前記事1+今記事2 リィンバウムグランドクエスト 加筆

キーワード セルボルト家 ファリエル
それは、本来とても美しい恋詩から始まったー
ヘレネル➡ヴィナス、エビータ、ラハブ、ヘレナ、リンドブルム
 
エルゴの王以前の、歴史に埋もれた物語
ある時、貴族であり召喚士の家の一人である青年が、狩りの最中に黒髪の異国人女性を助けた。とても美しい人だった。
北欧思想を持っていた彼には、ワルキューレが地上に舞い降りてきたのかと思えた。実際のところは、サプレス系のアプサラス相応の水精霊だった。雲の上に住み、水と共に舞う有翼の踊り子であった
 
ヘレネルと名乗った彼女は、リィンバウム内の、召喚獣の国から敗走してきたそうだ。
 
聞けば、王国内で内乱が起き、国の王が討たれたのだと。自分は、薬酒作りの師匠についており、宗教施設ー修道院つきの薬草園を管理する女官の一人であった。そう身の上を語った。
 
内乱が続いており、かといって自分は、戦乱に役に立てる者でも何かしらの用事を任されているわけでも無い。
山奥にでも籠もりはぐれ召喚獣生活をする、と言う彼女を青年は引き留めた。自分の家で暮らさないか、と誘った。
その場ではヘレネルが断り野外に隠れるものの。青年はそれからもヘレネルを訪ね続けた。
遂に根負けはしたものの、かと言って彼の家で召喚獣として傅く生活も嫌だった。
 
町中に家を借りて貰い、召喚獣と言うことを隠して、薬屋として開業することにした。自分は菜園と研究室を行き来し製薬に励み、小売など接客は人間の従業員に任せた。ウィッチクラフト術使い、よりも錬金術師に近い、体系化した理論を用いて製造に当たった。
青年にこっそり見せて貰った召喚士の知識も合わせて活動したが、
その内に新薬のレシピ、既存記述を元にした応用知識や追加発見レポートを
青年に渡すようになる。結果として青年の家の秘術、レシピのレパートリーを増やすことになる。
人外から貰った植物や薬、医学の知識が発展をもたらすのは、洋の東西を問わなかったのかもしれない。
たまに二人で探検に出かけることもあり、戦闘の連携も深まっていった。
そして、いつしか愛が芽生え、歳月がその絆を強くしていった。恐らくは、青年の方が強く。
 
(その道行きはもちろん、悲恋である。古い時代のこの手の話の常のように、破局が運命づけられていたこそ、その日々は輝いていたのかもしれない。)
二人の恋は、ヘレネルが妊娠するまでになった。
しかし。真実を隠していたわけでは無いが、青年には内々の婚約者がいた。当時、貴族社会では婚約関係破約時の体面のために兄姉姉弟と偽った婚約者同士の同棲を行っていた。
 
同室では無くても、青年の場合は姉➡年上が婚約者だった。
 
ヘレネルとの交際のため、婚約の破約を考えていた青年であったが。血縁の繋がりを望む両家はその恋を許さなかった。周囲にとって青年とヘレネルは結局、異邦人との身分違いの恋であり、到底許容できなかった。
(そして、一気に運命は狂い出す。)
召喚士であった実家は青年を捕まえ、薬物催眠などを用いて。恋の相手を身分違いのヘレネルでは無く、姉であると錯認させた。
深い愛を姉に向け直す一方、ヘレネルに対する事実無根な不名誉な噂を青年に吹き込んだ。ラプンツェルのような女狐で、犯罪組織のスパイの一人であると。
薬物催眠用の薬と暗示で意図的にケンカさせ。
それでも薬が切れた後にヘレネルへの未練を募らせるので、ばれないようさらなる手を打つことにした。呼び戻すよう仕向け、時間稼ぎさせたところをはぐれ召喚獣狩りの治安部隊に捕縛させた。他ならぬ愛する青年が裏切ったかのように、ヘレネルを追い出させた。何かを憑けていたのかもしれない。
 
より徹底的な洗脳で、盲目的な愛を婚約者に向けていく青年。
以後、再びヘレネルに会っても過去を思い出せずからかってばかりだった。
 
(話は変わるが)
ヘレネルも洗脳教育専門の無色の召喚士により薬と拷問で手駒にされ、本当に犯罪結社の暗殺者として人生を送っていった。
目つきの悪さからか、取り敢えずその召喚士との悪い噂は事実で無かっただろうが。
美貌に対する醜聞は組織内を含めたやっかみであり。
本来の手口は、正体がばれないよう姿を隠した上での、飛行中の高所からの狙撃である。
狙撃による状態異常付加をもたらした上で、とどめ・ナイフの刺し直し・生死確認役の近接型召喚獣を送り込み、念入りに寝首をかかせて仕事を完遂する。
ラプンツェルマレフィセントは高い塔に住む、糸を垂らして人を移動させる、美女は指図役との二人がかり。と言う逸話に因んでいるのである。
 
