haiiroouke の力作解明 ヴェスペリア→シンフォニア大陸移動説 虐げられしハーフエルフの歴史 テイルズオブシンフォニア→テイルズオブヴェスペリアの対照に戻ると。 八百年以上を経た、二つ以上に別れる前の世界の似姿、がテイルズオブヴェスペリアマップである。

虐げられしハーフエルフの歴史 
 
まず、世界の基本は三大強国に、その境の小国の一つ、ポーランドが取り巻かれる形であった。
 
三大強国の一つ、フランス・ローマー資本主義陣。
その陣営内のドイツ・プロイセン
その陣営内の資本主義系 極東。
 
三大強国の一つ、オーストリアハプスブルク帝国
三大強国の一つ。ロシア王朝。
その陣営内のロシア赤軍
 
ポーランドオーストリアハプスブルク系の支配が強かった。
 
ポーランドテイルズオブシリーズ世界の、火薬庫となる。
 
ダオスの国も、オーストリアハプスブルク系だった。
 
 
ローマとオーストリア「ハーフエルフの力が強い国」、は関係が非常に悪かった。
 
また、三大強国の中でも各領主の力が強く、結束力が安定しないオーストリアは劣勢だった。
 
国内の不安定さもあり、オーストリア本国はポーランド領主に「公儀隠密」に値するスパイなどを放ち諜報工作。他の二大国に技術的優位に立たれる背景があった。それ故に、燃料資源を抱えるポーランド領を奪われないよう、本国直轄地にするよう活動した。オーストリアハプスブルク国の組織モデルでは、資源紛争時の防衛戦に不利だったため、合理的な政策ではあった。
 
いずれにせよ、現地の小国領主は自治権を時の政権に取り上げられ、派遣された代官が大権を振るう。
しかし、傭兵も兼ねるマフィアを役人、治安要員として多数起用しており、住民の悪感情は非常に強い。
 
さて、テイルズオブヴェスペリアの話に移ろう。
ifにifを重ね、オーストリアハプスブルク帝国が、世界を一国支配する並行世界があった。
 
何故かその国の有力者、エステリーゼ姫が未来予知をしたため、その対策のため物語は進んでいく。
 
色々とキャストの世代が狂った世界において、エステリーゼ姫は帝国にまつろわない民間ギルド世界を覗いていく。
 
 
テイルズオブジアビスはそれより後の歴史のストーリー。
結論から言えば、エステリーゼ姫は悪意あるものに拉致され、大型装置ー魔導砲の起動バッテリー役に使われる運命である。
 
その件で心身ともに障害を負う。
テイルズオブジアビスの公式記録では、十代前半の被験者を装置に繋ぎ、人為的に破壊現象を引き起こした結果、「ポーランド」地域が物理的に蒸発したらしい。
 
配役的には、色々と壊れたエステリーゼはヴァンーフェンデとして、世界の破滅と再生のためにテロリストとなるらしい。ベルベット・クラウのifである。
 
前置きを抜いて。
 
カロル以降の代に。
魔狩りの剣に、「幸福の市場幹部」身内、ミトスが加入。
 
ブラッドアラインス+魔狩りの剣「クルシス」+スミス・ザ・ソウル「レネゲード」+リヴァイアサン「プラネーマ直轄組」→
帝国打倒→ヴェスペリアにおける戦士の殿堂の代わり。
 
