社会主義国家革命 現地出先の投資劇 サモンナイト1状況推理


都市サイジェントを舞台にした物語。側近の裕福な奸臣である召喚士の言いくるめられ、欲に目が眩んだ領主が住民の待遇を考えず営利主義の悪政を敷いている都市が舞台の物語。
しかし、クラフトソード物語 はじまりの石
を元に、領主をアンドヴァリ→ベルヴォレン、レシィなどがしていると考えると
反乱ばかり起こされている領主に物事を決裁する力はない。

ラムダが騎士団長の時の反乱で、主要利権を政府中央に取られた。

ラムダにも思想的な大義名分を果たす意図がある。しかし、そのことを知らない領主の目から見れば、悪人であるラムダを証すると
「空のギフトボックスを巡って、逆臣になるのを厭わぬ反乱を起こし、蓋を開けた後に。贋金だったことを知り、誰も好意を向けてくれなくなる悪化の一途を辿り。騙して反乱に協力させた者達を脅し騙す罪を重ね続けさせる。」そんな反逆者である。

そして、領主は陰謀を知らず、「抵当をとっても一応領地を救ってくれた債権者」位だと思っている相手を極悪人とは思ってない。
悪趣味な地獄を高みの見物している者達がいるという、悪夢である。