力作解明#全ての骨組み ラリラリヴァルキリーEX (宙界の瞳とは難のための対策手段カー臨時下請連絡員用の、IDカード)

「アリューゼという男、エインヘリアルに相応しくないと思うわ」
エインヘリアルの1名がー」
フレイの厳しい目の起源➡アース神族、ヴィレノア側発掘組のエピソード

フレイも人間世界においては、ヴィレノア側エルフに贔屓していた身からアース神族中枢に異動した組である。

フレイは、対クレルモンフェラン陣営のシホ、「ヴァルキリープロファイル咎を背負うもの シェリファの親族」
エインヘリアル収穫の要職について欲しいと考えている。
故に、ヴァルキリープロファイル咎を背負うもの Bルートで必ずレナスの記憶喪失を進言するのは、シェリファの離脱行動が固定ルートで発生するからである。フレイが贔屓する一族での、不祥事をレナスに忘れて欲しい。

さて、フレイがアリューゼに厳しい目を向けるのは、スオウエピソードの敵偽装兵討伐作戦が、民間人傭兵に関わる部分の情報漏洩によって起きた➡過去の感傷
からである。

話の中心にいるのは、ヴァルキリープロファイルにおけるエインヘリアル候補とならない傭兵ギュンター。

ヴィレノアかは怪しいが、クレルモンフェラン軍部以外のスパイ嫌疑における、明確な黒。

ギュンターとエージェントイメージが出てくる、アリューゼ、ジェイクリーナス、パドラックの傭兵組エピソードが前日譚となる。

先ず、
「反クレルモンフェラン軍部系諜報機関の下請け機関が、クレルモンフェラン本国首都に、民間の反社会的犯罪者ネットワークに寄生する、覆面団体状態で存在した。」
その設定は動かない。
そして、クレルモンフェラン首都での諜報活動支援のための情報連絡に、クレルモンフェラン現地民間人を配達人として使用していた。
「不適切な下請け機関を、機密情報ー連絡員体制に組み込んだ、杜撰な情報戦運営は、反クレルモンフェラン軍部側のミス」
そう判定できる。
結局は、連絡員を反クレルモンフェラン軍部側も信用してない。だから内部監査を行い、監督による安心が必要なのだが、不徹底であった。

そして、手紙のリレーの形で反クレルモンフェラン軍部ネットワークをやりとりしていた、訳なのだが、「リレーの途中において、異民族の顔の見分けに不足がある正規諜報部メンバーを使用してしまった。」これが最大のヒューマンエラーの元であった。

「異民族諜報員は魔法を使えて重宝するが、組織犯で現地民間人を使用する場合に➡個々人の識別にミスを入れるリスクを抱えている。
その部分への注意が不足していた」結果、このエピソードは発生した。

そのことがあるからこそ、されど罪人は竜と踊る、の民間人攻性咒式士と個体識別標としての「手違い対策手段」➡宙界の瞳の組み合わせは重要なのだ。
「リレー役が勝手に次の(異種族)ランナーと通りすがりを勘違いして、トラブルが発生するケースを防ぐ対策手段」
それが、固有波長を持つ宙界の瞳の意義。ただの目印で印鑑、が真価。

「イメージ的には、サモンナイトのアメルとトリスに、ユニット召喚獣がいい例か。
例えば、ある時トリスがアメルからの手紙を、そのとき召喚したナガレaにもらってきて欲しい。と頼むとする。その時、ミルメオンの宙界の瞳も目印にナガレaに渡す。
ナガレがアメルのところに手紙を貰いに行ったとき、確認票のミルメオンの宙界の瞳、をアメルに見せて手紙を受け取る。
ただし、「絵本 手なし娘」のように、ドッペルゲンガーの親戚であるアメルには偽物が多い。
トリスとナガレaも、アメルの偽物が偽手紙を渡して、ミスリードを誘うケースを警戒しなくてはいけない。
そのために、ナガレaもアメルが手紙を渡そうとするとき、またはアメルが頼んだ連絡員➡タケシーa等から受け取る際に、アメル側の確認票をチェックする必要がある。
例えば、アメル側の場合はハラウオン教団の宙界の瞳、等である。
テイルズオブジアビスのように、第三者偽装兵による中間者攻撃 などのリスクがあるため。
そのことを踏まえ民間人異種族連絡員を用いる際に、厳密な判別が出来る「目印」➡「電子鍵並のIDカード」の代替手段。それが
宙界の瞳と言うオーパーツである。」


