湾岸戦争妄想 ベルウォレン・リンドヴァルの復讐譚

クラフトソード物語の火山のキリン召喚師。

あれが、生存版ベルウォレンだったらと仮定。

ベルウォレン➡サイジェント領主
18年前の件で部隊を滅ぼされたアズリアの縁者

紅き手袋、関与した旧王国滅亡画策

個人的な国家制圧計画➡本人にそんな力ない。
湾岸戦争➡国際社会による武力制裁誘導

関係者へ甘い蜜を吸わせて。利益誘導

ナッシュメントポジション➡ワイスタァン内通者として、武器を旧王国へ大量供給。旧王国の軍備拡張+バリスタパリス➡世界を滅ぼせる召喚獣を渡す。

危険な兵器開発を口実に制裁➡実績作りという、蒼の派閥とトライドラへの蜜


同期
サイジェント暴動関与と言う被害への制裁と、
小規模だったときに治安関係者だったベルヴォレンが放置したために極大化➡ティアーズクラウンの黒き波動➡帝国のような存在になったため。
➡彼らの出す村襲撃などの被害に対して、過去にけじめをつけるため。


ヴォイジンが、火山のキリン召喚師のポジションだったら、って話。多分トウヤルート。


実際はデグレアへの武器渡しは、実際以上の過激派、脅威を演出するため。危険な兵器開発と言う先制攻撃大義名分作り