#5.5逆説キャッチコピー「され竜」二十巻で、サモンナイト1と2の歴史を数日で。ハンドアウト

ダズト政権→サモンナイト1。サイジェント政府崩壊と、領土を失うまでの軌跡。

(選挙時の学生執行部不祥事→?サモンナイト4召喚獣牧場蜂起やレルム村惨劇→3巻ペングラート強襲 強いて言えば、サモンナイトユークロス等で語られる、皇帝親征とその事後。表面の現象は

学生運動執行部私刑の、不祥事時の熱狂は。潜伏する姿が見えない工作員にショーアップされたものとも見なせる。重要なのは携帯端末内の踏み台ボットマルウェア→それが、イエッガの魔剣のように血刀化している。「3-4巻 憂国騎士団とベヘリガの現地出先機関化、のように。」

内実は、傀儡士とスパイによる。ダズレクとベギンレイムの尻尾事件に近い。 右手と左手によるショーアップ)

聖ハウラン政教一致体制→サモンナイト2デグレア成立への軌跡

聖ハウラン政教一致体制後の、学生と軍人の僧侶強権体制への蜂起→「本来の、浅井ラボ世界における対立群雄割拠図。パンハイマとランゴルキンが険悪ながらも、外部の神聖イージェスを対岸にして、いがみ合っていることに代表される地獄絵図。下に裏社会十一人体制などが入ってくる。

→レメディウス事件、ウムルン事情の過渡期における戦間期へ。

ベヨトルと宙界の瞳が関わらない本来のあるべき姿。」

ベヨトルと三司教、秘密研究施設粛正→果てしなく矮小化した気がするがーサモンナイト2。メルギトスによるデグレ評議会終焉前後の軌跡

 (ベヨトルがいなければ、「亜人は相変わらずお互いに仲が悪いな」状況になっていた。奴隷貿易時代のアフリカ部族抗争傀儡劇、の歴史経過。を学生、僧侶、軍人。後は市民と議員でやるところだった。)

二十巻末尾で語られる。短期決戦過ぎた弊害、説の詳細。寧ろ、怨恨が溜まらない冗談みたいな結果となった。読者に対する救いもある。外部から突発的に来た死因による、大量死ということで。「レメディウス編、ベギンレイム編、ハオル編のような通敵と多重スパイによる同士討ち」→スパイとスパイの情報が敵か味方か、罠かチャンスか分からなくなる「神経衰弱の地獄が3日前後で終わった。疑心暗鬼による傀儡劇の悲惨さから解放してもらえた。」

スパイと、造反したスパイ潜伏疑惑による「他人を信じ合えないことによる人生の悲劇」をショートカット出来た快刀乱麻さがある。ハオルの時よりは後味がマイルドで物語的にクリアである。

 

何故なら、ベヨトルと宙界の瞳のファンタジー無しの死は→本来その後に起こるだろうことは、自殺行為の粛正と勇者の絶望。真面目な闘士が使い潰される悲劇。3-4ピエゾ編の武力に乏しいものによる傾国と売国、組織の三分割である。三旗会を見ている気分だ。

 

いずれにせよ、分析と洗練、要約を繰り返すことで。あの長い物語をここまで綺麗に括ることが出来るのか、と言う感動がある。

 

 ガーノゥとベヨトルが、サモンナイト12におけるらすぼすポジション、と言うことで。超ざっくりと因果関係を括っている。