(かくして、周囲の手により引き裂かれた二人の恋人達。)
一応ヘレネルの不幸の下に、両家公認の婚約者同士の恋が成立したかに見えた。
 
しかし、実は青年の愛の深さと執着は、名家にとっても計算違いであった。洗脳で記憶が残っているはずは無いのに。
神話のアガメムノンのように。自分の愛は奪われそうだ、襲撃者に連れ去られそうだ。と言う被害意識は変わらなかった。
結果として。婚約者に相応しい勇者と認められるに足る実績を重ねるために無茶を重ねていき。婚約者の側の家の資産を使い潰した。レビット系の代々の召喚獣・役に立たない家来の兵士達・内通していた盗賊一味を、
敗戦で見限り
交戦相手への生け贄・実績作りに裏切ったりもした。そうして取引した強い勢力を自分と婚約者を護るために引き入れていった。
 
(話はズレるが)
しかし、青年の婚約者もまた外部に男を作っていたが周囲に引き裂かれていた。青年が考えていた立派な人物とは別な男であった。
正直なところ、一族でも家事上手だった彼女が、何故あんな男と子を為したのかは分からない。だがそれでも、その息子は異世界の力を得て、その娘は女メインキャラの取り替え子になるほど作品世界の中で立ち位置を得て歩んでいく。
青年とも。実は血は繋がっていない年下とはいえ、戸籍上の婚約者の娘を血縁と見て家族生活をしたストーリーもあった。
(ズレた話、終わり)
 
青年のその愛は婚約者にも理解されず、拒絶を読み取ってからはウェルテル症候群染みた迷走を始める。
本当に側にいて欲しかったヘレネルを思い出せないまま、戦死による英雄を目指し、戦場の露と消えた。最期は死体を水中に消したらしい。
別な輪廻で語られず、執着のみ残った話であった。
(青年編・完)
 
執念深さを養ったヘレネルは、精霊から妖霊の側へ堕ちていった。
フォールン・プリーストで堕ちた僧侶。
 
水妖霊。ウンディーネ伝承のように、裏切りに強く拘る一族の祖となった。
自らを祀る存在には確かに祝福を与え、奉公も行ってきた。自分の子孫に対する思いも、他の、ワイスタァンの庇護者などに勝るとも劣らず持つようになったのだろう。
 
しかしー
結局、彼女はどこかで倒れることになる。
(姿を消したヘレネルは、やがて娘の前に姿を現す。)
 
 
(完全には把握されていない真実であるが。)
当時、軍隊の中で一つの思想があった。
「かつて強大な君主が統治していた国があった。
その国は、召喚術を越える力を授ける、レア能力者の主導により、
民を騙してきた真実を暴かれ、能力者の側についた維新志士の手で王権は打倒された。
レア能力者は、民のための市民政治を目指していたものの、諸事情により外国の軍部に敵視され、「世界の脅威だ」という噂に騙された強大な能力者の一団に倒された。
一団の中のリーダーもまた、軍部の一員であり、大陸統一の夢を見ていたがー。
レア能力者は二人いた。維新指導者である片割れを倒し、暴走により道連れにされようとしていた敵軍リーダーを、両方とも封印することで、事態を収拾した。
そして、人知れず姿を消した。」
 
ギアン<外部からの襲撃者<エニシア
ハイネル<シャルトス<キルスレス
フォルス<ギフト<響友
の勝敗戦績、か。
 
追記として
そのレア能力者自身も力を持つようだが、各地の大型施設の稼働と合わせることで大きな現象を起こせるようになる。
と言うことも分かっており、召喚術への応用により、召喚術の逆である、「召喚術を越える力」➡召喚術に対抗する「魔晶柱」や「送還術」、限定的な「四界のエルゴの力」に至れるのではと推測している。リンカーが送還術獲得の可能性があると、初めから常識になったままストーリーが始まったら鬼ごっこになってたね、である。
 
