読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学文系出身者のセールスポイント 営業方針

工学系、理科系に較べて、実社会でどう役立つ能力があるか把握しづらい文系卒業者。
私の分析は。
特に地理系、国際系、教養学部系の社会科学科出身者の場合。学際性、学術分野に制約されにくい浅く広い横断性が理系より見込めるけど、だから何、と。
ダイバーシティ適応力の高さ。つまり、国際性→異文化間交流能力が高いことがあげられると読む。
別に他が低いとは言わない、個別の人物の能力値が決まるわけで無い。専攻分野で高まる能力傾向として主張する。

自分の所属地域の情報などが、
その人が学んでいく教養、関心に繋がっていく傾向は確かにある、と知覚する。

自出自→自文化理解、研究スキルを磨くのが大学文系→教養系全般の傾向だと私は読む。自出身地域の要点、セールスポイントを余所、へ発信できるだけ把握
するのが文系教養分野のコンセプトだろう。

文系の大学出身者のスキル習熟度チェックに関わるのは。余所とうち、それ以外と出身(出自)、所属、グローバルとローカル、異文化と自文化。つまり○×ゲームの線引きが概念の軸。
自分でも曖昧なことを行っていると思うが。飲み込みやすいイメージとして、ローカルな都市伝説と言う代物、があると見る。長崎の人身売買、の話があるが、都市伝説が好きな人以外が、他地域、東日本など離れたところに住んでて聞く、知っているのはまれだ。インナーなコミュニティ内でクローズされた情報→ローカルな都市伝説、と言う図式が成り立っている。

メジャーな都市伝説が人(全国都市伝説、ネット研究会議のオフ会メンバー同士とか。)と学術協議する上のリテラシー→一般的基礎教養と基礎能力、
として必要なのは当然だが。知名度が低く、ご当地限定なため、外部に漏れないローカル都市伝説を専門情報として話せるのが有意義だ。
すると。国際性の話に広げた時に、異文化の人へ発信できるだけの、自文化理解と教養とは
→ローカルな都市伝説である、と当てはまる。イメージ理解的に。
この話の中における都市伝説と言う位置づけになる。図式化して二次元情報で図解した方分かるな、この話。

敷居という曖昧な境界でコミュニティを区切っていることを理解した上で、特に自所属コミュニティの教養一般を十分身に付けているか、だ。
http://ejje.weblio.jp/content/境界


実社会において、自己発信能力とアサーション能力→自他寛容的なコミュニケーション能力、が高いことは。一般的なイメージのサラリーマンである営業マン、オフィスマンに役立つ、筈。基礎能力値として。



大学文系教養分野出身者の強みとなる、実社会でのあり方は、こう、またはこれをライフワークとして副業にするような。セールスポイントの自己発信力とコミュニケーション力を強みに、ライバルに差別化出来る仕事だと説く。
コンセプトイメージ的には。指名される、愛顧されるトーク上手なタクシー運転手間の顧客獲得競争、とか。



前記事より、引用
全国ロケ地ガイドで検索すれば出て来るよう、全国どこでも観光リソースはある程度以上ある。しかし、一定以上リソースがあっても、収益性に繫げなきゃ効率的な成長をしづらい。収益を元に再投資に回し、さらに錬金術サイクルを回す、操業の事業継続力が、収益性が低いと弱くなるんだから。収益性→再投資→投資回収→次の周期へ繰り返し。合理的にサイクルさせると効率よく、リソースは成長する。都道府県魅力最下位の茨城よりリソースが成長、知名度アップした場所、先進地は多い。いわば最新鋭特急列車配備の、特急交通に対して。
茨城がワーストなのは、観光リソースのイノベーション、ブラッシュアップの未開地、後進地だからだ。前時代車両を使う鈍行ローカル交通扱い。
茨城はローカル。今のステータスはは垢抜けない田舎者だけど、磨けばのぶたをプロデュース、見たくシンデレラ候補になる。と都道府県魅力度ランキングと茨城の魅力発信施策諸々は示唆していると読む。つまり金の卵だと結論する


