死霊の女王=?ファルゼン、ファリエル、碧の賢帝とトリスの名前の由来。


ファルゼン、ファリエル、碧の賢帝とトリスの名前の由来。
二次創作を含め、キルスレス、トリスやメルギトスのモチーフが不老不死のエリクサーに例えられることがある。
碧の賢帝がシャルトリューズ
ファルゼンがエリクサー・ヴォジュタル。
に由来するのだろう。アシュタル、アシュタロスに因んだ名前が多いのも、
エリクサー・ヴォジュタル由来か。

死霊の女王、の由来も。元々はブランデーやリキュールの女王、洋酒の女王に因んだものだったのだろう。

赤ワイン趣味で。
なお、ヴォーデンは
ル・ヴォーデンでブランデー。

それにしても、メルギトス配下のキュラーやビーニャのキャラや名前はセルボルト由来のようである。
またはフランスの
か。

カラス、で女性だとやはりこれか。
湖の古妖精にも、ニネヴェは縁があるし。

ビーニャは中身と名前が合わないキャラな気がする。
マーンはともかく、ミニスはミード➡蜂蜜種に因むと見る。
イギリスの神話のメイヴの伝承か。趣味的なものかもしれないが、とある魔術の禁書目録の第五位の名前にミードはよく似合う。
ただー今の垣根帝督の人格も、セルボルト家メンバーに近いから-。修道院由来の薬酒、ってところがモチーフなのだろう。

の人格は、地位がとれず残念だろう。

とにかく死霊の女王はリキュール、ブランデーに因む、

グレイメン家の由来はモリガンだったのかもしれない。
血まみれの服、命、戦場をモチーフにする存在か。
夢魔の女王とも言うらしいが、アヴァロン島の統治者9姉妹というのが重要だろう。
ヘイゼルが足を怪我したのもモリグー由来だろうし。
インテリビレッジの座敷童やサキュバスも同じモチーフか。キャラ違う気がするけど。

➡林檎酒の一種
にまで来た。ヴァルスド➡ファルゼナ、ファルゼン。

死霊の女王じゃなくて林檎酒の使者、なのかもしれない。