軍部➡オプティス➡ソヴィエトの目的としては、
「自分達は召喚士と軍部の下にいるので、そのヒエラルキーを覆すために。遺跡に封印をかけた、遺跡の使用者であるー勝ち残ったレア能力者を、争奪戦でゲットして、以前のように維新を起こす。自分達が召喚士に勝ち、ヒエラルキーの頂点に着くまで協力して貰おう。」
と言う計画である。
実際には、ソヴィエトの正体とはかつてレア能力者を襲撃した外国の軍部である。ゲドー+ゲドガンナーのようなゼロサムで奪われることアレルギーの過激派なのである。勢力分立による市場競争による市場全体の流通パイ増幅、と言う発想に欠けている。
本当は、自分たちも「自分の国と、戦争している相手国で」維新を起こしたいのである。レア能力者にとっての敵が再度、自分達の目的に使うため、殺害で無く捕獲目的にレア能力者を狙い、争奪戦を挑んできた。
敵として選ばれたものの力を誇示されると、自分たちの面目がつぶれて嫌だが。自分たちで拾って、ゼロから世間に売り出していくなら大歓迎、と言う気持ちだろう。
それは、軍部側だった一団のリーダーのリストラ、見限り通告でもあった。
(要約終わり)
話をまとめるとこういう筋である。
そして、争点になるレア能力者こそ、ヘレネルと青年の娘、になるのが本来の因果律である。
かつての強大な君主の末裔、と言うのがどうなっているかも不明であるが。
 
正式な都合によらず、軍部の争奪戦開始が起こる理由は不明だが。
 
(途中セーブ)
時に、青年とヘレネルの恋詩にとってはサブストーリでしか無い、青年の婚約者の物語であるが、それはとても数奇なものになる。
(中略)
婚約者といえど、始まりの二人は男女の幼なじみであり。結ばれはしなかったものの、その子孫達の運命は交錯し合っていく。
 
(リィンバウムにおけるグランドシナリオ、メインキャラは)
青年とヘレネルの娘である、ヴィクトリア➡ウィン、イズナ、イシュタル➡ウィネスになる。エニシア、ミニス、ネスティ、エルナディータ、ウィードより。
 
ウィネスは。捕縛部隊に連行されたヘレネルが、隙を見て逃げ出し、潜伏生活を送っていた中で、出産した娘であった。
裏切られてから初めて信じた、親切な人に匿われたヘレネルであったが、その親切な人を怪しんだ周囲によって、三人とも軟禁されてしまう。親切な人が騒ぎを起こしている間にヘレネルと子供は逃げたが。追っ手がかかる中では子供の命に関わる。
 
やむなく孤児院もやっている修道院の軒先に、ウィネスを置き、ヘレネルは別な方向に逃げた。
子供を連れていることはばれていたので、子供の召喚獣を抱えて逃げた。
ヘレネルは追っ手から逃れるため姿を変えて動くものの、結局召喚獣と言うことがばれて犯罪結社に捕まり、洗脳されて犯罪結社に所属。無色召喚士の護衛、傭兵としてキャリアを重ねていくことになる。
 
一方でヘレネルの追跡者達も、ターゲットが姿を変えて、別地方の同組織に所属し直したとは推測できなかった。
やむを得ず、替え玉を用意して上部組織召喚士達に渡すことになる。
 
 
ウィネスは、一旦は孤児院で成長したものの馴染めず、町中に抜け出しているときに、召喚術に関わる道具を拾う。
暴発による爆発で召喚士組織に素質を見いだされた。
一定の教育を受けた後、婚約者を見繕われた上で、内陸の都市の召喚士として公務に携わっていくことになる。
 
ウィネスの婚約者もまた、実は人では無く、かつてヘレネルに召喚された幼い竜が変身したものであった。竜本人の変身能力だったかは分からない。
 
人に化けた竜を保護者に、ミリアムの冒険が始まる。
 
順調に公務員生活を送っている中。
何かの事件により疫病が流行る。もう駄目かと絶望する中、ウィネスに眠っていた奇蹟の力が発現し、疫病の被害者を減らすことに貢献する。
人で無いことが明らかになるものの、兄が「召喚士である自分がいるから大丈夫。大丈夫だから側に置いている」、と場を納める。寧ろ、特別な力を持った守護者として特別視されていく。
 
サブシナリオ➡ミニスルート
ある時、兄が失踪してしまう。追跡行を繰り返す内に、兄は犯罪結社のメンバーに誘拐されたことが分かる。その時犯罪者を警護、監視していたのが、ヘレネルだった。兄は町で見かけたヘレネルが気になって、ついていく内に犯罪に巻き込まれたのだ。
命のやりとりをしている中ウィネスが優勢となるが、兄が止める。
「この人にどこかであった気がする。」他の犯罪者を捕縛した。組織にその失態を理由に制裁されそうなヘレネルを。彼女たちは身代金を払い、自分たちが用心棒に使うことにして助ける。
 
