「尾を食らう蛇の理由」「サモンナイト1 領主は如何にしてに生き延びたのか ゲオルギウス幻想」


されど罪人は竜と踊る。「尾を食らう蛇」
➡異常者猟奇殺人に共犯は少ないが間違い。
悪魔崇拝者が、儀式メソッドを共有している、が答え。

そして、冤罪被害者は「こんなことをする理由が無い。」
そのまま。

寧ろ社会変革を望む貧困層だとみる。東方、「バラド」。
フラットの因縁は深い。
不法移民と言うこともあり。被使役者達の召喚師憎悪は深い。オイレン工業の彼等は、手品のように出し入れされる、数法系召喚師が裕福で格差の元凶、革命で倒せば貧富格差が均整化される、と考えている。

結論
➡本来の狙いは、悪魔崇拝者による警察署での時限まがつしき召喚テロ。一巻のまがつしきバージョン?
魔王召喚でフォルネウスや深き物などお魚系を召喚しようとして。不発。
優しいパンハイマさんが、使い捨てにする、救いの手すら届かず。無駄に同類を死なせただけの勘違い殺人。

サモンナイト名作を信じて、バノッサ➡フィズ➡エリカ➡リプレ
に近い名の女性を置いて、食い付かれないままになった。
口と肛門が残っている➡ミミズ、
で魚を釣る気。本来の狙いはオルドレイク者関係、か。ツァマト➡ナツミの暗喩だろうし。

バンクリフ➡カリバーンはオルドレイク者の関係か。


ウムルンのように。され竜2巻最後の「竜は何度でも立ち上がる」の約束を有言実行して欲しいのだろう。レメディウスはともかく、本来の話は生け贄を肯定するものだ。ズオルーも鮫っぽい。
なお、ハオル編も同様の理由の可能性がある。
尾はミミズ➡生け贄。
蛇は釣り針、長い釣り糸。


ティエルエン条約は、竜対妖精で結ばれたものか?サモンナイト4のエニシアはミルリーフに屈伏したのか?
アーゼルもどき?