Haiirooukeの分析  シルメリア、のルーツ。 プロイセン王国とポーランドに二十世紀前半の大戦。 名付けのモデル→エーデルワイス。 咎を背負うものに見る、ヒロインの家系図。テイルズオブゼスティリアで娘が指揮官だったことを考えると。 捕虜だったかは不明だが、カティンの森事件に該当する何かで死亡したことになるらしい。 あるいは、テイルズオブヴェスペリアのブラックホープ号事件がカティンの森事件か。

  
ヴァルキュリープロファイル 咎を背負うものに見る、ヒロインの家系図

シルメリア、のルーツ。
プロイセン王国ポーランドに二十世紀前半の大戦。

名付けのモデル→エーデルワイス
テイルズオブグレイセスのクロソフィアの花。

著名人→エミリア・プラテル。


物語の重要舞台→鉱床モデル→

19 名が地下に閉じ込められたが、無事に救出された。 1.鉱業一般概況. ポーランドは、銅(欧州生産量第 2 位)、銀、鉛及び亜鉛を生産しており、その他ニッケル、モリブ. デン .
ルビン(ポーランド語: Lubin)は、ポーランド南東部のドルヌィ・シロンスク県にある町。1975年から1998年まではレグニツァ県に属していた。ルビン郡、およびルビン基礎自治体の中心地 ...
含まれない: 鉱山
注1: ポーランドには公式な標語は存在しないが、過去、国家のシンボルに、Bóg, Honor, Ojczyzna(神、名誉、 ...... また、西南部ドルヌィ・シロンスク県のクレトノ鉱山などではウランを ..

タルノフスキェ・グリの銀・鉛・亜鉛の鉱山はポーランドの鉱山史のなかでもっとも重要であり、 その規模も最大となっており、世界でも類を見ない地下水管理システムがあることで知られてい

ラントがポーランド

ウィンドルがナポレオンのフランス。
ストラタがドイツ。
戦車を用い、市街戦で一番被害を与えた、フェンデルがロシア。

フィオナ
リーゼロッテ(ヒロイン)
エーリス(テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士 アリスのif)

フィオナがメインキャラのストーリーがテイルズオブグレイセス
エーリスがメインの作品がテイルズオブヴェスペリア、と取り合えず括れる。

また、作品の因果律で重要なフィオナであるが、テイルズオブレジェンディアの骨子、メルネス職に近い行政官。

要職であるものの、実際は前任者の不慮の死などで嫌疑が付きまとう就任だったようだ。ヴァルキュリープロファイル 咎を背負うものchapter4のように、本来は嫡流でないはずだった。民を大変慮る。

しかし、テイルズオブリバースならびにテイルズオブゼスティリア、三姉妹の長女のように。労働者運動の流れなどで危機に近づく。役職ヒエラルキーなどの構図が問題の源流である。
ヴァルキリーアナトミア マーヤエピソードのように。

花形が研究職、魔術師である地域における。反発などが理由。

シリーズ中で謎に終わるキーアイテムは、ポーランド周辺の西ヨーロッパ国家に由来。ヒロインリーゼロッテの母、「フィオナ」の出身国家が鍵。


ヒロインであるリーゼロッテは、使者として技術援助に赴く。しかし、現地の反乱勢力に研究室内で拉致され、装置を稼働させられる。そして、新規開発中の事故に因り行方不明+記憶喪失+若返り+精神異常を発症する。

テイルズオブエクシリアエリーゼのルーツ探しは、レイアの過去を辿る話でもあるが、記憶を取り戻す脈がない。


エリーゼテイルズオブエクシリア版のテイルズオブシンフォニア ロイド・アーヴィングである。母が被験体となった装置で、身を守っているのが共通項。
その母が、変わる前のレイアの筈。

テイルズオブグレイセスのシナリオ中の、ストラタへの信書エピソードが、テイルズオブジアビスのアクゼリュス崩落のように、失敗した話なのだろう。
アクゼリュス崩落がイラスト付きでわかる! アクゼリュス崩落とはゲーム『テイルズオブジアビス』のイベントの一つであり、本作屈指のトラウマイベントである。 俺は悪くねえ!! 内容 主人公

