シナリオ メシュティアリカ、悲劇のヒロインの生涯  二次創作。

メシュティアリカ、悲劇のヒロインの二次創作。
強力な存在、ジャミル。またはエクシリア1のミラ。凶暴すぎて認めた相手以外の言うことを聞かないため、実際の軍事行動に不向きだった。ある程度の諜報活動が出来る存在に直す必要があった。
そこで、ジャミルのクローン体に、比較的大人しい、エルフの遺伝子を組み込んだハーフクローンを作成した。
恐らく、遺伝子を組み込む元は、リバースのスージーか、ヴァルキリープロファイル咎を背負うもののシェリファのものだろうか。
強さを足すのではなく、おとなしさを組み込む、と言うのも合成獣の道だ。
 
どういうわけか、そのクローン被験体がダリス×マリー➡片方のオリジナルの手元で養い子として育つ。
しかし、養父母生活は父ダリスへのファンダリア朝による討伐ー人形劇の結果、破綻。
 
孤児となったのかどうなのか、オベロン社に拾われたメシュティアリカは諜報部員として改造を施される、記憶を失う一方で能力を増し、召喚術などを学ぶ。
そして派遣されたノインシュタット在住のアクアベイル系商家の元で、若旦那様「キール」に偶然を装って近づいたのに。真剣な恋に落ちる。はっきり言って、メシュティアリカがそうなったのはリグレットの影響である。
しかしその若旦那様が所属している組織と、その側近ノームこそが養父母を「懲戒請求」に応じてトカゲのしっぽ切りした「恥じるべき裏切り者」だった。
その記憶を思い出すこと無くノインシュタットのキールの家で旦那様のために働く。
戦乱が起きたことにより、キールはセインガルド王国側で出征してしまう。
キールは戦争でも功績を挙げた偉人となる。
キールの留守中に、ノインシュタットがファンダリア革命派に占領される。
 
蛇足
レジスタンス活動をセインガルド王国に依頼され、ある程度活動していた。しかし、ノインシュタット内部で狭間の内戦が激化。国を三分するような戦いの結果、ノインシュタットの狭間は両国の引き揚げにあう。
兵糧攻めに遭うのに夫は大した返事も無く、占領軍との戦いも現地に任してだけで、施設などを引き揚げていく。
それでもたまにあったときに一緒に過ごしている内に子宝を授かる。
ノインシュタットで紛争と休戦が繰り返される中、出産して暫く経った時にセレスティア側が一際激しく攻勢をかけてくる。
 
結論
結局、セインガルド王国側は狭間から奪うだけだった。最後には、セインガルド王国側の英雄スタン・エルロイが放った部隊がメシュティアリカ達を掠おうとしてくる、と認識。
地域全体がファンダリア陣営になってからのセインガルド王国は敵国。人形遣いに操られた兵などは民間人ですら虐殺しているため、交戦して部隊を退ける。
 
しかし、セインガルド王国がメシュティアリカを狙った理由は、保護目当てだった。撃退により保護作戦は打ち消し。
結果、ノインシュタット近海からの特殊な主砲による砲撃で、メシュティアリカも含めたノインシュタットは焦土と化す。赤子はとっさに結界を張って守ることに成功したが、メシュティアリカ自身は助からなかった。
その砲撃は、キールがノームを従えてセインガルド王国についたからこそ、可能だったもの。
民間人待避作戦が成功したと嘘をつかれていたため行ったことだが。実際には、敵国ファンダリア革命派側の諜報部に察知されないため待避作戦は、要人の近親者にしか行われず、しかもその失敗も通告しなかった。
キールは、嘘を教えられて、砲撃を民間人が残っている狭間に打ち込んだのだ。
 
