力作回想 加筆#99宙界の瞳とはーギアンの本当の祖父と祖母の物語。後宮と帳簿のキャッチコピー。寵愛序列は競売出来る? されど罪人は龍と踊る「真実を知らないものに魅了能力を欲され。競馬屋が流布された捏造された欺瞞由緒が、脅威達を虚仮にして魅力を放ち続ける、目眩ましアイテム。換金作物で利得をもたらすための、欺瞞が真実の価値をなくしても世を動かし死者を出し続ける」

サモンナイト4において、メイトルパー自然系の獣人や妖精の愛護を謳う反政府組織を結成した傑物→ギアン・クラストフ。もしその祖父もまた、大きな物語を越えた、偉大な実力者であったら?(私の妄想キャッチコピーで言えば、そういう理由でガユスが主人公だと思う )
 
#99宙界の瞳ーギアンの祖父の物語。後宮と帳簿のキャッチコピー。寵愛序列は競売出来る? されど罪人は龍と踊る
 
 
「宙界の瞳」。あるいは、その名付けすら競売屋による欺瞞かもしれない。
 
真実ー高次元異世界と取引した、数法系関連だろう存在が。統率者だった組織における、会計・監査部門幹部に与えられる身分証
(→継承方法→所有者を死で空位にするだけでなく、そいつに、希望者を会計・監査役として後継者任命させれば移譲可能、なはず)
二十巻で確定された移動不能説は、十四巻プロローグが否定する。恐らくは、ジニグレスの同類が、皇帝の使者だった男の来世だ。そりゃ見たくないしか変わりたくない。
欺瞞
・富を統べた王者のちょうきに送られたもの→国政をろうだんした欺瞞をかけられたその美女は、知性→会計能力においても妬んだ相手を上回り、なおかつ任命者に信頼されていた。アスエリオのちょうきの話に近い。
 
しかし、真実を知らない欺瞞を信じこんだ懸賞依頼者が。価値をかけた。そいつがらみが世界に価値をかけた。
 
「宙界の瞳予想ー」記事より
 
宙界の瞳とは。いわく、
査問官ー外部会計監査役の任命証である。悲劇の根源が、二十巻のような会計不正疑惑などに起源するのであれば、悲劇の展開コントロール可能な任命証は有益である。

宙界の瞳とは、いわく。不景気と貧富格差拡大と政情不安に苦しむ地域における、ピラミッド建設公共事業のような物である。実際には金持ちは満ち足りて需要が無いが、金が回らない貯蓄準備率が高すぎる地域情勢には責任を感じ。本当は欲してない品に懸賞をかけて資産流動性を地域にもたらしたくて、宙界の瞳を追うための人とーその人を支える闇医者と装備職人、装備商人、情報屋、葬儀屋、訓練教育者へ金を得るチャンスを与えたのでは無いか。社会主義のようにインセンティブが無くては、懸賞金をかけた本人が貧困層を扶養することになり、景気回復に繋がらなくなる。
「無駄無駄ぷーなことに金をかけることが、貴人の義務なのだ。」資本主義における、エンジェル出資者の秘訣の一つだろう。

x-宙界の瞳とはいわく、古代商取引市場の詐欺にもとづく欺瞞の品である。人では無く、土地鉱物利権証書でおる。しかし、カンダールのように、人がいない地下まで大災害のような個人がえぐり取ったため、証書は紙切れとなった。カンザールの大穴事件で消えた炭鉱業のように。未だ価値が無くなったことがばれていない、ウムルンの石油油田ー枯渇して、なお借り換えを繰り返し、国債の価値を延命させている欺瞞のように。
または、ゴゴール襲撃に際し自損した、農作物食料品の穀倉地帯の。土地権利書か先払いの先物取引所のように。
二十巻のダズトのような存在は、親族の租税回避地口座に金を集めて、それを狙う商戦に挑もうとしリークされ。そして、それ以前からの理由の、繰り越し黒字でなく繰り越し赤字であり、福利計算の借金を他人にして、膨らませないよう必死で隠しとおし続けている→債務不履行可能性の守秘「大金を出して紙切れをつかまされた」と言う政治家生命と政権生命に関わる急所を生み出してしまったため、粉飾決算以下の実情で国政運営に挑み。そして敗れた。
「ダズト」に該当するものは正しくなくとも、不可抗力以外は間違っていなかった。だからこそロマンが産まれる。

y-宙界の瞳とは。いわくxを踏まえた悲劇で大切な人を失った(廷臣や近衛が虐殺された事件)、ヘロデルやリゼリアによる復讐のための、残酷なデコイである。xを知るものは価値が無いのを知っているが。しかし、空のギフトボックスを狙う争いで仇が動物牧場悲劇に陥っていくのを、仇が死滅するまで続けるために。積極的にxを隠蔽するようにしている。