(鬱展開)
明らかに錯乱した様子の強大な召喚士が襲撃してくる。
ウィネスを捕まえて力を使わせたいようだ。
騒動の末、無力化する。
 
すると、別な強大な召喚士が復讐にやってくる。
 
実は、彼らこそ。初めの襲撃者が青年の婚約者➡幼馴染みであり。復讐者が青年、ウィネスの父親だった。
 
青年は、
「幼馴染みの彼女は、ウィネスに呪いで操られて、ウィネスの望みのために怪我をした」、と無茶苦茶なことを言って来る。(サモンナイトクラフトソード1ウレクサ、2ゲドガンナー)
 
ウィネスもまた自分を孤児だと思っているため、血縁を知らずに抗戦するしか無かった。
 
青年は、周囲同様間違っていたのだ。その周囲は悪気無く無責任な嘘っぱちを信じていた。
 
真相は、「確かに幼馴染みは。ウィネスと同種の、奇蹟の加護を受けており。幼馴染みの加護が、副作用を起こすことで宿主は暴走した。ウィネスを疑うのもある程度自然だ。神様同様、普段は優しい奴が怒って、力を逆なことに使うと恐い。」
「しかし、それは幼馴染みが関係者から貰った記念品がマジックアクセサリーであり。その属性が加護とは反対の属性の、それもその場所の環境から魔力供給を受ける類のものだった。」
と言う経緯が背景にあったのだった。
 
結果として、父娘で殺し合う呪われた関係が生まれる。
執念深く父に狙われる愛人の娘、と言う鬱な境遇になる。力を持って産まれた境界種の不幸であった。
 
(真相をより詳しく )
青年に面と向かっては言わないが、青年の周囲は「夫に捨てられた魔性の血の愛人とその娘が、正妻とその子供を呪っている」と言う愛憎劇を類推したそうだ。
 
真相は、「確かに幼馴染みはウィネスと同種の、奇蹟の加護を受けており。幼馴染みの加護が、副作用を起こすことで宿主は暴走した。」
「しかし、それは幼馴染みが関係者から貰った記念品がマジックアクセサリーであり。その属性が加護とは反対の属性の、それもその場所の環境から魔力供給を受ける類のものだった。」
と言う経緯が背景にあったのだった。
実際には、幼馴染みの場合のマジックアクセサリーは血染めの品であり。幼馴染みとその愛人の関係に由来する。幼馴染みの愛人もまた捨てられた召喚士の家の一人であり。血系に作用する、対立する種族の魔力を弾く、効力を持っていた。
結果、「異なる力を混ぜてはいけません」対局する属性が内部からアレルギーで幼馴染みを引き裂いていたのだ。
 
病魔の呪い、と言う診断を受けていた女性だったが。実際には回復と、苦痛は別々の魔術に起因する現象であり、誤診であった。
(真相をより詳しく 以上)
 
(幸運ルート)
ヘレネルは事件の中記憶を取り戻していった。記憶を取り戻すも、後ろ暗い経緯を、直感で娘だと分かるウィネスに言えず苦しんでいた。
なかなか切り出せなかったが。
ピンチの時にやむを得ず、青年に呼びかけることで周囲に発覚する。呼びかけにより青年の記憶が取り戻される。「サモンナイト3護人イベント➡幼い頃に探していたお母さんが、こんな姿で側にいてくれたなんて」
青年は、ヘレネルの言葉を素直に聞き、ウィネスを娘と認め、彼ら三人家族は和解し、他の仲間とも和解し合う。
青年の幼馴染みは、彼女の愛人の元に赴き、彼らは恋人で無く幼なじみとして仲間関係を気付いていく。
その連帯は子孫にも継がれていく。
 
(軍部について 幸運ルート)
軍部の名前はオプティス➡スオプオティオ➡ソビエトのチューフォフ。
 
レア能力者であるヘレネルとウィネスを狙い、争奪戦を展開した軍部。
幸運なルートにおいては、操り人形にしている上層が青年であったため、孤立。
 
更に、青年をミスリードした連中は、僧侶の鎮魂能力を持つウィネスを最低限取り除くことで。
遺跡機能復活と遺跡制御システム停止を図っており、遺跡自体の独走のために画策していたことが判明する。(サモンナイト3
遺跡の意思の目論見を挫き。
 
かつ青年とウィネス、その仲間達によって現地戦力は倒され、捕縛された者達の証言を召喚士組織が活用することで、国家元首と議会の下、懲戒処分となり、穏健化する。(サモンナイト2黒の旅団)