前記事加筆 発祥した現地とのコラボVRシミュレーション インテリアアプリ 

というよりも
外来宗教、外来文化行事の場合、
たとえば端午の節句
発祥した本場、現地中国の開催状況を記録、配信することで。
ライン見たくSNSチックに。
現地の人と同じ行事を祝いつつ、国、地域ごとの違いを比較鑑賞できる、かも。
また、それがエキゾチック→異国情緒の趣に繋がるか。
いや、各国で多民族化が進み在留外国人が多い時代、当事者間では自然、
と言うか、在外邦人、日系人には自然なのかもしれないが。つまりテレビ電話以後の時代に、個人、一族、同郷人同士単位では珍しくない。とは言える。

しかし、
文化施設事業、商業系シーズン期間イベントでの。コマーシャルに基づくビジネスマーケティング、プロデュースに二地域間のリアルタイム arコラボをするのは珍しい気がする。
まあ、ARシミュレーションの未来形企画の話だけど。