フランス・ローマ側。
戦士の殿堂+幸福の市場。
幸福の市場→天を射る矢。アルトスクの立場。
 
 
何故エルフの集落はミトスに見捨てられたのか。
→理由は四つ。
1.最大の理由。エアルクレーネが乱れていた当時は、異常気象などで現在よりも長距離航行が困難で、防衛兵力が駆けつけられなかった。
2.また、当時ミトスは別な地へ侵攻中であり、そちらから兵力を避けなかった。テイルズオブグレイセス同様である。
3.上部組織のクルシス→魔狩りの剣とスミス・ザ・ソウルはエルフの集落に恩があったが、下部組織のデザイアン→ブラッドアラインスとリヴァイアサンには恩がなかった。
寧ろ、「ハーフエルフのみの千年王国」を最優先するデザイアンにとっては、ミトスを惑わす余計なサブイベントでしかなかった。
千年王国には、自衛もできないエルフ族は要らなかった。また、魔科学発展を方針とするデザイアンには、エルフの環境保護思想は有害だった。
また、デザイアンの自称ハーフエルフ種族は意外と嫉妬深く、本物のエルフにハーフエルフのミトスとの仲をとられたくなかった。
4.デザイアンのプラネーマ・フォシテス以外は、闇市場への支給品や備品の密売をビジネスライクに行っていた。例えテセアラの人間が相手だろうと。
闇市場経由で流れた魔科学武装がテセアラ現地のマフィアに流れ、結果野野盗は従来型のエルフに対応できない戦力となり、大被害となった。
故に被害者にはハーフエルフの襲撃と見間違われたのだが、その事をミトスや上部組織にばらすと自分達の腐敗までばれてしまう。そのために、情報を握りつぶした。
 
・また、ロディルと教皇の取引関係のようにハーフエルフ種族ファシズム団体を掲げておきながら、他種族のファシズム団体と癒着しており。半ば黙認で、テセアラにおけるハーフエルフ追放計画のための偽装襲撃を見過ごした。
テセアラの人間がハーフエルフとエルフの結束を潰し、反目し咬み合わせた上で、漁夫の利で地域支配する作戦をまんまと許したのだ。 
 
・恐らくはテイルズオブゼスティリアもそういう背景がある。
 
何故、アンナ・アーヴィング、クラトスの妻は密告されたのか→
別に「密告」ではない。勝手に襲撃者が近くに来て、「共犯かを尋問したため、白状した。」
それだけである。
・そもそも、本当に密告したとしても。「イセリア村に来る前に、無断でクラトス達がした事件」に関して近所の住民が責められる謂れはない。
・ただし、「命の保証の約束、すら信憑性がない」ハーフエルフ相手に。親切に尋ね人を教える、人間はあの世界にいない。
・イセリア村が約束があるのは、あくまでフォシテスである。近所さんが通報するならばフォシテスであり、それ以外の支部にわざわざ教える必要は皆無である。
・約束もしてないクヴァルの支部までわざわざ訪ねていって、家の近くで人間を襲ってください、と依頼するような異常者は村の人間ではない。
・向こうが勝手にやって来たのである。
→そう主張できる最大の理由は、「村人はアンナ・アーヴィングが、クヴァルの支部の関係者だと言う情報を持ちようがない」から。
人間牧場の出だと仮定はできても、どこの支部かなんて分からない。そもそも、近場以外の人間牧場を把握している村人がいるのか?
結論。村の尋問されたものは、向こうから目の前に来て聞いてきたので白状しただけで、しかもあまり役に立つ情報ではなかった。
 
 
ダーククロニクルを見れば分かるが、ミトスとフォシテスは寧ろーファシズム派なりに硬派であり、育ての親に融和派での大成を望まれていたくちである。
 
話は変わるが、
テイルズオブジアビスのレプリカホド島の設定とラタトスクの騎士が示すように。
 
シルヴァラントはエステリーゼ→ヴァンーフェンデの。「大破壊で崩壊させられた地域が、時間が巻き戻った姿で復元された地域」。と言うのが答えである。
 
本来は、しいなとコレットは世代が逆であるが。
コレットとリフィルが未来世界→テセアラの住人。
しいなとケイトが過去世界→シルヴァラントの住人。
 
 
八百年以上を経た、二つ以上に別れる前の世界の似姿、がテイルズオブヴェスペリアマップである。
 
テイルズオブシンフォニアでクラトスが語った通り、シルヴァラント パラグラフ→ザーフィアス側は大陸移動説並に物理的に切り取られたようだ。
アスピオがカプワノール側。
ハルルとエフミドの丘がダングレスト→クルシスの直轄地域。」
 
