シホ、シェリファの同病。ヴァルキリープロファイル咎を背負うもの ルートの見立て

シホ、シェリファの同病。ヴァルキリープロファイル咎を背負うもの ルートの見立て
ドーピングに苦しむ殿達、既定分析。
 
どのキャラがどちらに雇われるかは運もある。と言うより、ダリウスを見る限り、咎を背負うものではクレルモンフェランとヴィレノアが逆転している可能性がある。
→ドゥエインと潮、がウィルフレドとアンセルの関係、か。
咎を背負わせる者が生き残り組のはずだが。
 
テイルズオブシンフォニアのしいな、コレット趣味→仲間リスト
「マルゴット」を軸に。水属性→オーディンと「本編の」クレルモンフェラン、セインガルド趣味
数奇な再開(ミレイユ)、聖女(ローザ)、道標なきままに(フィオナ)、力の先には(ラングレイ)
→ミレイユ(エルシー別バージョン)、ローザ、フィオナ。
または、あのときのダリウスをマルゴットの夫と同じタイプと見るならば。
一様の闇、聖女、道標なきままに、力の先には
羽を使わない限り生存ルート。
 
「ティルテ」を軸に。土属性→ヴィレノア、ファンダリア趣味
進むべき道(ナタリア)、胸奥の傷(リーゼロッテ)、(避けられぬ戦乱)(フォーネルはナタリア(J・D・ウォルス)の代理)、迷子の嘆き(第二王子クリストフ)
 
「アンセル」を軸に(テイルズオブヴェスペリア趣味)、民間人の立場から見た、行政に深入りしない話。エルフ族で強い剣士が戦国時代に諸侯の立場ならばこれ、結局人類の王座なんてどうでもいい。
一様の闇(グウェンダルと本来のダリウス→ミルハウスト)、一つの終焉(うしお)、遺された悲劇(オーギュスト)、戻らぬもの(ロイエンバルグ)
 
 
「女神の羽根」の本来の形。対、クレルモンフェランを掲げるものの殿に使うべきドーピング。
「諜報部」が「本来のヴィレノア側」の時に、「シェリファ」に用いる。
シェリファ」を軸に。土属性→ヴィレノア、ファンダリア民族レジスタンス趣味
進むべき道(ナタリア、シェリファの代役)、
胸奥の傷(リーゼロッテ)→一様の闇(あの時のダリウス)同様に、武器産業利権のビジネスチャンスのために火種を巻く。アーネストから見たダリウスは、テイルズオブデスティニーのルーティの養育費を稼がねばならない立場。
リーゼロッテはミレイユかマルゴットの代役、捨て石前提のヒットマン。しかし、一つの終焉の時のリーゼロッテのように、結局は貧困地帯で立場が弱いからせざるを得ない仕事。
避けられぬ戦乱(フォーネルはナタリア(J・D・ウォルス)からみたアンセル卿→ヴァルキリープロファイルのマグニスの代理)、J・D・ウォルスが中立国に介入するのは、金蔓の世話くらい。 
迷子の嘆き(第二王子クリストフ)、
ドーピングに苦しむものは、
チャプター2がシェリファと農民。
チャプター3が雇われ刺客「リーゼロッテ→マルゴット」、エルシーのように養わねばならないものがいた。
チャプター4が、工作が露見し、口封じの必要が出た場合の内通者ーフォーネル。平民出で生計が苦しかったバージョンの、ロクスウェルの代理とも言える。
チャプター5で、不足する能力を命で補ってでも国を救おうとする、ロイエンバルグ伯。
 
が既定だったか。