テイルズオブベルセリア 副長聖隷アイゼンの理由。 死神の呪い。 ベルセリアのウキウ樹はマヒルーモアナを見ると別なサウスガンド出身聖隷集団のものだったのだろう。しかし、転用したいもの聖寮一味がモアナ達旧住民を追い出して新入植者聖隷に渡したため、 旧住民の怨恨からアンドヴァリの呪い相当のギミックが設定された。 ホーンテッドウッドのホーンテッドマンションで、お化け同士で立ち退きポルターガイストやっているらしい。海賊相手に残留思念が地揚げ報復か。


アイゼンの理由。
死神の呪い。確かにアイゼン自身の力であるが、裏目を向くのはアイゼン自身のせいではない。器の船の都合だ。器の船の部品の都合だ。

ウキウ樹は、サウスガンドのものだったのに、ケルトの歴史のように戦勝国である大国ミッドガンドに接収された。

サウスガンドの反感を抱いているものとしては、ミッドガンドの将軍に復讐するための呪いの品であって欲しかった。アンドヴァリの呪いのように。

と言うより、ヴァルキリープロファイル、カミール村の「開門禁止」の場所は敗戦国ディパン系列由来のものだったのだろう。

故に、ドイツ系名物「アンドヴァリの呪い」がかかってしまい、正統所有者以外に牙を剥くようになってしまった。略奪されても心は祖国ディパンのもの、という感じで。
滅亡した祖国以外は、略奪された後も敵国なので、盗人への制裁として攻撃する。召喚アイテム。

はっきり言って、「扉」相当の召喚アイテムの由来などのせいで、亡国の敵を攻撃させられる召喚獣は迷惑極まりない。
自殺攻撃を使用者に下す、ミミックーリビングイミテーター召喚士みたいなものだ。

テイルズオブゼスティリアのサイモンはそんな感じがある。多分、代替わりした召喚獣は亡国からの略奪品と言うことに関心が無いのだろう。
多分、代替わりした召喚獣は、亡国への操など無い。

サイモンがアイゼンの立場ならば辛いだろう。大体主ってーそれこそ導師の剣の所有者なのではないか?ミミック導師の剣所有者が生き延びているだけで。
本当にヘルダルフか?

うーん、更に言えば、ベルセリアのウキウ樹はマヒルーモアナを見ると別なサウスガンド出身聖隷集団のものだったのだろう。しかし、転用したいもの聖寮一味がモアナ達旧住民を追い出して新入植者聖隷に渡したため、
旧住民の怨恨からアンドヴァリの呪い相当のギミックが設定された。

結局はアイゼンは新入植者聖隷の立場のため、その力が呪いに転換されるようになったのだろう。
船の場合は、船材の所有者である船長が、アンドヴァリの呪いの被害者となる。
立ち退きリストラされた旧住民の怨恨から、アイゼンはポルターガイストのように呪いに襲われてばかりいる。船の船材から新入植者を追い出すことが旧住民の願いなのだろう。

筋を通して言語化すれば、アイフリード一派であれば相談に応じるだろうに悲しい話だ。
ホーンテッドウッドのホーンテッドマンションで、お化け同士で立ち退きポルターガイストやっているらしい。海賊相手に残留思念が地揚げ報復か。

超驚きの設定だ。ゲームクリエーター達は素晴らしい。
モアナ達の怨みは、意外とベルベット・クラウの喰魔が入植者役なのかもしれない。