読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

築地 寿司をイメージ軸にした、小樽の相似形

2016/11
築地の場外市場は移転しない、正式決定。及び 場外市場の商店、飲食店向け 仕入れ先として、東京都中央区が新たに生鮮市場を用意する。と言う話です。
世界的な水産物市場の築地移転は一大ニュースになっていました。
移転先である豊洲の敷地において、 工事のトラブルが発覚したニュースも起こっていました。
しかしーまず第一に、豊洲に移転するのは プロの仲卸業者、買い付け人達の場である場内市場だけです。場外市場はそのままです。
つまり、我々一般消費者にとって大事なお店、築地らしい「通えば料理の」「腕が上がる食の町」築地は残るのです。
外市場の、飲食店や小売り、料理用道具屋400店は残ります。
そして、東京都中央区が用意する、場外市場用の 生鮮市場に、 仲卸さんも60店ほど残ってくれるため。場外市場の小売り店 飲食店さん達も経営を 続けられます。三十五億円かけた生鮮市場らしいです。
築地市場の始まりは、関東大震災後に業者が集まったところから始まるもの、と言う経緯なのに。
わたしの意見らしいとし、見解ですが。
築地は北海道の小樽に似ていると言うことです。恐らくは近い歴史を追いかけるだろう、と。
小樽は北海道の観光地ですが。
明治時代には 北海道開拓のための物資が集まり、交易、金融、 物流の拠点となった 北海道の中心 と言える港湾都市でした。
しかし戦後の時代の波と、北海道の他の都市の港の発達、 北海道の中心機能が札幌に移ったことを受けて衰退。
それでも観光資源を見直し、観光都市として転換。今では 明治期の遺産と、寿司とガラスとオルゴール産業の町として、確立しています。
築地場外市場、更には東京都中央区は小樽と同じ形の 転換を図るでしょう。
他の地域の沿岸部地帯の 市場も、あやかりたい物ですね。