「旧トリエット→古慕の里ヨームゲンまたはデイドン砦か。「ザーフィアス防衛戦の結果、火の精霊イフリートの暴走で現地の町が消滅する、らしい。恐らくはデイドン砦のこと。」テイルズオブグレイセスの北国のようなことになっている。
この大事故で、ヴェスペリア時点では緑豊かだった地域が砂漠になる。
トリエットが→マンタイク?。
パルマコスタの港町が→ラゴウがいたカプワ・ノール。
(カミシラ山地のパラグラフ王朝跡→ラゴウの屋敷)。
パルマコスタ近くのバラクラフ王廟→首都ザーフィアス?恐らくはフェニックスとはフェロー。
 
再生の街ルインが→ダングレストかヘリオード?
レミエルと救いの塔→バルボスの大楼閣ガスファロスト?「テイルズオブジアビス ジェストと建造中のレムの塔→炭鉱の街の塔」
キュモールの話「がんばれば貴族になれる」からすると、本来は「炭鉱の街に人々を引き連れ」とは。ヘリオードのことらしい。新興宗教か。
 
旧トリエット→古慕の里ヨームゲンまたはデイドン砦か+フェローの岩場。「ザーフィアス防衛戦の結果、火の精霊イフリートの暴走で現地の町が消滅する、らしい。恐らくはデイドン砦のこと。」テイルズオブグレイセスの北国のようなことになっている。
この大事故で、ヴェスペリア時点では緑豊かだった地域が砂漠になる
イセリア→望郷の地オルニオン予定地。(エルフ達のヘイムダールにしては水路が無い。)
ラーセオン渓谷とイセリア?とイセリアベース?→地震で滅びたカルボクラム?
エルフの隠れ里ヘイムダール「ハーフエルフに村を荒らされた」「シルヴァラントのイセリアの裏返し?」→ミョルゾがカルボクラムの近く地上にあるバージョンか。
イセリアとマーテル教会聖堂(とイセリアベース)→実は一つの施設だったのか「ラタトスクの騎士のイセリア人間牧場跡地ボスが、ゴーレム系シャイコス遺跡ボスに似ている」→アスピオ近くだったシャイコス遺跡(シンフォニアではマーテル教会聖堂にあるソーサラーリングが、ヴェスペリアではシャイコス遺跡に同行したリタから貰える)
 
イズールド→カプワ・トリム。
テセアラの学術都市サイバックと精霊研究所→アスピオ?
シェリダン→テイルズオブジアビスのシンク 落命の地殻」
アスガード 石舞台のバラクララ朝遺跡が→ザウデ不落宮と地下、望郷の墓所十六夜の楽園。と言うか、背徳の館。
ハコネシア峠 リンカの木→ハルル?
森間の村オゼット→ハルル?
と言うより、重要なのは救いの塔→エフミドの丘と海岸線の墓、か。恐らくは、ヴェスペリア時点三百年前の籠居帝が、ミトス・ユグラドシルのモデルか。ユアンとミトス。どちらが籠居帝だったのか。婚約者のモデルは、エルシフルだろう。
 
