ガゼルーゲドー。グレイメン一党に見るラインの黄金 サモンナイトクラフトソードシリーズの歪み

(おおむね想像)

サモンナイトクラフトソードシリーズ、正直メイメイの同類がうるさいくらいに集まりすぎている。

タタンや、ラストのパスゥのように。ひょっとしたらエリエも?

 

物語

チュベス➡一族の男系の最末裔の筈のバノッサの同類

本来のバノッサは召喚師の子で無く孫設定。

サモンナイト1のバノッサに関しては、グランドストーリー上ビジュが父親であるようだ。

なお、本来のグランドシナリオ上は。バノッサの選択次第でサモンナイト2のマグナ、サモンナイト4のギアン、またはグラッドの配役を得る可能性もあるようではある。

サモンナイト2の場合は。主人公選択時に兄妹としてバノッサとリシェルをーチュベスとサナレを選び分けられる筈。

 

サナレ➡原因不明の理由で、鍛聖の妹になっている一族女系の最末裔

リシェルやエリカの同類。

本来、クラフトソード2のオルカのポジションはエリカの兄のーチュベスの座かもしれない。

だから、タタンの位置にサナレがいるべき、か。

 

本来の設計では、エア役にレキのパートナー➡レオンに対するエイナがなるべきようだ。

➡つまり、本編中のエアはエグゼナの欠片、と言うことになる。

 

物語2

ゲドー・カムカロッサ➡サモンナイトシリーズのレギュラー。カゼル、カラウス、ビジュ、恐らくは先代クラストフの捨て子。など日和見主義で特定の思想を持たない小悪党を歴任する。サモンナイト1の時から一族が出世していったかと思いきや。寧ろあの時がハイライトだったようだ。

ローカス、ジンガ、アルバ。連中とその末裔にポジションを取られている感じであるーただし、恐らくはアルバの孫であろう。ネスティやその同類のギアンは悲惨な境遇に逢う。

ギアンの役はー適性と召喚術の実力が伴っていた場合の。バノッサやリシェルがいただろう境遇。響界種かは怪しいはずだが、幼少期に改造されるらしい。

 

サモンナイトシリーズ中の、ガゼルの同類の末裔が偉くなっているので無いかと思えるのは、フォルテの存在あってこそ。しかしー実のところ、ジンガの末裔のようだ。

 

物語はじまりの石

ボスタフ➡オプテュスとチュベスに因んだ名前。家系的にはルベーテの同類の兄や親戚か?

イアナ・モーティア➡本来の位置かは不明だが、領主副官の配役になっている。一族の一人。

 

回想ー

イアナ・モーティアが。

富に恵まれた組織、金、の有力者ポジションに一人いたことが、後の一族のコンプレックスになっているのかもしれない。

 

はじまりの石の頃は、地元権力者No.2と、軍事顧問格としての位置にいた。

 

フラットの語源はとーフラ➡ノーブル。またはトラッフ➡ドアワーフ➡ドワーフで、土の精で無いかと視られる。

ラインの黄金設定を持っているために、疑心暗鬼、後ろから刺す、利己心暴走など悲惨な目に遭いやすくなっているので無いか。

モーティア、の起源はモーツァルト、アスモデウスではなく。ノイワーム➡ノームのことだと読む。

リンドヴァルにモーティア。竜のファーヴァニルと、ドワーフのアルベリヒの対照と言うこと。

 

サモンナイトクラフトソード物語で、ヴァリラにサナレが突っかかるのも、祖が兄弟だと考えると良く馴染む。あっちが新興とは言えー未だに組織トップで。こっちが鍛聖輩出をしても組織の若手の一人、止まりでは。悲壮感も募ろうものだ。

 

 

名前的に。サモンナイトシリーズのエル・アフィニティス、セルボルト。両者はフラットのリプレの同血筋かと思ったが違った。

フレイズ×ファリエルのー恐らくはリビエルの血筋は恐らくリプレ×ガゼルに入ってない。

攻略本の都月小説で、本編のリプレ、トリスポジションがミニスと配役入れ替えされてて。紛らわしいだけ。

 

大体、エル・アフィニティスと言う名前はセルボルトと別系統である可能性が出て来た。

同じだったら、クラフトソード物語中でプラティまたはハリオとロブ親方はもうちょっと相似しているだろう。

 

思うにーエル・アフィニティスとはメイメイ、ソノラの眷属の血筋なので無いだろうか。

サモンナイトクラフトソード2でのパスゥ×ニーニャ(メイトルパとシルターン、2者間の猫の祖)の入れ替わりは、かなり重大な事態を引き起こすようだ。

 

いや、物語2のガブリオ、パスゥ、リンリは本来エルゴの王以降のリィンバウムにとって善玉だから。豹変後のリンリの台詞といい。トウメイの方位占術の誤りといい。実はアーノが風の子じゃ無くて「土の子➡シルターンのツチノコ」なことといい。

あの地方の方位の対応関係は天邪鬼にひっくり返っているようだ。ここら辺、本編中以上にタタンの同類がおかしなことに関係しているのか?

 

三本目の魔刀の保管場所の雪山の異常、やっと分かった。あの氷の中に封印されている存在が、物語1本編中のルマリに対応するが。サモンナイト5カルマルート同様一緒に、その身にカスラを封印しているから。氷の対を為す炎のサプレスの力で封印解除してしまうと、一気にリィンバウム全土で冥土パニック級の大混乱になってしまうのだろう。

恐らくは旧王国氷雪地帯の氷床の真下に、

カスラ塗れの魔晶柱➡魅魔の宝珠の原料ー

の鉱床

が広がっている。それがリィンバウムにおけるラインの黄金に相当し。魅入られた一族がゲドーやガゼルの一族なのだろう。

「ルベーテは特別で。昔から富と名声が好きな人だった」

と言うのも、一族単位で魔晶柱に縁のある一族だから。故に物語2でゲドーの魔力に反応して、封印されていた原罪が溶け始めた。

 

ルベーテ個人じゃ無くて、一族のードワーフ、ノーム種族単位で性格づけされているのかもしれない。

サナレ、鉄鉱石の買い占め、仲間に分けなかった辺りで人のこと言えないって。

 

「更に話は変わって。」

どういう訳か、アナウサギホビットコボルドに相応するレビットーモナティ以下機械兵士素材の皆さんも、眷属設定されて悲惨な状態らしい。

 

ウォーターエレメンタルと、ゲドガンナーに操られた黒騎士の人格は相似している。そして物語1のデグレア兵達も。サモンナイト2でフリップに憑いていた力の性格設定といい。メイトルパ系にはクラレット趣味の英雄物語ファンが多いようだ。夜会話時のフィズといいーもっとシルターン神道を学んでーーの子、氏子への加護。と言う表現を理解して欲しい。