力作真相解明・要約 ヨルハ部隊はメン・イン・ブラックなのか?ニーアオートマタ 人類とアンドロイドは、本当に協力的な主従関係なのか?「不満を抱えた人類が、間引きを行ったアンドロイドに報復➡天罰を企画している」「レプリカ(ヨルハ➡ルハヨ)➡人形のモデルである人類が、ワンから見たゼロのような自裁論者だったなら?」 サブクエスト動物の看護

サブクエスト・動物の縄張り➡動物の看護。
サブクエストにしてはかなりメタな寓話である。
多分、「動物好きロボ」➡神の目線にとっては。地球上➡森全体の中で
アンドロイド達こそ「縄張り意識が強い」新参者なのだろう。
「えー 。本当にいいんですか?」
エスト受注時の反応はそんなニュアンスな気がする。「ーでも。無理はしないで」とはそこら辺からか。
 
「話は変わるが」
人類とアンドロイドが本当に協力的な主従関係、と言うのは機械達から見た歴史に過ぎない。
主従関係的には人類、アンドロイドは天、地の関係。
しかし、人類内部の格差により。あくまで(偽報などの可能性も含め、アンドロイド達が信じる限りは)コントロールする他の人類からの指示により、都合の悪い人類もアンドロイド達が殺した。
一方で、人類対アンドロイドの戦闘中に。人類がアンドロイドは、人類のコントロールから離れ自立・自意識により人類を迫害している、と勘違いしだしたら?
「(不満を抱えた人類が)コントロールを離れ間引きを行ったアンドロイドに報復➡天罰を企画している」
そういうシナリオも有り得るのでは無いか。
裏切りのヨルハの件を考えるに、脱走隊員➡人類、ダミー通信の脱走部隊隊長もどき➡人類の反ロボット主義思想家ー聖戦指導者のポジション、へ工作すれば。諸経緯の後にアンドロイドすら人類を襲う。そして人類は滅ぶ。案外、遊園地の、ニーアオートマタ版ロミオとジュリエット演目のような「一人➡一握り残すはずが全員殺してしまった」ミスだったのかもしれない。
工作したのは、ひょっとしたら「11Bの形見」のような圧迫で歪んだアンドロイドの一部でー本当に自我が芽生えて機械の反乱をやったのかもしれない。
 
本当に、人類は主従関係でコントロールしているーアンドロイドとの共存を考えていたのか?
「レプリカ(ヨルハ➡ルハヨ)➡人形のモデルである人類が、ワンから見たゼロのような自裁論者だったなら?」
ゼロがウタヒメたちへ使用としていることが天罰としていると呼べるなら。
自分が蒔いた種は自分で刈り取る、面倒を見る。と言うことで人類➡ゼロ、ウタヒメたち➡アンドロイドをコントロールする上層部=「ヨルハ計画」運用者達。
である舞台で無いか。
ヨルハ部隊➡ルハヨ➡レヒラ➡レプリ、レプリカント部隊の隠喩。
 
ひょっとしてーアンドロイドをヨルハ計画でコントロールする上層部➡現指導者層代行にとって。都合が悪いのは。
木偶人形にすり替えたはずの、本物の人類に生き残りがいて、代行に優越するヒエラルキーから権限を使って、天罰粛正を始めることなのかもしれない。
 
ヨルハ計画、そもそも「人類が絶滅した」と言うのをどう検証したかの記述が無く、本当はー人類が絶滅してないケースも検討必要があるのを無視していた。
ヨルハ計画は。ちゃんと生き残っている残存人類からのアンドロイドからの指示も、
代行である「ヨルハ計画運用者達」の偽装工作の内の一つ
と詐称、もみ消すための準備工作なのかもしれない。
 
人類がいなくなった後、
木偶人形を使って他の連中を支配している現政権➡主権者代行の傀儡政権
にとっては
主権者の子孫が表舞台に返り咲いてしまうと困るから。
ヨルハ計画で「いなくなったものが、いるように見せかけてますよ」と演出工作している訳か。
魔法使いや空想の生き物、宇宙人が人類に隠れて生きている世界観で。広告映画撮影などで偽装して、存在を隠す。プロットの応用。
ヨルハ計画運用者達なら、メンインブラックも立派にやれる。アンドロイド達の制服、黒服だし。