テイルズシリーズ されど罪人は竜と踊るオススメ。 デスティニー イレーヌとバルク


軍事衝突する二大勢力についての話が、
デスティニーを挟んだファンタジア、エターニアである。

デスティニーの市民抵抗勢力目線とは逆に。
戦端を拓く国の、イレーヌとその将軍目線がエターニアのインフェリアである。エターニアのレイスがダオス。上司イレーヌのサブシナリオに騙された口。

攻め込まれる国の目線がファンタジア過去編。エルフとあいふりーどは、防衛側。
クレス相当のものは、実際はハムレットのように乱心している、から幽霊が見える。
デスティニーが、なにもしない、で順当に行くと、グレバムがバルクを殺すルートもあるようだ。それがエターニア
デスティニーの女戦士と夫の隊長ルートがそんな感じ。