ドラゴンクエスト11 仲間達の相似➡ドラゴンクエスト4 配役は正規?

グレイグとマティルダ。国の英雄と、主君の娘である姫。
しかし、マティルダはその実姫らしくない。いや、ドラゴンクエスト4のキャストを考えると、勇者の仲間もお転婆で姫らしいとは思わないが。

グレイグから見たかつての姫はお転婆なだけだったそうだ。
一方でマティルダから見たグレイグは真面目で誰よりも忠誠に篤かったそうだ。

また、ネルセンがグレイグを見る目を考えると、本来、グレイグは亡国に所属しているべき、マティルダの父とは別な王に仕えているべきもののようだ。
推測される別々な国同士の、騎士と姫の恋。騎士は恋と国、主君への忠誠に引き裂かれたことだろう。素直に姫と結婚したらどちらの国が上かという話になる。しかし、マティルダの配役が本来は姫で無いなら正しい。

私には呪われたマティルダの時の、あの魔物の方が本来に近いと思える。
本来、ドラゴンクエスト4で言えば、マティルダマーニャ。グレイグがライアンに該当するのだろう。
セーニャがミネア。
ロウがブライ。
カミュの元相棒がトルネコ(不参加)。
シルビアは、不明。勇者じゃ無いならロザリーかデスピサロなのか、それともメインじゃ無い仲間か。旅芸人パノンポジションと見る。
カミュは、ドラゴンクエスト4で言うと仲間にならないはずの盗賊パゴダに近いはず、と見る。表面上。しかしー
カミュの妹、マヤのことを考えると。ドラゴンクエスト4進化の秘法ユーザー関係者と言う設定も出て来る。
マヤ➡恐らくは、進化の秘法ユーザーの中でも。バルザックエスターク、デビルプリーストなど自ら研究したクチとは異なる。あくまで研究を献上された側。
キングレオデスピサロのポジションだろうか。

セーニャ、つまり妹と一緒にいるからベロニカのポジションがドラゴンクエスト4で言えばマーニャで無いか、と一見思える。
しかしー先述の理由から、スキル構成はまるで違うが。ベロニカとマティルダ。アリーナとマーニャは配役が入れ替わっている気配がある。

なお、序盤に出て来た犬が苦手な門番兵士は傭兵スコットの設定。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ドラゴンクエストIV_導かれし者たち

港町の領主の息子が声を出せなくなったのはアリーナの父親の事情に似ていると見る。
ドラゴンクエスト11、勇者の母親はドラゴンクエスト4のシンシアの設定のようだ。モシャスが使えたかは不明だが。

どうも、芸人盗賊役と貴族王族役が世界全体で入れ替わっているような。