追記 指輪物語の霊界VS獣界

湾岸戦争妄想と合わせて、サモンナイトシリーズの根幹を為すのが
指輪物語チック世界観の取り替え子

サモンナイトクラフトソードで少し語られるが。リィンバウムはサプレスとシルターンから侵略を受けていた時期があった。リィンバウムはメイトルパと召喚師以外は仲良しだったらしい。
つまり本来自陣
メイトルパ獣人
悪玉サプレス悪魔らしい。

紅き手袋は、二つ目のシンテツの剣があった島の村の村社会が起源と考えるべき

秘密裏だったからか。ある時近隣の強大な同盟国に気付かれず陥落した。サモンナイトシリーズ1のように。

渦巻きによる遮断は村民に知らされず、同盟国が見捨てたと言われる。

その怨嗟の念故ー面従腹背の傘下としてデグレア➡無色の協力者になる。
一方で、片方の名前でもう片方を挑発し、衝突誘導による天下三分の計を狙い続ける。
レルム村の黒騎士のように。

紅き手袋達の爪装備は、大悪魔の戦闘スタイルにあやかったものである。

いや、ウレクサ×エクレーヌカップルが出来れば問題なかったんだけど。調査隊が帰ってきたのに、まず確認に言ったのがヴァリラ達だったせいで、配役ミス起こした。
ナップとヴァリラ、似てるし。ナップ。今はジェイドみたいな男前になるけどー是非アティーナップカップルで無いことを応援する。 
そうじゃなきゃウレクサ死んじゃう。
って、勇者気取るならウレクサが助けに来い。

エクレーヌ×ウレクサ。ライバルがヴァリラ➡アズリア。
ウレクサの行動は、姉とやらが敵陣に裏切った、または敵陣の工作員だった時に成立する。

このケースなら、村長の妻がロングスリーパーくノ一だったとか。
潜り込み剣をゲットし隠した。そして、タイミングを図ってデグレアに占領させ、教えておいた隠し場所から受け渡せばいい。

エクレーヌすら怪しくなるがー自分が八百屋お七になるためにコネを使ったかも。男一人女二人のパーティー相手。邪魔なライバル二人はまさか、わざと助けなかった?でも、サナレとラジィにまさかヴァリラがついて行動するとは普通は考えない。匠合違うし。銀の匠合の三人組だと考えるんじゃ。
多分、リュウルートにおけるヴァリラとクリュウの取り違えという話になるのだろう。エクレーヌの趣味がラジィの男バージョンだとも思わない。つまりー人魚姫の王子様設定になるのはシンテツの子➡クリュウジェイドだったはずなのか。アティルートで無ければ羨ましい。
ジェイド、意外とモテる。エクレーヌは多分ティアーズクラウン編と別なヒロインだし。(はじまりの石でルフィールにモテてたようにも見えないから、婚約者の方は正規ルートで無い?)

意外と、物語2のリンリ×リョウガも。年齢を隠すためで、姉弟に見せた夫婦か親子、設定だったのかもしれない


何故ラジィが女と、デグレア兵は分かった?「あっちは娘達とー」ーワイスタァン側にパーティー編成教えた奴が、それもラジィの性別知るレベルの、銀の側にいる。

この記事で重要なのは、敵陣に裏切る奴がルベーテ達以外にいる、それも親の世代と言うことだ。
オウレンがターゲットの時にリンドウが狙われる当たり、情報は正確では無い。しかも、恐らくはスパイは他の敵陣側に、偽りの身分を伝えている。
ルベーテの「剣の都のー重要人物の身内だ」➡「ー」とはルベーテ以外の内通者がラジィ、サナレの側にいると考えているから。

ヴァリラの父親に関する言及から、リボディはデグレアに完全に裏切っているとは考えられない。

一方、本当にブロン親方当人も内通者でー情報を渡しているわけでは無い。そうなら、サナレ達が来た後、別な船で来た主人公達を、兵が島で待ち構えてないのはおかしい。
船を貸したの親方だから。それに、怪魚へのデグレア兵の反応を見るに、巨大魚はデグレアの差し金では無い=デグレアは2船目の主人公達はノーマークだった。

オウレンはどうか。ウレクサへの素早い対応を見るにオウレンがデグレアを噛ませ犬にした可能性はある。恩賞だけ受け取って用が済んだら他の鍛聖を主導して口封じしよう、とか。サナレの姉がイアナ・モーティアだった場合のケースかも。悪魔王メルギトスとの取引の対処法の一つではある。
鍛聖を呼び集めたのはオウレン。その通りにルマリにデグレアを片付けさせているし。
ただし、裏切りがばれた場合の。デグレアより恐くて強いワイスタァンの他の鍛聖と、聖霊に追いかけっこされるリスクをわざわざ冒すかは疑問だ。
物語2のリンリのように、グレンやリョウガ等の身内に、騙されている?「あの御方なりの配慮」と言うのがその実悪意である可能性もあった。オウレンの上にいるのは、リンドウやサクロでは無いようだ。サクロが剣を受け取ったばかりの主人公をノコノコデグレア兵の前に連れてきたのは、剣の受け渡しタイミングを把握してなかったから。一方のリンドウも、本当に自分を狙うのが的外れだと考えている態度であった。惚けたふりで遊んでいるので無く。
リンドウが竜鉄鉱を注文し、竜鉄鉱の持ち主が強い召喚獣だったのも。誰かに主人公が狙われているからだったのかも。リンドウの動きを把握できるレベルで「テストだ」と、オウレンを騙せる奴。メッセンジャーみたいな策士だろうか。

ワイスタァンのシェアを一番握る。つまり本当は一番、粗悪品の噂で損をする金の匠合名義で流通させる。それは銀の匠合にとって都合がいい。
またトーナメントで戦う=上位ランカーも、2回戦以降銀の匠合が続いていた。
存外デグレアの力は内通者に良い結果をもたらすらしい。が、物語1における受益者がスケープゴートなため、ラッキーが続いたようにしか見えないようだ。

本来、ブロン親方をボスタフ親方のようなコンプレックスを持つようなキャストでやり。最終的には物語2のゲドガンナーとオルカのポジションのように。英雄とその次代を➡一転元凶に仕立てて、陰謀を暴き立てた真の英雄としての栄光を。英雄を妬む内通者への報酬にする予定なのだろう。
ソードアートオンラインのキリト扱いみたく」

デグレアが人間の国家じゃ無くて、裏に取引に応じる高位悪魔がいる場合のシナリオだろう。ベルウォレンが高位悪魔に献身を誓った場合の、栄華。