読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばらき観光  訪問客を期待する、観光地としての受け皿、よりも→今、すでに品質を認められている食の商品を  これまで産地;茨城特産にこだわらなかったお客さんにも、これからは訴えていこう。  訪問滞在よりも→通信で注文してもらえることを目指そう。力を入れよう

 

いばらき観光

 県央、水戸といえば、藁づと水戸納豆

 

日本で始めてラーメンを食べたのは黄門様―水戸光圀

中華料理 鈴龍  水戸/薬味入り

茨城特産の地魚 アンコウ 鍋

大洗名物!吊るし切り

 

知名度高い!

漁港市場、あんこうというウリを武器にしている。観光バスツアーで。目玉企画以外でも買い物・見学時間がとられている。

このように、茨城いいとこプラン→観光企画茨城ツーリズムのレギュラー

袋田の滝;県北名所

冬が圧巻!凍った滝PR

奥久慈しゃもと奥久慈卵
一般鶏卵出荷量さえ日本一!

  

 

うまいもんどころ茨城

 提言;茨城県は魅力発信の活動としてます、PR活動に力を入れている。

 しかし魅力-食や観光資源をPRするのは大切だが。一方で現地でなければ味わえないもの、と詳しく差別化した上でPRできてるだろうか。
 地元だからこそ提供できる価値→よそへ動かせない温泉、滝。そこにだけ根付く技術-あんこう以外の専門技術者、料理人は。「ここ以外に代わりが無い」程に、差別化できているか? 

 差別化がより進み、お客さんに広まるのはもう少し先になるはず。
 ならば今は。訪問客を期待する、観光地としての受け皿、よりも→今、すでに品質を認められている食の商品を
 これまで産地;茨城特産にこだわらなかったお客さんにも、これからは訴えていこう。 
訪問滞在よりも→通信で注文してもらえることを目指そう。力を入れよう

うまいもんどころ茨城→知名度の順で
 宿泊より食品が上、なら通販に力を

宿泊より食品が上、なら。
つまり運べる品なら集客よりも通販の販促充実を。
皆さんぜひ愛顧を。

個々の特産品より、このウリで属性付けし。派生して販促マーケティングすると合理的と
結論。

これからよろしくお願いします。