話は逸れたが、ジェイクリーナスエピソードのように、機密情報のリレー時に、IDカード確認無しに➡中継配達役が、次のランナーに渡すシステムだったことがヒューマンエラーだった。
ジェイクリーナスが出くわした女エージェントは、ジェイクリーナスを嵌めるためでは無く。手紙のリレー任務で、民間傭兵ギルドから出てくる次のランナーに渡すために、機密文書を置いていったのだ。
しかし、民間傭兵ギルドから出てきたのは運び屋業務の請負人ではなく、民間傭兵ギルドで仕事をもらえなかった、何も請け負っていないフリー状態の通りすがりだった。それは、クレルモンフェラン軍部を訪ねられる現状失業者の退役軍人でしか無い。何も請け負っていないのだから。
間抜けなエージェントは、凄まじく都合が悪い通りすがりを、次のランナーと間違えて受け渡しをしてしまった。

ジェイクリーナスエピソードは、ジェイクリーナスの思い込みが大半で、重要なのは、「偶々自分に渡された落とし物を、自分が落とし主と勘違いした知り合いに渡しに行った」、と言うことである。

男、ABの会話や、背後からの狙撃は妄想。
実際は盗まれた文書で無く、
クレルモンフェラン軍部が知らない、敵スパイの機密情報で。「持ってきた拾い主を麻酔銃で眠らせて尋問しようとしたところ。国内潜伏中の別なスパイが、制裁と口封じのために、眠っている拾い主を毒殺などで殺害した。」
それが正しい状況だろう。男Aのような裏方サーヴァントリーダーにとっては、政敵の復権よりも内部の情報漏洩ルート不摘発による自部署の失権の方が余程恐ろしい。
とにかく、勘違いされた通りすがりが持ち込んだ機密情報が、反クレルモンフェラン軍部ファイラン支部の位置情報であったため。スオウエピソード発生に繋がり。
間近に迫られて、慌てて逃げ出した現地反クレルモンフェランネットワーク「本物の偽装兵」が、立場の弱い騙されているシホを殿に据え。更にシホの幻術呪歌に騙された現地住民をバリケードに用いたため、シホエピソード及びルシオエピソードが連鎖的に発生した。
今の所、
ジェイルとファーンエピソード➡
(実父かはともかく、ファーン➡ブラムスがジェイクリーナスの父親役。ファーンが「男を囲っている噂」➡「あらぬ噂」)ジェイクリーナスエピソード➡シホエピソード➡ルシオエピソード➡スオウエピソードである。
更に、
アリューゼエピソード?➡ロレンタエピソード➡パドラックエピソード・(ロイと)ロウファエピソード。と連鎖していく。

パドラックエピソードは、ジェイクリーナスエピソードの制裁を➡通りすがりの拾い主と、すっぽかした本来の次のランナー候補を錯誤して行われたものである。
クレルモンフェラン軍部ネットワークの中では、
すっぽかした本来の次のランナー候補」がすっぽかした事実を抜かして、
ちゃんと次のランナー候補が受け取った上で。
ケチなヴィレノア側よりも、リッチなクレルモンフェラン側と天秤にかけて、高く情報をライバルに売りつける重大背任の結果、シホエピソードのシホ被害に繋がった、と「人類連絡員の、私欲による敵側への汚職裏切り」と被害妄想を抱いている。

まあ、そんな誤認をしていれば、ヴィレノア側贔屓のフレイが傭兵をエインヘリアル登用することを忌避するのは自然と言える。勝手な被害妄想で、勝手な勘違いの非を受けるのは正規諜報員側、と言うのに。ロウファエピソードの騎士団長のような誤認をしている。
「あなたは背任をやり過ぎたのよ」と。フレイーがジェラート側、シホがジェラートの立場だった場合に、クレルモンフェラン軍部に背任した(と誤認している)パドラック(ロンディルの、寝返り先クレルモンフェランバージョン)に向けて言い放ったのだ。
成る程、パドラック➡ジェイクリーナスの背任の結果、シホが裏切りで死去すればヴィレノア側は怒るだろう。

ロンディル➡ギュンターとアリューゼの背任でジェラートが死去したIFのクレルモンフェラン軍部側が怒るように。

それが見かけだけの巡り合わせ。
本当は、アリューゼエピソードはシホ・ロレンタエピソードの巡り合わせとは言えない。あくまで背任密告は被害妄想だ。勝手に勘違いしたんだろう。

そんなことで、テイルズオブエターニア以降は「人間の密告」とうるさくなる。先ず第一に、現地の単独犯で無く、支援する組織犯としての連絡員問題。