前記事加筆訂正 インテリアアプリ



四季のある日本は、
時節イベントに繫げるネタが海外よりあって恵まれている。 

というよりも、自前の文化でさえ豊富なのに。
外来宗教のバレンタインやハロウィーンなど、
異国、異文化のイベントを容易に需要、吸収出来る国であり。
ある意味企業の販促企画へノリが良い国だ。商業広報パッケージ企画が伝統化しやすい国柄なのである。ダイバーシティー、多様性=異文化需要素養が高いとされている。
キャッチコピー作家平賀源内による、ウナギの土用の丑の日の逸話のように。
パッケージ化、プロダクト化に長けた差別化プロデュース。そのアビリティ。
是非地域行政も営利企業並みに駆使していただきたい、または誘致・ソリューション請負提携に繫げて欲しい。

ー癒着が怖い?