歴史の真実 サモンナイトメモa

竜の子を渡さない、雪を無視して、包囲を抜ける。
包囲の外の別な場所で姿を見せ、街ー里の戦略価値を下げる。

戦略価値を下げるため、ポムニットのように、襲った街人が返り討ちに遭ったように見せ、反撃で町を破壊しようとして未遂に終わり、逃げた。演技をした。つまりクラフト1。

サモンナイトの真実。
ギアンの父は、クラストフ家が召喚したものでは無い。
無色の派閥を探る蒼の派閥の、総帥直下の召喚獣潜入工作員
クラストフ家自体への興味では無く。オルドレイク一派など無色全体がロストテクノロジー追求に着手したため、ロストテクノロジー情報漏洩がどこからか調べるために来た。
調律者マグナ回収もロストテクノロジー略奪防止。

結果、ロストテクノロジーはリィンバウム内部で無く、シルターンで伝承された者が、自分の交渉相手である出先機関ー紅き手袋に情報を媒介させたため。

シルターンの野のもの大名の類いが。
自国での軍事行動と反政府技術集団制圧を目指すためサイボーグコマンダー、レンジャー、アサシンを求めた。
その被害者からの戦利品伝承技術を新王国などに渡して。ウィンウィンな技術取引を行っているそうだ。
キルスレスは2本の魔剣の贋作だが。
資料を基に手がけたのは本職のシルターン御用名工である。


ハイネルの時点で。
シルターン側が握るリィンバウムの技術のアセンブル作業依頼を行っており。

紅き手袋側に来ていた別な内通者が発覚したため。
計画一時凍結、機密抹消命令が来たため。
何が重要だったか隠すため。隠し場所の島全域の完全破壊を命じたところ、噛みつかれた。亡霊召喚獣の姿、改造が答えだが。アルディラにも召喚兵器生体プロテクトを応用した、精神改変を行っていたため。被験者アルディラごとの破棄を防ぐために、
島を護りたい一派を騙して主導した。