場所に分けて確保する。
お前も誰にも言うな。
と試みるべき。
 
「一歩も動くな」「早くしないと別動隊が来る」。まるで、要求を無視して襲って欲しいようである。
つまり、ドルフもある程度命令に縛られている。竜馬の一件に関しては、取り返されそうな非常事態が起きない限り、竜馬の卵に手を出すことを禁じられている。
主人公達から手を出さない限り、ドルフが望む結果は得られない。
ようは依頼主?のギゼル達も、人質を囮に王子達を殲滅しようとは思っていない。
本当にそうならば、見張り兵士達のだらけた様子が説明つかない。あくまで人質は、竜馬騎士団が暴挙に出たときの備えだろう。
大体、ビーバーやドワーフを平気で虐殺しようとしたドルフが、竜馬に関しては卵だけで済まそうとするのは不自然なのだ。
主のゴドウィンは対外侵攻を考えているゆえに、対外戦争用の竜馬騎士に関しては、未だ必要だと考えている。
脅しを完遂して、更にドルフが主人公達から逃げられるとして、その後でゴドウィンが竜馬騎士団に睨まれるのは都合が悪い。
王子達が竜馬騎士団を攻撃したと罪を着せる場合は、要求を知っているクレイグも口封じしなければならなくなる。さもなくばゴドウィンは竜馬騎士団全体を潰さなければならなくなる。他国への防備を失う。
多分、キルデリクと同じ。幽冥の門は命令されたことに関しても、無断で余計なことをする。
 
 
ひょっとしたら、レルカー領主のデビアスについても。幽冥の門が、ゴドウィンに無断で殺したのかもしれない。結果としてレルカーを失うシナリオになった。
 
幻想水滸伝3のヒューゴを人質にとろうとした一件。
まさかとは思うが、ヒューゴ→トーマを別な子と間違えてしまったのか。
誰に対する人質に、誰をとろうとしたか分からないが。
 
幽冥の門が、女王に壊滅させられたことを考えると。
女王側近の、女王騎士の身内を人質にとって、要人暗殺をさせようとしたとも考えられる。
アレニアにはトーマが効果ある、筈。でも非道に徹する。
ザハークには、本来妹弟子が効果ある筈だが、ここでは誰か不明。意外とレレイか。
ガレオンに、シルヴァ、なのか?
ミアキスにはユーラム、なのか?
 
グラスランド→ロードレイク側が堰を包囲したと考えると、反ロードレイク側の騎士か暗殺者が、人質をとった?人違いで。
 
幻想水滸伝3の紋章狩りにも似ている筈。
いずれにせよ、遺跡のダイアモンドサン阿とダイアモンドサン吽からすれば。
黎明の紋章が火。
黄昏の紋章が氷。
とすれば、太陽の紋章は雲→水、竜、闇を意味する筈。
シンダルとは水利に関わる文明の筈。
 
作中のあれらの紋章は、偽物ではないか?
黎明の紋章は、光の紋章のようだが。
 
アレニアの認識である、真なる火の紋章ではないようだ。
真なる火の紋章が盗賊に盗まれた設定からすれば、黎明の紋章こそ火の紋章となる。
 
しかし、黄昏の紋章も火の紋章に似ていた。意外と真の紋章は、既に国外に運び出されているのか?
 
女王は真なる水の紋章の持ち主。ルカ・ブライト→ロイ。女王から見た伴侶が、ロイなのだ。まあ、王族ならば側室OKということだろう。リムスレーアの義父のようだ。
中略。
竜を殺すものが何か。水の竜ならば、ティアマト殺しのように風の紋章で口を塞ぐ、とも言われている。
しかも実孫の手で。
 
 
ティアマト - Wikipedia
ティアマト(tiamat)は、メソポタミア神話(シュメール、 アッシリアアッカドバビロニア)における原初の .... ティアマトは一人でマルドゥクに挑み彼を飲み込もうと襲い掛かったが、飲み込もうと口を開けた瞬間にマルドゥクが ...
概要
呼称
容姿
語源
エヌマ・エリシュ
あらすじ
 
