力作解明#9ハイエルフハプスブルク家。ロレンタ、J・D・ウォルス→イメージ、マリア・テレジア なお、私はエターニアのリッド・ハーシェルを、デスティニーのアルバート・シデンと表記していたが、正確にはアルツール・シデンである。プロイセン、カイゼルがシデン家?候補の一家。

力作解明#9ハイエルフハプスブルク家。ロレンタ、J・D・ウォルス→イメージ、マリア・テレジア
なお、私はエターニアリッド・ハーシェルを、デスティニーのアルバート・シデンと表記していたが、正確にはアルツール・シデンである。プロイセン、カイゼルがシデン家?候補の一家。

先ず、ファミリーネームを暫定としてウォルスで統一する。
ああ、そうか。テイルズオブジアビスで六世、が鍵になるのはマリアテレジアの父親に因む。

レザード・ヴァレスのイメージなどは
由来だろうが、実際にレザードが迫害される民族の出かは不明。
先ず、ヴァルキリープロファイルのロレンタと夫は、実際には父娘なのだろう。
テイルズオブベルセリアの地脈の回想を見ていてやっと分かった。

のオックスとダナ。実際には、若き日のオックスの果てが、サイグローグなのだろう。
ダナの果てが、ジャンニなのだろう。
ヴァルキリープロファイルのフレイ、の善良バージョンがテイルズオブデスティニーのイレーヌ、という理解。
結論。自然出産においても、ロレンタは五つ子以上を出産している。
私の理解では、
ロレンタの夫ー彼氏の一人こそレザード・ヴァレス→他国スパイ、ドレフェス嫌疑の人。「テイルズオブレジェンディア、ハリエット。テイルズオブジアビスアニス、テイルズオブベルセリアベルベット」は「騙されてるのに」「嘘なのに」「最悪の人」という理由はスパイ戦より。
実際には、テイルズオブレジェンディア、セネルのように、スパイや内通者複数の一人である潜入者で、しかも能動的なものでなかったが、本命を隠す手品の見せ札として嫌疑濡れ衣に合い、ジェームズ・ボンド張りの結婚詐欺師潜入捜査官、として母方親族に総スカンされる。
フレイ、テレサ・リナレスすら男を見る目が厳しい理由はそれ。エルフ族はよく詐欺に逢うらしい。テイルズオブエクシリア2か。
肝心の彼女、ロレンタ→レプリカ・ネビリムが「私を捨てたのは不完全だから」という辺り、確かに重症だろう。
ロレンタの父だっただろう、ジェイルエピソード、マグニスの方がまだシンフォニアレミエルとしてスパイ戦に強かった。

母→呼称。レプリカ・ネビリム
長女・プライドが高い王女。フレイ→テレサ・リナレス
次女・学者。イレーヌ「ドクター・キュリア」。メディサ。
三女・女性魔術師メルディナ「ジェイルエピソードのウォルス」、エターニアセルシウス
四女・前衛武術家ファラ、アンジュ
一男・ケルヴィン、ルカ。極論に走る回想のオリジナル・ジェイド。つまり、ミトス・ユグラドシル、ウォレス。デフォルトはイノセントのルカ。
一男は、父(ジェイド、オリヴィエ)とよく間違われる。

である。
レプリカを入れると更に増える。
母レプリカ→シンフォニアのマーブル。
長女レプリカ→(クール系)ジアビスのティア。本来のガイの姉のクローン。
次女レプリカ→一番有名。アトワイト、リフィル→「ヒルダ」
三女レプリカ→ファンタジアのシルフ、マーテルか。
四女レプリカ→ベルセリアのベルベットがレプリカならば。ベルベット。
一男レプリカ→テイルズオブジアビスの七代目イオン設定からすると、大勢レプリカがいる。シンフォニアジーニアスもその一人か。

ロレンタエピソードのレザード・ヴァレスが錯乱した本人か、本人のクローンか、子供のクローンかは不明。

次女レプリカの子供がショコラ。アリエッタ。ジュディス。
次女レプリカの子供のクローンがリアラ、アリスちゃん、アニス母と想定。

四女の子供が、要人ヒンメル→テイルズオブデスティニーのジョニー・シデンと理解。

長女の夫が、サラエボ事変皇太子役、ダオス、ヴェスペリアのフレン。オスカー。
長女レプリカ(後妻)の彼氏がジアビスのルーク?正式夫不明?
次女レプリカの夫が、スタンのディムロス。アレクセイ。
三女の夫が、スターオーシャン2のエルネストの同類。
四女(前妻)の夫が、リッド・ハーシェルジアビスのルークか。
四女レプリカの夫が、ロクロウ・ランゲツ?


話は変わるが
最低限の分析。
それにしても、リバースでは「ナイラ」の子供はアニー「シホ」ともう一人の姉「ジェイル」の筈である。
ヴァルキリープロファイルが正しいならば。ナイラ(シンフォニア アリシア)も王の盾の一員でトーマの元部下。ヴァルキリープロファイルのヴィレノア女スパイとして、王近衛隊の成り上がり、ジェイクリーナスに近づき交際、情報を抜き取り流していた。「シンフォニアやリバースでも、別地域別組織からの間者というところは変わらない」しかし、活動上の都合で彼氏と別れ、出産してからも活動していたところ。エイミのように捕縛。男Aロンディル及び男Bマグニスの正当なスパイ狩りの果てに、派遣側の口封じで殺害される。彼氏と娘らへの愛情は本物だったからだ。
ジェイクリーナス元彼女の娘妹は、ファイラン決戦にてジェイクリーナスの祖国軍の手で討伐。ジェイクリーナスと言いファーンと言いスオウと言い、軍人英雄趣味の母娘である。

男ABは、ジェイクリーナスが元彼女の復讐に来たことを警戒して、ヴァルキリーにヘッドハンティングを頼んでいた。
男Bへの復讐に娘姉、ジェイルが潜入。なお、ジェイルが近づいたファーン(ロウファポジション)は、父ジェイクリーナス(アリューゼポジション)のかつての出世ライバルだった。生え抜きも、まともなやつがいたらしい。
男ABを指してフレイが言う因果とは、スパイ狩りの担当者だった者が自身も多重スパイ嫌疑の果てに、敵国の二重スパイ口封じか、スパイ狩り被害者遺族による魔女狩りの果てに殉職したことを指す。
(ナイラの件の)男Bに対するジェイルが、(ジェラードとその親族の件の)男Aに対するレナス(アリューゼ)だったと言うこと。 

ジェラードの親族もクレルモンフェラン以外の外国の内通者嫌疑がある。