アイフリード海賊団の偽物がリヴァイアサンだから。
ミズホの里→ハルル?嗜好の楽天地ナム孤島?
テセアラ首都メルトキオ→闘技場の街、ノードポリカ。
レナンスラ岩居→救いの塔?または異界の扉?恐らくは異界の扉→「赤い花の彼岸」
イセリア?→「テイルズオブジアビスのジェイド達の雪国」→ゾフェル氷刃海近く
トイズバレー鉱山?→テムザ山。
ユグラドシルの天界→ダングレストか移動要塞ヘラクレス
ラタトスクの騎士では岬のアジト→ヘラクレス後、のような地形。
クルシスの本拠地デリス・カーラーン「マルクト帝国首都グランコクマ」→ギルドの巣窟ダングレスト+歯車の要塞 ガスファロスト」
マンシア湖とソダ間欠泉、観覧船乗り場のたらい舟、ウンディーネの水の神殿→ユウマンジュ温泉
マナの守護塔→「ベルセリアの退魔師養成機関の塔」
「プテロプスが住む」カドスの喉笛→地の神殿?は×。闇の神殿の建設予定地である。シンフォニアよりは明るい。高低差や横の広さから。また、プテロプスが紫の靄に包まれた、コウモリの群体だった。
ヴェスペリアの砂漠西山麓部とオアシスの街マンタイク→トリエット。
もっとも暑い砂漠中央部とヨームゲン→アスガード。
「賢人さまが結界を作ってくださる」と言う話に乗った結果、自分が欲しいものを作らされた。
「なお、ヨームゲンはテイルズオブデスティニーにおけるヒューゴの屋敷 ダリルシェイドの地?ユイファンがマリア役。ロンチーがリオン役」。
アスガードの石舞台→クリアシェル製結界→ザウデ不落宮。しかし、未来は風の精霊の地?
砂漠東部の巨岩部→地の神殿?
 
特にテムザ山の位置が重要。
ノードポリカについての軍事作戦は、テムザ山の鉱脈が狙いとなって起きている。
テイルズオブグレイセステイルズオブジアビスによれば。まずダングレストがザーフィアスからテムザ山実効支配を奪う。次に、ノードポリカが対ザーフィアス「ダングレスト・ノードポリカ」間同盟を締結。それを盾に総督、ウィチル・ヒューバートを派遣。ノードポリカがダングレストから更にテムザ山を奪う。「盗人の上前をはねる」。
 
ダングレスト側は撤退させようとするも派兵、何度か攻撃するも撤退に終わる。成功しない。
テイルズオブグレイセス通りにはいかず、ノードポリカは領民負担では賄えないため、採掘用に大規模な追加「鉱夫」移民船団を用意する。
しかし、ダングレスト側はノードポリカの態度に激怒。
リチャードのように強行策をとる。移民船団を虐殺する。「クライアントは不確定。」
そして、移民船団の護衛予定の民間ギルド「サイモンと騎士団長」「アイフリード海精の牙→風の傭兵団」を事前に潰し、本物が足止めで来れないのを知っていて偽物を派遣。洋上で偽物アイフリード海賊団の手で、ブラックホープ号移民船団は全滅させられる。
 
紛れもない民間人大虐殺事件であるが、民間人組の容疑者とされた騙し討ち容疑者集団も、事前に「護衛依頼者軍」の偽物に殺戮されていた。
依頼者の裏切りに心を痛めた生き残りは、更に移民遺族に仇として狙われる。イングリッドエピソードの真相はそんなものである。
傭兵ギルドを騙し討ちしたクライアントは護衛依頼者ではないとはいえ、そいつも傭兵ギルドの非道だと激怒し、汚名は拭えない。
ガオラキアの森の心霊スポットぶりは、八百年前から変わらない。
クオイの森「呪いの森」→ガオラキアの森「恐怖・迷いの森」
スキットでも出るが、テイルズオブシンフォニアのガオラキアの森の方が、「高価な宝石を盗んだ盗賊が森の奥に隠し、近づくものを片っ端から殺した。そのため森は池で染まり、犠牲者の怨念や盗賊の亡霊が出没する」と詳しい。
ガオラキアの森の位置からすると、ハルルはオゼットか。
また、クオイの森のブラスティアは、ソーサラーリングの装置になっているようでもあった。
 