結局、メシュティアリカは、セインガルド王国の依頼を受けたノインシュタット朝に養父母を奪われ。
記憶を失いつつ低い身分で精一杯生きるも、セインガルド王国に騙されて人生を玩ばれ。
最期は(騙された結果)「個人より国の敗北回避を採った」、セインガルド王国側の恋人に致命傷を負わされて、人生を終えた。
 
生き延びたケースの場合は、恋人の命令「を偽装した別人の指示」で埋まっていた死体を回収され、人体実験を施された結果生物兵器化。ラジコン扱いで人間扱いされなかった、という悲惨な設定がついてくる。
テイルズオブゼスティリア回想の、シアリーズよりも酷い。メシュティアリカは一度死んだ上にアンデッドにされて、また記憶喪失になってしまった。と言うオチまでつくそうだ。王子様のキールが気付かないまま死んだため、誰も救わないままほったらかしにされたそうだ。サブイベント要素らしい。
その場合のバッドエンドの最期は、同じように死体を生物兵器の材料にされた女友達と、飢餓が原因で殺し合い、共食いの結果、メシュティアリカを素材にした方が取り込まれることになるそうだ。その友達も別なアンデッドに喰われる結果となったそうだ。
 
蛇足ながら。恋人は生き残るも、セインガルド王国側の精霊に幻術をかけられ、最後までメシュティアリカの死に気付かないまま従軍し、以降の戦地ーかつてはセインガルド王国についていた、今はファンダリア革命派寄りの敵軍との交戦において戦死、自爆までした可能性がある。
 
赤子ーメシュティアリカの娘は養父が実子と共に養育し、セインガルド王国かもう片方の国の要人に育ったそうだ。
 
二次創作だから想像なのだが、黒歴史はこのはずである。
 
 
メシュティアリカの娘や、養父母がこのメシュティアリカの顛末を知ったら、やはり世界に制裁を望むのだろうか。
 
 
ついでに、
更なる不幸バージョンではセインガルド王国側が負けることで、義兄妹はファンダリア革命政府に捕まる。そして人体実験に供された兄妹は研究打ち切りにより廃棄が確定。しかし、輸送中に事故が起き、ユメルストーリーのように遭難した結果、敗戦国セインガルド王国の地でファンダリア側に弾圧されるセインガルド王国人類擁護のために、生涯を捧げていく。
 
シナリオだったのだが、取り敢えずセインガルド王国側ではそこまでの大被害は無く終戦に到ることが出来た。
 
あるいは、セシル➡ゼロス・カーティスととセレス・カーティス兄妹として。
兄はその時の敗戦国側の軍で登り詰め、
妹はスターオーシャン2のように高位貴族と結婚し、魔術師としても世界的な実力者として実績を上げる、だろうか。
 
 
追記
 ダリスのサイリル蜂起、敗戦負債の債務相続で不幸になったのがメシュティアリカ等。
メシュティアリカの親は、始めに剣の腕があったから眼をつけられて。口車に乗せられて担ぎ上げられた。本人達は世の中を良くしたいと人生を捧げたのに、騙した本人達の都合に裏切られて敗戦。
メシュティアリカ本人の場合、借金ゆえの身請け元に汚れ仕事をさせられる。夫との出逢いすらそれが理由で、その事情が発覚。遺恨から復讐されないために→更に他国とはいえ王国の反乱首謀者は上流階級に不都合で、他国の王族遺族も身近におり、借金額も一族資産を傾ける規模のものなので、夫の臣下には爆弾でしかない。
夫の周囲に、夫と引き裂かれた挙げ句、病気になっても治療されず死去。しかし残った債務の自力返済のために、死後も生体実験のバイトをさせられて、債務が消えたことを誤魔化され、擬似的蘇生をしたゾンビとして債権者に働かされている。
死の商人兼御用銀行家、組織に利用され尽くして。シンデレラとして嫁いでからもゴールでなかった、裏切り被害人生。
周囲に引き裂かれてからは、自分がアッシュ、代役がルークに見えて人魚姫を気取りたくて仕方がない。