考察 テイルズオブヴェスペリア エルシフルについての各種不幸

テイルズオブヴェスペリア エルシフルについての各種不幸

因果の巡り合わせも何も、エルシフルが死んだのは種族の壁が関係ないこと。
あくまでヴァルキリープロファイルのロレンタの身内のような老人が悪徳政治家と無能な上官で、取引先や組織の下部に、自分達が犯した不正や失態を濡れ衣として着せ、スケープゴートやしっぽ切りに利用していた。
しっぽ切りに巻き込まれる形で、エルシフルはロレンタのように死んだ。キュモールやラゴウみたいなタイプが、エルシフルが人間側としてつきあった連中だったのである。
ジアビスのアリエッタとアニスは、アリエッタの方が無茶苦茶だが。アニスより強い立場で、私欲のために背任した奴らは、確かに正規キャストのアニスの身内なのだ。
種族の違い関係なく、人類はもとより国家の命令系統を無視した最高意思の外の私情で、異種族の善人が死んだ、それだけである。
テイルズオブレジェンディアを見て、ウィル・レイヤードとハリエットのやりとりは、そんなところである。
と言うか、ハリエットの身内をヒアデスやドア総督とかと思っている、節がある気がする。またはミクトランが、セネル➡ウィルのイメージか。どうも、ハリエットの親戚や家来に悪徳政治家や横領犯がいて、悪評をウィルに押しつけている可能性がある気がする。ハリエットは不幸属性を、味方の顔をしている縁者に押しつけられていそう。ヴァルキリープロファイルのセリアを見ていれば、ぬるそうと思われても仕方ないが。

ヴェスペリアの精霊達はもう少し事態に精通するべきである。主人公達一味は、最低でもアイフリードとジュディスが犯罪者で、シュヴァーンに関しては、これまでアレクセイが犯してきた犯罪の共犯嫌疑かかけられており、お姫様まで危ない。帝国の中立、反アレクセイ派が自分達の不正を濡れ衣として擦り付けるためにも、アレクセイ派の実情を詳細に把握するシュヴァーンは、暗殺してでも闇に葬りたい人間である。
至急の任務を放って、独断の個人行動を取っているフレンも組織の意思決定の外なため、主人公達ギルド一味が何をしようと、精霊達への約束とならない。事件が終わった後の恩赦や手配取り消し、禁漁指定がつくとも約束してない。最低でも、大戦期に軍事行動以外でしたことについては、仇討ちされても文句を言えない。
静観、は中立であって、約束した時と状況が変わったときに、静観を破るかは人類の裁量である。そもそも中立宣言を守るために大数を危険に晒せるほどの取引関係に無い。

フォン・ファブレ家については、奥義書だけで無く、ルーク用の装備まで着服、横領している可能性がある。