愉快な身分違いの恋 蒼の派閥総帥の昔話。

キール×アカネ

→「カーマイン→クレイメン」
愉快な身分違いの恋 蒼の派閥総帥の昔話。
サモンナイト3の忘れられた島。その島を作りかけたのはハイネルと言う一人の召喚師だった。
温泉好き、三馬鹿の一人。
末路と本編の悲劇性からかけ離れた人格の持ち主だったらしい。
省略すると、
キール、護衛獣向きリィンバウム召喚師×アカネ、シルターン系天狗娘
の子孫である。
→ハイネル。アカネ似の性格でギブソン似の外見。
→ファリエル。キールやイスラの本来の性格、ルシアンタイプで。ラミのようなアカネ似の顔。

アカネの子孫がファリエルだと考えると愉快に感じる。

ファリエルも、生前からそれなりに重い裏設定を背負っていて、故に、兄は無色に逃げざるを得なかったのだろう。
いや、伏線回収して死のうよ。
恐らく、「あの子が私を姉さんと呼ぶのは」と言うフレーズとゲック・ドワイトを考えると。リィンバウム産人造ベイガー試験体、とかそんなとこで無いだろうか。

フィリップ・クレイメンも血縁だと考えると。
ドラウニー、クレイメンの大人達は、獣道系の癖に強化兵技術を研究していたらしい。
だから、サモンナイト2のクレスメントと召喚兵器の復活を恐れるし。
身内と、身内兼被験体の脱走の過去があったから。生存するための薬、生殺与奪を握って縛ろうとする。
エクスのフィリップに対する「彼を止めろ。どんな手を使っても構わない。」と言う命令の経緯も、内縁の妻の末裔、と言う血縁年長者故か。
劇中のスペックを見る限り、フィリップを優遇しすぎである。
同等の特約、悪魔の助力さえあれば。決戦時のイスラ位かその一つ下になれないと駄目な子だろう。

うん、
サモンナイト2の脇役犯罪者達。
アゴラ→バノッサ?

ジャキーニ→エド
カラウス→ガゼル
原点のフィリップ→アカネ
と言うスラムメンバーの大人召喚師版デッドコピーだろう。
ユエルも顔はクラレット似だ。中身フィズっぽいけど。