いわく宙界の瞳とは、処刑された、御子とされる存在ですら正体を知らなかった代物。だって、十五巻プロローグについては、要人とされる中心警護対象でないものが処刑されたのだから。
処刑を命じたアザート帝は、思想犯を殺した、と冤罪処刑を捏造してなお。事実に相違して呪いにより不幸になった、ことにされているようだ。いずれにせよ、その影武者は直接は指輪を嵌めてない。指輪を嵌め無くて済む、片腕が泣く義手を用いている人間を選んで、影武者に任命したのだろう。本来の肉体の先に嵌めた、義手に嵌めているならば、ピンセットなどで指輪をつまんでいるのと変わらない。死ななくても委譲可能。アラヤ王女を見てトゥクロード医師が感じた、違和感はそういうことだろう。
恐らく、十二使徒の誰か。「十一人の使徒も無駄なことをしている」。イェフダルを破門扱いとして、一人抜いたのでは無く。使徒の内の一人が発言者だから師に化けた振りをしてもそう言う。いずれにせよ、近代法として、冤罪で替え玉を処刑したことをアザート帝司法が認めないのであれば。本物の御子を処刑することは不可能となる。宙界の瞳の呪いは、近代法の二度処罰されることを禁じるー「尾を食らう蛇」由来か。

いわく宙界の瞳とは。生前の御子と十二使徒とワースリャフすらも、入手時に苦労した代物。何かのクエスト報酬として、捏造された価値で狙うよう仕向けられさんざん踊って、それでも他を出し抜いた。ワースリャフは次は踊らせる立場になりたい。
「そして何度でも」の答えは。組織から、影武者がばれずに任務を全うしたことに対する、遺族への成果報償である可能性がある。イェフダルは、師匠と思っていた相手に、スケープゴートを突き出す任務を、出頭の使者と介錯の任務、と思い込まされたのだ。「自分も覚者にあらず。輪を次へ回した」。その言葉の意味か?

いわく宙界の瞳とは。七つあるとされているが、原点は一つの筈。太陽ー恒星の、経年のスペクトル変化に応じて。クローン同士のように、年齢が別れた七人兄姉のような存在。
伝承は無いか。アザルリもどきやガユス達は聞いて回っていたが、壁画が全て。カッサスの壁画。本来は太陽の金環蝕をベースに示す存在。つまり、天文現象のような周期性が関連ある。それでバーイーモーンを使うガユスが頭をひねるのだから面白い。
「黄金の龍」「三巻ガユス講義 太陽光と植物の緑、光線エネルギーの量と質」三巻ピエゾ編でのダリオネートの役は、宙界の瞳の本来の役割だろう。世界全体から見れば小さな存在の流れを誘導、方向付けることを雪だるま式に続け、ついには黄金の龍を呼び込む。ペディオンの召喚のような、ラスボスを呼び込んだ土地をも、土地ごと飲み込むのが役割か。