 
 
https://ja.m.wikipedia.org
マルドゥク - Wikipedia
マルドゥクMarduk、マルドゥーク、マルドゥック)は、古代メソポタミア神話の特にバビロニア神話などに .... 母なる原初の女神ティアマトが次々と誕生させた子ども(次世代に続く新しい神々)がうるさく騒ぎたてるので、ティアマト ...
 
 
https://www.y-history.net › appendix
マルドゥク神 - 世界史の窓
エアは水の神となり、その妻ダムキナがマルドゥクを生んだ。夫を殺されたティアマトは復讐を誓う。アヌがティアマト を攻撃した後、ティアマトは行動を起こす決心をした
 
だが、ドルフ・リヒャルトが真なる風の紋章所有者に見える。本来は女王の養子になるべき人。
「闘神祭観戦時のリムスレーアの発言からすれば。
前世でティアマトのように、最後は腹に穴を開けられて、死去したようだ。
しかも幻想水滸伝2からすれば、恐らくはミアキスの親族、輝く盾の紋章所持者の手で。
ダインが、いつリムスレーアかロイを殺すか不安だ。」
 
 
一方で、マルドゥク神の象徴が太陽の紋章だとも見れる。
https://kakuyomu.jp › episodes
ウェブ検索結果
第5回 北欧神話のアールヴはエルフの祖先? - 幻想講義「指輪物語が もたらした影響」(一矢射的 ...
 
他の人はこちらも検索
ドヴェルグ
ドワーフ モデル
指輪 物語 種族
古ノルド語
レゴラス ギムリ 仲良し
北欧神話
クトゥルフ神話
https://ja.m.wikipedia.orgwiki
エルフ - Wikipedia
エルフ(英: elf、複数形: elfs、elves)は、ゲルマン神話に起源を持つ、北ヨーロッパの民間伝承に登場 ... 最初期のエルフは、古ノルド語でアールヴ(a'lfr、複a'lfar)と呼ばれた。同時期の記述は存在しないが、後の民間 ...
ダークエルフ
エルフ (曖昧さ回避)
トールキン
ゲルマン神話
半エルフ
 
幻想水滸伝3が五行に由来するとなると、相克からすれば、水は地に破れる。
じゃあササライ→ベルクートに、真なる土の紋章を装備させて真なる水の紋章を装備したリムスレーアを討たせろ、という話になるが。
ミアキスは、ゲオルグとゲオルグの子か孫を見間違ったのだろう。
 
と言うか、ササライは本当に真なる土の紋章に選ばれているのか?
 
結論。
このファレナの象徴は水。
故に五行相克の内、
→火→水→土→木→金→[ループ]
→[火→水→土]
ここまでが黎明、太陽、黄昏。となるのではないか。
しかし、風、雷を→木と金
どちらに当て嵌めるかなど、悩むところは色々ある。
 
視点を変えると、幻想水滸伝3は五行でなく八卦になる筈だったが。殆ど散逸していて成立しなかった。そういうことではないか。
→「八卦」には、乾(天)・兌(沢)・離(火)・震(雷)・巽(風)・坎(水)・艮(山)・坤(地)の八種類
闇から始まる作中伝承通りならば、盾と剣の紋章は、地と天を示すそうだ。
 
www.ekikyo.net › ...
ウェブ検索結果
八卦とは | 易経ネット
 
他の人はこちらも検索
八卦 六十四卦
八卦 占い やり方
八卦 陰陽
八卦
八卦 風水
卦徳
易 占い 病気
易 パターン
www.ekikyo.net
震(八卦) | 易経ネット
震は二陰の下に陽が発生し、雷が万物を奮い立たせるという卦です。この卦の象意は、驚き、騒々しい、音や電気に関するもの、動揺、刺激、突進など雷から類推されるもの ...
 
 
https://ja.m.wikipedia.orgwiki
八卦 - Wikipedia
八卦は伏羲が天地自然に象って作ったという伝説があり、 卦の形はさまざまな事物事象を表していると ... 100, 震, zhèn, シン, -, 雷, 動, 長男, 足, 龍, 北東 · 東, 木|木星, 4, 3, U+2633. Xun.png, 011, 巽, xùn, ソン, たつみ, 風, 入 ...
八卦掌
六十四卦
八卦