テロップ→錬金術の悪い魔法使い、悪玉が生まれるまでの物語。「ディノイア→トラヴィス」

テロップ→錬金術の悪い魔法使い、悪玉が生まれるまでの物語。「ディノイア→シュヴァーン・ディノイア」とトラヴィス
テイルズオブヴェスペリアの黒幕、帝国騎士団長アレクセイ。
アレクセイが「やり方を変える」までに何があったか。
 
元々の人格はテイルズオブイノセンスに出てくるオリヴィエ→ヴァルキリープロファイル ヴィーザルのような清濁併せ呑むタイプの良識派だった。
 
しかし、テイルズオブイノセンスを経て、テイルズオブジアビス、地脈アルトリウス回想を経る。結果、犠牲を払ってでも国政を変革すべき、と言うテイルズオブジアビスのヴァン一味とは別種の革命家となる。
 
リタ・モルディオの父とアレクセイは、コインの裏表の関係と言える、か。
 
因みに、テイルズオブヴェスペリアを見ていると残念なことに。
アレクセイにはシュヴァーンがルークに。イエガーがガイに見えている。イエガーはペールなのだが。
 
はっきり言うと、ヴェスペリアで生き埋めにされた際に名乗ったシュヴァーンは中身が別人。
普段のレイヴンがスタン→ガイ。
副騎士団長が本来のルークポジション→テイルズオブエクシリア2のルドガー、ヴァルキリープロファイルのグレイ。
ヴァルキリープロファイル同様、あの場にいたのは大戦中に人としての生を終えて尚意思残る戦士。
帰ってきたおっさんはグレイでないし、だからこそ→「お前が言っているレイヴンと言う者はこの場にいない」と返す。
 
戦闘時会話で、大体の状況説明をしている人。
故に、リタ・モルディオの絶叫は人違い。
だからこそ、スパイ嫌疑と併せると人格入れ換えは怖い。
 
はっきり言えば、リタ・モルディオとジュディスはアレクセイの娘でなく、孫娘以降に当たるはずである。
 
まあ、あそこまで血縁者に立ちはだかられる不幸な人も珍しい。
 
なお、テイルズオブエクシリアのガイアスだけでなく、
テイルズオブハーツクリノセラフもあのキャラである。