「分析」
節目が七つ以上として、
短編のエリダナ編、不景気な設定の説明。特に「尾をくらう蛇」
→廃都メトレーヤーアナピヤ。狙われるヒロイン過去
→レメディウス回想、勇者の登場
→レメディウス回想、情報漏洩による捕縛 最悪の裏切り
(四巻ラストペディオン抹殺
→春先のエリダナ枢機卿事件ーヘロデルの死
→三巻 同盟大使館武官及び死者の発生
→祖国に裏切られた外国人ーレメディウス誘拐事件の憎悪)
→ピエゾ編のエリダナのダリオネート完 (サモンナイト的には、バノッサが生け贄になるまでの、サイジェント陥落完成過程)
→ラスボス・カンダールのアザルリ(サモンナイト的には、ラスボスとの勇者の戦い、オキツグの総取り。サイジェント編完)
→ルゲニアのダズトとガーノゥ(サイジェント編領主が倒れてからースニグ・レレトをサモンナイトラスボス役で)
→ペングラートーピエゾ編(サモンナイト 過程 オプテュス地域における虐殺→革命後の派閥間、革命選挙中混乱)
→内紛の連続ーザッハドの使徒編(革命選挙中混乱→戦国時代暗闘 群雄割拠と下克上時代の覇者を巡る戦い)
→祝祭編 ラスボスザッハド戦と、ウウグ・ロンナの理由 (逮捕されていた場合のダズト解放計画)。そして(革命選挙中の混乱で解放され、脱獄後に討たれていたら?)
→ルゲニア編 ハウラン教政権樹立(サモンナイト2 強権的なデグレ評議会悪政樹立→四巻ラストピエゾ崩壊宣言後の、強力な組閣→国家非常事態宣言)
→ルゲニア編 ハウラン教政権とその内部、ベヨトルの世界滅亡の夢
(→ペディオンの代わりにベヨトルが傀儡師となっての。軍事蜂起煽動
=ハオル編回想 ハルトマの乱、その中身→)
→ピエゾーピエゾ本国での未遂計画、四巻エピローグ
→音楽祭とコキューシアのハイキュルパ編(ピエゾ少将蜂起計画)と
→ルゲニアに対するネレイシア防衛とゴゴール。(戦略咒式発動)
→アヴァドーンーウムルン編
→レメディウス回想 悪夢の砂漠(かつての緑の大地に対する砂漠 アフターホロコースト)
位の順番が想定されるのだと分析される。
 
宙界の瞳。とはいわく、根元にある色は黒である。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/太陽黒点
太陽に住む神、とはカラスのこととされているかもしれない。聖ハウラン教の故事は、https://ja.m.wikipedia.org/wiki/月の兎の帝釈天と兎と猿と狐のもので。恐らくは一番重要な役を烏にとられたのだろう。
狐、は動いてないとして。猿と熊が入れ替わっている。ハイキュルパを考えると、http://www.chinjuh.mydns.jp/ohanasi/emaki/kumatora/kumatora.htmlhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/檀君朝鮮ヨモギとニンニクの故事に因むのだろう。壇君の話で重要なのは、太陽の当たらない場所で過ごす、と言うもの。
二十巻の一場面のように、日蝕黒点が重要なようだ。金環蝕、皆既蝕か?https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日食
 
宙界の瞳とはいわく、サモンナイト系では特にサモンナイト4で触れられる魔獣侵食が重要なキーワードのようだ。サプレスとメイトルパが戦った、「龍」は封印を扱ったことを考えると。メイトルパ系の高位召喚師が、結界を張った土地の、管理者の印が宙界の瞳だろう。門を閉じる品は門を開けるためにも使える。
結界を張った土地の、管理体制が親族経営型の株主会議形式になっているのでないか。その事を踏まえると、宙界の瞳の総数は奇数。偶数なら、キャスティングボードがあるはず
 
宙界の瞳とはいわく、素材はともかく、贋作である。オリジナルとなった伝承の品を追うものを、自分のシナリオの臨時スタッフ戦力として使いたいものによる、誤誘導用アイテムである。二十巻で、ガユスたちが革命派咒式師達と共にガーノゥを追ったように。
本来の設定は、十六巻プロローグ、
「東の空に光点が見えー赤だった」「さらに光点は現れ七つの、七色の光輪となり」「光輪の一部に大きな光が集中し」「傾き」「流れ星とは異なり垂直に落下し始めた」「小さくなりつつ、地表に炸裂した」
この伝承に基づくものだと考えられる。二十巻の、「シンジラ山に神の住まう太陽が墜ちた」と言う端的な表現が正解のはずだ。まるで、UFO に乗ったエイリアン襲来説である。
エイリアン襲来説の場合、目的が相反するタイプのグループの各派を動かせる→「四巻の、相対するペディオンとダリオネートの、誘導で動く盤上の手駒のように」。かつて現れた強力な旅人がいる。
→捕まえるか交渉して、自分の勢力の頼みごとを聞いてもらいたい一派「ペディオン」
→そんなものの出現は、今の世界と国際関係を壊す、軍事衝突の引き金となるので潰したい一派。「ダリオネート」
 
