Haiiroouke アルガンダースの古城の石碑 二人の間の、老いと言う病 石碑は誰が書いたのか ラジアータストーリーズ解明 2019.05.21

結論。アルガンダース病とは本来は老い。
アルガンダース王の時代のアルガンダース病と、今のそれは別物である。

そもそも。アルガンダースの古城のクエストを始めたのは、ミカエルが人間とエルフの関係を良くするヒントがあるかもと誘い、空振りと言う結果に終わったように見える。
ミカエルの正体が私の思う通りであれば、ルカ・ミルダやジュード・マティス、何よりミトスやクリードの同類。

だからこそ、「アルガンダース王は人間の女性と子を為し、それが呪いに繋がった」ところに執着していた。

それで石碑に男女二人のことしか書いてないならば意味がない。

しかし、ここで重要なのは
「エルフ男×人間女」のカップリングと言うことである。
「日に日に動かなくなる身体」→アルガンダース病とは老いのことだと仮定しよう。
ヴァルキリーアナトミアのグラディスエピソードに近い内容だなぁ。


ただ、エルフの男が老いるのは何歳のことだろう。と言うよりも、「遺される女性への愛と哀しみ」とあるあたり、人間女は生き延びそうだ。

エルフの男は老いらくの恋だったのか?遅咲きの、年齢差がある恋と言う可能性もある。
が、零無だろう。
「民が嘆き悲しもうと」とある辺り、王家の血筋を考えて、もっと若い頃に政略結婚を図るはず。

エルフの男が人間の女と結ばれたのは、エルフとしても若い時期だと仮定しよう。何故なら人格的にできたものが、高齢になってから恋が芽吹く可能性は薄い。

何が言いたいかと言えば、この碑文には矛盾がある。

その矛盾は、アルガンダース王と言うエルフの男が書いたものではない、と仮定すれば解ける。
後世の何者かによる捏造か、改竄を交えたもの。と言う仮説は捨てる。
結論。この碑文は
「エルフの男アルガンダースではなく、人間の女性が死後を慮って記したものである。」

「人間の女性はアルガンダースの初めての妻であった。しかし、一途であったからこそ後妻を娶られたり、愛人を作られるのを恐れた。
何より両種族の体内時計の倍率が問題だった。王の目に留まる程度、若い頃は容姿に自信があったが、老いた後は自信が無かった。王の身内は、若くて美しいものばかりだったからだ。
また、これも重要なことなのだが「アルガンダース王と碑文を書いた人間の女性の間には、子(男児?)がなかった」。
故に、アルガンダース王の血筋が絶えるのを嫌がった民が、別な女ー恐らくはエルフ女ーと子を為させようとするのは当然だった。
しかし人間の女性→碑文の著者には嫌だった。

種族間の老化進行の差を巡る問題もまた、アルガンダース病。しかし、一途な思いを貫けばそれを超えられる。
アルガンダースその人が約束してくれたから、人間の女性は悩みを振りきれた」。
そう読み解く。

・「アルガンダース王と碑文を書いた人間の女性の間には、子がなかった」。
目茶苦茶おかしいだろう。流石にこれはミカエルが嘘つくことないのに、「アルガンダース王と子を為した女性は、人間の女性」と言うところに矛盾する。

いや、ひょっとして。勘違いなのか?
アルガンダース王には「最低でも男児の」跡継ぎがいなくて。仕方なくアルガンダース王の嫡子だとして、何者かが別な子→わざわざ人間の赤子を用意して、血統を偽った、のか?

ラジアータストーリーズでジャックが「ケアン・ラッセルの息子」と言うのを重要要素としてストーリーが進んでいく。
しかし、ケアン・ラッセルの実子は姉エアデールだけだったのではないだろうか。
ジャックは養子では?

それに、人間編では犯罪ギルドが持ち込んだ宝珠の封印を解いた結果、アークデーモンが召喚されていた。
史跡とはいえ、実態的には益体のないラブレターが書いてある碑文に何故アークデーモンが?
アークデーモンがアルガンダース王の王妃、には見えない。と言うか、別な世界の王妃、ロゼは、あんな戦い方しない。テイルズオブエターニアのネレイドか?

アークデーモンがいたのが召喚されたからならば、何者かがこの碑文を隠したかったからだ。
ジーニアスの碑文の方が重要だった気がするが。

隠したかったことは何か。
・アルガンダース王と王妃には、男児のハーフエルフは出来なかった。
・そう言えば、「アルガンダース病にかかっていたのは王妃の方」と言う情報も、史実から抜けていた。
アルガンダース王がこのジーニアス、セネルだと仮定すれば、テイルズオブレジェンディアばりに、我が身を捨てて治療を試みる。
「異界の生物がいる」。ミカエルが言ったこれが大事か。別に何種類、とは書いていない。
中世世界観では忘れがちだが、病とはウイルス性。スターオーシャンを思い出そう。
「召喚された異界の生物が、アルガンダースの病原菌か宿主」と言うオチはありうる。

グラディスエピソードを見ると、人魚の肉や竜の血が大事だったのではないか?だから水竜が狙われた?


本当に召喚者が隠したかったのは、
「アルガンダース王のハーフエルフは元凶ではない
アルガンダース王妃が病だったため、アルガンダース王が治療手段を模索した。
治療手段を模索するなかで、事故を起こし、病原菌を世に放ってしまった」
と言うことか。


あのシナリオ通りならば、水竜が攻撃してきたのは。治療手段採取の者が、先に水竜に手を出したせいだ。