テイルズオブエクシリア2のローエン分史が敵討ちしようとするのも、そこ絡みか。
このローエンのドロッセル、の娘が、失敗した使者役で行方不明となる。そんな経緯だろう。

テイルズオブレジェンディアは復讐を主張するフェ二モールとその双子の妹が登場するが。実際の背景は、寧ろ正当な主張である。エリーゼがレイアの過去を知れば、自分の境遇を含め加害者を呪う。

また、ラタトスクの騎士を考えると。アリスとマルタは敵同士になる因果なのかもしれない。
マルタが記憶を取り戻したとき、母親は本人同様狂っている、恋人は自分が死んだと思い遠方で任務に明け暮れ。そして生き別れの娘は、力を求めて武器に手を出した結果、精神を損ない、マルタ視点の虐殺者になっていた。スターオーシャン2のレナにとってラヴァーは敵。

テイルズオブグレイセスのアンマルチア族族長→テイルズオブヴェスペリア フェロー・テイルズオブエクシリアの真マクスウェル(火と鳥に因んでいる)。
テイルズオブベルセリアを考えると、テイルズオブヴェスペリアでのフェローとエステリーゼのやり取りのように、フェローの意見に賛同することにしたエステリーゼは自尽の道を選択する。そういうifもあるらしい?

記憶を失い姿も変わったヒロインは、それでも娘を親友で仲間、と認識していたのに。娘は絶望的状況で自尽し、経緯を多分に誤認したヒロインは狂気の仇討ちに身を投じる。

話は変わるが。
テイルズオブハーツ及びテイルズオブグレイセスの、本来の配役リチアとシェリアはヒロインの者であるが、命に関わる大事件の後。その配役にいるのはヒロインの母親「フィオナ」である。年長者の身内が代役に出出した。

ただし、テイルズオブグレイセスシェリアは、本当は娘の再起不能に気付いている。故に、リチャードとソフィは娘本人でなく別人なのだ。
ヒロインー素の娘は、パスカル役である。

また、ヒロインの母親の認識では、正規歴史準拠ではロシア側が娘の仇の筈である。テイルズオブゼスティリアで娘が指揮官だったことを考えると。
捕虜だったかは不明だが、カティンの森事件に該当する何かで死亡したことになるらしい。
あるいは、テイルズオブヴェスペリアのブラックホープ号事件がカティンの森事件か。

その前後の状況からすれば、ポーランドがロシア側につき直す可能性が、嘘でなくあり得た。

カティンの森事件については、テイルズオブゼスティリアの子供による残党狩りも近かった気がする。

話は変わるが。
また、スターオーシャン2の十賢者は。大体はネーデ属州出身者達であり、ネーデが不公正な資源搾取・間引き・生体実験被験体収集を行っていたために、蜂起に至ったと言う過程がある筈である。

テイルズオブゼスティリアのロゼが、別な世界のラファエルで、ヴァルキリーアナトミアのエピソード・イングリットである。そのエピソードは蜂起に至る流れが妥当。
テイルズオブバーサスのルーク・ティアペアで語られるが、ラファエルはネーデ属州の中でも「別なフォーゲット」被差別地域・被差別種族出身であり。第三国で功績を立てて因縁から離れて、国籍を得ようとしたが。ネーデの影響力は第三国にも及んでおり、現地の親ネーデ派がネーデの顔を伺う形で手引きを行い、ネーデからの現地正規軍偽装部隊により所属集団は壊滅的打撃を受け、生き延びた彼女はどこに行っても被差別種族を認めない外界に絶望した。そして生きる場所を自ら作るために過激派武闘組織のエージェントとなり、ゆくゆくは過激派与党指導者の一人となる。ラファエルの物語であり、テイルズオブデスティニー2エルレイン、テイルズオブヴェスペリアのオーマの物語である。

ラファエルは、ヒロインの、あり得た可能性とも言える。