 
理由ー何より、二十巻の設定における
カッサスの壁画発見は六年前の夏。
胎門の発見も五年前。
カッサスの壁画の更に下が見つかったのは、六年前から、更に研究に二年、観光地化されてから三年たった一年前のこと。龍の鱗の年代に対して最近過ぎる。「サモンナイトにおける、オプテュス地域虐殺、サイジェント陥落」は指輪の歴史の中でも、始まりから二、三番目か、ラストの大きな節目のはず。ルゲニアのダズト政権が落ちることを、高い角度で知ってた、予言に沿って動けたものが。装置として仕組んだ?案外、ハウラン教会内の歴史捏造希望者ー指輪入手前の三司教かもしれない。
学派や宗派の権威付けに役立つー歴史の証拠を手に入れた、と捏造するために贋作を置きに行ったら、素晴らしいことに外部から別なそれっぽいものが持ち込まれていたのを発見したので。秘密裏に回収、研究に取り組み出した。
そんな真相ではないか。
(更に言えば宙界の瞳。のルゲニア政権陥落一つ前の節目は、三司教及び、恐らくはハウラン教の謀略工作開始時期だと考えられる。一巻の聖地アルソーク紛争が答えか。
起源・本当は自分の都合で地域防衛戦(ハウラン教による政教樹立後の対外宗教戦争参加と、勝利。別な目的は、対外負債の償却のための戦争特需景気創出)をやりたいものがいるが、自分の戦力ではできない。なので外部から応援を招きたいが、普通にお金で雇い続けられる見込みがない。
そこで、無償で応援に来てもらうためにーその地域の宗教に関わる遺跡の管理者として、遺跡を守りたい人を応援に呼び込みたい。しかし、そんな都合の良い遺跡が地元に無い。なので元からあったことに出来る贋作を最近に作って、無関係な第三者に発見させた。
管理権限を、ルゲニア政府からハウラン教教会に移すためにも、ルゲニアの政権をハウラン教会に移し、政教一致国家にする必要があった。
「遺跡があるから信仰者が応援に来る、ではなく。真実は 信仰者を戦争の応援に招くために、信仰者に大切な遺跡の偽物を作った。」逆説の動機ではないか)
 

いわく宙界の瞳とは。十五巻序章のアザルリもどきは、底辺の労働者など不当に搾取されている存在にもたらされる、「オカルトアイテム」として宙界の瞳➡運命の輪を求めていた。「王侯貴族達の玩具では無いのだ」とは、「運命の女神との」契約者に誠実に成果を出すものに相応しいからか?いずれにせよ、本来の価値を知らず欺瞞を信じている。
オカルトアイテムの思想としては、平家の栄枯盛衰、日は昇り、頂点を極めて沈む。
次に日が昇るべきは、ソビエトのような機会無き労働者達とそのリーダーであるべきだ、と。ようはピエゾ編のベヘリガ思想だ。七英雄関係者本人か?

いわく、サイジェントにおける装置、ちみの宝珠同様召喚装置である。三、四巻ピエゾ編でのモルディーンの達観は、サモンナイト1の筋を知り、東方外交など常に手筋を模索しているものだから。
サモンナイト1のバノッサの行動→虐殺を知っているものなら、ラスボス戦手前まで予想できるから。→バセレオ→オルドレイク役。ピエゾ→ソビエト→サイジェント中心がでアキュートだと仮定したときの呼称。ポレネイ人がリプレのフラット系。ピエゾ人がアキュート系。ペングラートがオプテュス系。
ピエゾ編は、リィンバウム→後アブソリエルの戦争呼応準備に見える。
四巻ラストの少将と副官のやり取り。あの副官のように、サイジェント領主は死んだ気がする?「自分は汚名を被ろうとも、危機に際し、国を揺るがせたりはしない」→本来は伴侶に告げたもの。

