読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonのある生活日記 fire tvのある、建設的な一場面 ホビーだけで無く、クラブレクリェーションに。教本共有化はスクリーンショットとセブンプリントの最小単位から。キット工作クラブに是非おすすめ。これもクラウドのライフハックテクニック。

  ストレッチとエアロビの振り付け投稿に味を占めて。

 

http://fire-tv.blog.jp/archives/20151121/1592008.html

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201453040

 

前記事は動作の手順をプリント化で可視化、記録物化する方法だった。

しかし、手順本の可視化でまず思いつく料理、調味料と調理器具の手順利用は、水場での作業と言うことで私は使い辛い。 

どうすればいいか。バディでやればいい。 または料理教室のように、グループでインストラクター役を決めるか。一人、指示役を決めて、その人に教本ハンドアウトを元に監督させればいい。

 

しかし、手順の教本 を利用すべき作業は他にもある。学校生活基準だと意外と思いつく。理科の実験は、火を使う物は料理と同じやり方で良いとして。

漢字、習字の書き順学習への利用。 演奏、合唱の楽譜の共有。

何より工作、電子回路工作の作業だろう。

それぞれがキットを頼み、ハンドアウトを元に作るとして。設計図が読みづらい場合は多いだろう。または、キットが人数分でも 補足記入済み説明書が一枚のみという場合に。プレゼン方式でインストラクター役が説明するために、Kindle fire tvが役立つ、と考える。

 

難しい  工作キット、と言う例は分かりづらいが。

それこそAmazonで海外輸入品の電子製品、要組み立て家具を買ったケースを考えればいい。付属の説明書が外国語で読みづらい場合に、テキストを翻訳サイトにかけた邦文説明書を用意して Amazon cloud driveにアップロードして共有、投影、ハンドアウト化する。更には、一般 のホームページの紹介サイトの説明文がより易しければ、そちらを教本にする。

 このようにクラブで一人一個分けられた物を 、教本片手に手元に注意を凝らしながら作業する際に、

fire tvと連動したこのやり方は有効だろう。 

福祉・家庭科系サークルで  縫製、小物作り、土産物作りをする際にも適用できる。

って、この方法は教本ソースにKindle電子書籍を使う場合に、著作権法に触れるんだっけ❓学校教育に供する場合、を クラブサークル活動が満たすかどうか。自信ないな。

 一応、楽譜とかなら当たらない❓営利インストラクターでなければ。こっちを見てみて http://www.jasrac.or.jp/park/inschool/

ハンドアウト化だけならば、教本ソースにアクセスしたスマートフォンとそのスクリーンショット、セブンプリントサービス契約と、近くのセブンイレブンにコピー料金さえあれば、クラブ人数分対応出来なくも無い、と言う気がするが。