テイルズオブジアビス ホド島崩落考察 エネルギー切れ ホド島については、ヴァンが問題だったのでなく、ヴァンが使った装置がエネルギーを食い過ぎたという事故だった。

テイルズオブジアビス ホド島崩落考察 エネルギー切れ
超振動兵器を、防衛側の大国が用いて崩落を為した、と言った。
実際には違うだろう。
テイルズオブファンタジアで答えを見せてもらった。
あの兵器は、現地の音素を大量に使う。
恐らく、パッセージリングに本来流れる音素まで消費してしまい、電力不足でパッセージリングの出力が低下したこと、が原因で柱の維持が難しくなったのだろう。
結局この世界のエネルギーは、地熱が大切だから、現地の地熱を使い続ければ、パッセージリングまで止まる。
ヴァルキリープロファイル設定では時間系の力も登場するため、パッセージリングを老朽化させ続けて壊すのも手段だが、その手段をとれば他所のリングにも影響が出る。

焦土戦のため、というが、エネルギーを吸い上げる手段さえあれば、この世界における世界沈没は難しくなかったのだ。

スターオーシャン2のソーサリーグローブも、超強い妨害電波装置なのに、エネルギーを地熱から抜きすぎで、大問題に繋げてしまっていた。
戦争は資源消費の最たるものだということだ。

ホド島については、ヴァンが問題だったのでなく、ヴァンが使った装置がエネルギーを食い過ぎたという事故だった。