いわく、宙界の瞳とは。ペディオンのようなものが、本当は興味ないが裏切りの理由に設定した偽りの狙い、ではないか。本当は忠犬で。主の「これまでのことは暴走、自主的野望と言うことにしてほしい」その無言の意図を汲んで。その通り、本来の任命を自身のための作戦に変え、そして敢えて「不確実にすぎ、婉曲的」「四重に屈折」と言う、奇跡が起こらなければ自死するかも、な計画に変えた。つまり、サイコロので目に頼るような、敗北の可能性がランダムに付きまとうものに変えた。確実な手はもっとあったのに。
恐らくは、四巻ラストで明かされる、バッハルバ以外の国、の本命のわたり、とは後アブソリエル国。こっちのリィンバウムは、初手だけ打って後はなりゆきに任せる、元凶で戦争好きなくせに、得がなければ無責任な国のようだ。
モルディーンが三巻序盤で封殺したから、出先に任せきりになったとはいえ、本国と潜入工作員のレベルに格差ありすぎる。
または、本来の霜の手対憂国騎士団対立を、調停できるコントローラーを、潰すことで。二巻ラストの、ウムルン内戦長期化に対する禿げ鷹戦術にブレーキがかからないようにする狙いか。
 
宙界の瞳とはいわく、宙界の瞳、とは中間者の黒点→金融ブラックホールブラックボックスである違法中間者である。

http://www.dream-think.com/data/c410.htm

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/タックス・ヘイヴン

しかし、それではハオル編のアラヤ王女だけで謎が解けてしまう。まだ何かある。

 

恐らくはサモンナイト4における、軍団内の、カサスを指導者と見た際の。レンドラー、ゲック・ドワイト、クラウレをロンメル、ダンクン、クレウ→狐と熊と烏に当て嵌めた見立。かな。

 

闇金融に預けた金を回収する鍵、だけではクラウンジュエルとしては弱い。現金で無いか、有価証券に、何かしらの要求権に繋がる内容のものが入っているのではないか。アブソリエル帝国正統との縁談相手決定委任状、とか。後見人指名権、等。

って、六巻 迷い路のニーニアに無理強いする側か。その相手が、世界の趨勢を左右するー異世界の門や遺跡の起動権を持っていれば、確かに踊る夜が狙うのが頷ける。

 

雨に濡られて、を考えると。黄金と泥の畔の事態を回避するための。株式持ち合いに関わる、裏切り防止のための品とも思える?ならば、強大なアブソリエル帝国中枢に対抗するための、多種族勢力内の、異種族との契約を人質交換のように持っていた、のか?人質交換だとするなら、種族ごとに一体、だと強弱から、当たり外れが格差化すると考える。

 

四巻のピエゾ編が答えでなくてもそれに近いものなら。

サモンナイトの旧王国の動き→氷雪の不作の地で、豊穣の天使や炎の精霊を求める」からすると。箱庭のプランテーション無いの環境改編、環境維持に役立つ何かとの契約委任状が。アブソリエル帝国滅亡時に残されたのではないか。

 私の予想は、「温度・光量維持」「サモンナイト4 慈雨の大奇跡」を起こせるような何か。それさえあれば、二巻ウムルンのような不毛の地を緑で満たせる。

いや、侵略者達がそこまでアホなプレイヤーたちとは思わないが。異民族に破れるアホ達には宝だろう。飢餓の話もあったし。
 
宙界の瞳とはいわく、アブソリエル帝国正統の再興のための遺産である。フェアリーとオベロン、ヘレネ、服部。そのような名前のものに、本来のストーリーがある。
四巻ラストペディオン抹殺
→春先のエリダナ枢機卿事件ーヘロデルの死
→三巻 同盟大使館武官及び死者の発生
→祖国に裏切られた外国人ーレメディウス誘拐事件の憎悪
→生き延びた黒幕ー名前を変え、別な戸籍で再登場→フロズウェル登場と七門一角へ
 
ヒロインを加えると
→台頭 ハオル編 二人の回想へ
→ハオル編 ハイキュルパの母の家庭環境と家族の死
→祝祭編の地獄+使徒 メトレーヤ実験回想 
(→ヒロインがパートナーに救出されないルート→リゼリアの復讐
 
(→ヒロインがパートナーに救出されるルート→
→ハオル編 再開
→ハオル編 船上 ヒロインが襲撃される
→ハオル編 一旦は死んだヒロインの、未来の子供によるヒロイン蘇生?
」が本来の形なのか?