繰り返す。
茨城に良いリソースがあっても、ただし、良いリソースがあっても、事業で回収し地域にお金を落とさないと勿体ない。
具体的に話そう。
そこらへん、茨城はまだまだプロジェクトが複雑化していない。
ああ、余談だが、うまいもんどころ茨城のブランディングはまだまだ手を加える余地がある。全国一位とPRしているのが、毎日、頻繁に食べるかは人によって分かれる納豆、レンコン、栗、干し芋菜のだから。美味しくトップなものをインパクトで選んでPRしてないか?つまり、マーケティング・プロデュースの営利思想で未熟なんじゃ。
より密に説明すれば。茨城にそれぞれ特産地があるさつまいも、栗、メロン、カボチャ。さつまいもはともかく干し芋は栗に並んで全国一位な訳だが。
大判焼きを考えれば分かるように、芋案、栗あん、カボチャ案はメジャーな甘味である。
しかし、最終消費者は、愛顧の味が、茨城原産であると認識しようが無い。単純な加工である干し、焼き芋焼き栗くらいしか思いつかない。飲食店の加工者であるパティシエなど以外は、製菓メーカーを通した全国流通の量販スイーツ→菓子やデザートケーキの甘味料原料が茨城産かなんて意識しながら味わわない。なのに万農、農業大県としてそれらをピーアールしている。もっと意欲的に、複雑な処理工程まで報知しよう。
さらに言えば、不足している部分ーメジャーな、全国一位の白菜PRに力を入れようよ。冬にキムチで需要出る、オールシーズン商品。DHAで有名な青魚、鯖も。
要は、東京に近い、千葉に匹敵する首都の食品流通上方としてのブランド化を図れ、と言いたい。都市近郊型農業兼なカラーを発信すべきだ。
さて、本題。茨城より評価も、ロケ回数でも劣る他県は、こんな手段で儲けている。ワープステーション江戸村や水戸黄門PR位を観光地にしている茨城じゃ収益性でとどかないのでは?
ロケツーリズム事例集はこちら
www.mlit.go.jp › common
2014/03/23 - 【類型Ⅰ】行政・フィルム コミッションの取組. ① 山形県 .... 全5回開催、のべ参加者数370人(先進事例を持つ他. 県自治体・企業 ...
16/12/11 にこのページにアクセスしました

サマーウォーズジブリのおおかみこどもなんて。アニメ作品なのにモデル地を観光地、事業化している。あの地方の自治体は、比較的には収益性、再投資性、事業継続力があると言うことだ

前記事より、引用

こんな情報を載せているのは、地元ノウハウを余所にプロデュース出来ることは、小さな国際性、差別化能力を養えるから。地元知識が豊富な方が、接客能力はあがりそうだ。
下記のようなことをする方を始め、文化にまつわる地元客商売の人全てのセールスポイントに使えるから。

市民観光ボランティア 歴史アドバイザー水戸 | 一般社団法人 水戸観光協会
www.mitokoumon.com › volunteer
水戸にお越しの際は、是非声をかけてください。私たちが観光スポットにご案内いたします。水戸は四季を通じて、美しい花々に囲まれた香り漂う ...
市民観光ボランティア「歴史アドバイザー水戸」 | 全国観るなび (日本観光振興 ...
www.nihon-kankou.or.jp › detail
問合せ先, 市民観光ボランティア「歴史アドバイザー水戸」 〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-5-38 県三の丸庁舎1階 (一社)水戸観光協会
市民観光ボランティア「歴史アドバイザー水戸」 | 全国観るなび 茨城県 (日本観光 ...
www.nihon-kankou.or.jp › ibaraki › detail
市民観光ボランティア「歴史アドバイザー水戸」のことなら、国内13万件の全国観光情報検索サイト 全国観るなび 茨城県.
いばらき観光マイスターS級のご紹介〜観光ボランティアガイド〜 | 観光いばらき(茨城 ...
www.ibarakiguide.jp › volunteer-guide
素晴らしい茨城をみて欲しい。更に観光に来ていただける処を紹介したいと思います。 水戸観光協会 市民観光ボランティア「歴史アドバイザー 水戸」 ...
茨城県の観光ボランティアランキング 観光名所なら「ぐるたび」
https://gurutabi.gnavi.co.jp › 関東 › 名所・
茨城県の人気の観光ボランティアに関連した観光情報をご紹介。全国各地の22件 ... 市民観光 ボランティア「歴史アドバイザー水戸」. 水戸にお越