力作解明#スターオーシャン4 クロウの衝撃の死。土属性、龍殺しの英雄。 「また、一緒に星の海へ」 少し時代錯誤だが、ドイツ元王族VIP 、前当主→院政実施中の英雄の戦士である。 やはり、このクロウは別な歴史から来た別人。 すなわち、ifのテイルズオブジアビス世界から来た、ピオニー五世。人物は、晩年のルーク・フォン・ファブレ。別な世界のボーマンである。 テイルズオブエターニアのリッド・ハーシェルは、やはり世界の敵を討てる英雄だった。

力作解明#スターオーシャン4 クロウの衝撃の死。土属性、龍殺しの英雄。
「また、一緒に星の海へ」
少し時代錯誤だが、ドイツ元王族VIP 、前当主→院政実施中の戦士である。
やはり、このクロウは別な歴史から来た別人。
すなわち、ifのテイルズオブジアビス世界から来た、ピオニー五世。人物は、晩年のルーク・フォン・ファブレ。別な世界のボーマンである。
ならば、エイルマットは「お節介なやつだ」という台詞から、ディアス→ifバージョンのロニキス・C・ケリーと言うことになる。
 
この作品最大の山場が、クロウ先代の特攻だろう。
あるいは、カルディアノン反戦派の長だった可能性すらある。
軍部は、歴史ある主家筋の為政を見限って、軍事的野心を満たすためにMPの長となった主戦派についたのだろう。
シルメリア→サイオンジ・レイミを考えると、エッジ達の方が戦争継続の道を歩んでいる詐欺ルートの恐れもあるが。
 
カルディアノンも、アクゼリュス崩壊のような「ヨーロッパの火薬庫着火」を狙って、主君のガードを甘くした可能性がある。
カルディアノン側の敵であるエルダー人も、侵攻者カルディアノントップの首を狙って。
実際は求心力を無くした戦争の敵→エルダー人から見た中立派民間人だったのに返り討ちに合い続ける、という悲惨境遇である。
ガラン家襲撃といい、正規の警護兵の方が別なことを優先した。
 
 
オンボロの船と傷だらけの身体はそういうことだろう。敵国トップの首を狙った、エルダー人軍人達と民間人の生きた証、か。
 
それを潜り抜けたクロウ父はそれだけでも英雄だ。
だが、ラストの特攻が、ホド消滅+フェレス島消滅の真実、ということだろう。
ホド島側も無抵抗だったわけではなく、遠距離大量破壊兵器を用意して臨戦体勢だった。
過去人の歴史の、第三次世界大戦の節目にふさわしいエピソードだった。
第三次世界大戦において、連合国側フランスの英雄だった水属性→雷を集束していたことから、
恐らくはフィリア・フィリスジアビスのキムラスカ、セシル家の者が応戦していたのだろう。ジアビスで言うならば、シマダ→モースと縁あるジェストが創世の使徒防衛線だったのだろう。
ジェストのエネルギー砲も管理者が使うべきだし。
いや、科学者でホド島にいた、ということならデスティニーのイレーヌも側にいたと考えるべきか。
いずれにせよ、テイルズオブジアビスに対応させると、モースの塔でジェストと相討ちに終わった、ということか。どちらかが特攻で相手も道連れにする。というか、水属性はタミエルの人格のような。
 
ピオニー五世は一方で、ロークでは薬泥棒のクロワシである。
それを抜いて、雷のソーディアンマスターを、特攻とは言え宇宙船動力で仕留め、刺し違えて龍殺しを為した。ピオニー五世→ボーマンは正真正銘の英雄だった。
 
しかし、キャストを考えれば、政治の失敗としか言えない。
 
ミラとクラウス・バークタインの反消滅の利用といい、地域消滅は凄まじい物理現象を用いるようだ。
テイルズオブジアビスでレプリカネビリムが惑星譜術を用いようとした辺り、調停機構→国際機関が抑止力で世界統治することを目論んだ怖い世界、ということ。
実際は、加盟国同士で試験中抑止力の争奪戦に走り、結果、ミラ・バークタインは死去した、ということか。残念なケヴィンも、濡れ衣を着せられただけで、試験中抑止力の争奪戦のスケープゴートにされただけだ。
 
テイルズオブヴェスペリアで言う、エンテレケイア殺し。テイルズオブグレイスエフフォドラクイーン殺しに等しい。
テイルズオブグレイスエフで登場すべき、フォドラクイーンの敵だったか。
ミラ・バークタインが、失敗せず反物質兵器で武装して、第三次世界大戦の超兵器による武力抑止に努めたケースが、
MP防衛機構の無条件降伏勧告なのだろう。本人達は、原爆投下を敵軍と敵基地だけにして示威行動すれば終戦に至る、と目論んで動いている。
が、MP側が明らかに人の手を越える技術提供を検討したため、スターオーシャン4終戦の余地なくクライマックスに至った。 
スターオーシャン4。ifの過去人世界大戦歴史ではフランス側系の宗教勢力も、平和実現のため武力抑止を必要悪として行使する。
光速のケニーの人格がヴァン・グランツに見える辺り、テイルズオブジアビスと主戦派が入れ替わった世界のようである。
 
フェイト→七代目イオンの方が、リスクを押して世界を変えようとテロに走るif世界。