テイルズオブヴェスペリアで本来「ホーリー・ファイア・レイ」「聖なる炎の光」→「フレン・シーフォ」に襲いかかる悲劇とは。
カプワ・ノールへのノードポリカ移民船団に対する、圧政側での虐殺の汚名。
ラタトスクの騎士のロイドも。
 
テイルズオブジアビスで言えば。キムラスカの軍隊がダアトの移民船団を警護する約束であったが、移民の受け皿であるマルクト側首謀者はその移民鉱夫達が邪魔だった。
事前にキムラスカ側の「聖なる焔の光」を襲撃し、足止めした上で。偽物「聖なる焔の光」にマルクト側レムの塔+ダアトからのレプリカ移民船団を襲撃させる。
その上で、被害者側としてキムラスカにアクゼリュス被害のように謝罪と降伏を求め、大義名分のもと、開戦工作に及ぶ。
鉱脈の地を、ダアトの支配圏から奪回するための非常な合理的作戦が、「聖なる焔の光」事件のシナリオだった。
クライアントは不明だが。
 

「炭鉱の街に引き連れられる」人々はダアト国籍。

オリジナルはキムラスカ国籍。

レプリカは本来、マルクト側が用意するはずだった。

 

炭鉱の街扱いのヘリオードに引き連れるのは、ノードポリカに内通したキュモール。

虐殺事件の汚名をきるのはザーフィアス国籍のロイド→フレン・シーフォ

虐殺の真犯人である実行犯はダングレスト側が用意。ラタトスクの騎士ではデクス→レイヴンになっている。

 

ラタトスクの騎士にあるように、真相は自作自演。クライアントは一握りだが。

 

恐らく、テイルズオブゼスティリアでは

炭鉱の街がカムラン。

カムランに引き連れるのは、ローランスのミケル。

虐殺事件の汚名を着るのはハイランド国籍の風の傭兵団。

虐殺の真犯人である実行犯は北の大国側が用意。穢れてて憑魔だから国籍は関係ない気もするが、とにかく偽装集団。

 

 
シルヴァラント(ワールドマップ) - テイルズオブシンフォニアTOS) ...
darage.com › tos › wmap1

 
 
他の人はこちらも検索
テイルズオブジアビス ストーリー攻略チャート目次(あらすじ対応表) - ...
https://omoteura.comtoa › chart_diary

テイルズオブジアビスのあらすじ(日記)とストーリー攻略ページの対応表を掲載しています。 ... 地核振動停止作戦, ストーリー攻略15. 降下の影響, ストーリー攻略16. 許す心 揺れる心 .
 
3DSPS2両対応!テイルズオブジアビス攻略サイトです。マップ付き攻略チャート、サブイベント攻略、術技・称号・コレクターブックデータ等を掲載。
 
 
街・ダンジョン、ワールドマップ - TOA攻略=テイルズ オブ ジ アビス攻略wikiまとめ[GAME-CMR.com]
toa-3ds.game-cmr.com › data › world-map

toa-3ds.game-cmr.com からのテイルズオブジアビス マップ
3DSソフト、テイルズ オブ ジ アビス攻略wikiまとめサイト. ... 街・ダンジョンの位置(ワールドマップ). ※クリックすると拡大表示されます. 3DSテイルズ オブ ジ アビス 特典 ドラマCD付き
 
テイルズオブヴェスペリア マップデータ一覧 - 表裏一体
https://omoteura.comtov_ps3 › map-list

 
 
他の人はこちらも検索
テイルズオブヴェスペリア】ギルドの依頼 - ゲームライン
https://gameline.jp › bauru_ato › guild_irai

 
 
他の人はこちらも検索
テイルズオブヴェスペリア サブイベント攻略 - 表裏一体
https://omoteura.comtov_ps3 › subevent

テイルズオブヴェスペリアのサブイベントのクリア手順を掲載しています。 ... ダングレストでサブ イベント「帝国とギルド」を発生させる. このイベントは期間限定で発生するイベントです。
 
中断。