読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推理AW3巻より 加速を使ったライフハック SAOオリジンについて推理。

推理 AW3巻より 加速を使ったライフハック
能美が加速を使うんだったらブレイン・バーストでなくてもいい。もっといいのいっぱいある。
と発言していた。
SAOオリジンのキリトとジェネシスの決着を見ていてようやく分かった。
加速中に他のVRゲームをやる手段があり、それを用いてスキルガン上げや、違法ツールを使ったマクロトレーニング(データチートは体に馴染まないからやらない、か。)を用いて、短期間にトッププレイヤー級の強さを身に付けるんだ。それにソーシャルハッキングスキルの話術を加えて、ハイランカーライフを楽しんでいる、んだろう。
そのステータス力量があればどこのギルドにも入れる。加速中に制作したアイテムをNPC売却すればゲーム内マネーにも困らないだろう。
加速世界内でも勝ち組負け組、ヒエラルキーがあると見なしているタイプか。

本当に勝ち組なら、バーストポイントを他のゲームで空費しないから、現実でも加速世界でも負け組だから、それに次ぐゲーム世界での勝ち組で満足を得ようとする廃ゲーマーか。
ラスト・ジグソーが嫌う薄汚れたライフハックツール。ラスト・ジグソーが他のネットゲームに真剣ならそう見える。
結局1巻のハルユキの、いじめには遭ってないツールアシスト版だから、リアルで負け組なのが不満だろう。リアルに、加速を使って勝ちたいものが無い、か。かえってネットゲームホリックが悪化してる。禁断症状が出たり。
ジェネシスは、加速能力者じゃ無いがー加速能力者皆がそうなる可能性がある。
そもそも、ジェネシスの反応から、アミュスフィア改造はツールで無くてテクニックによるもの。自身が開発したテクで無いから、得体が知れず。テクの起源が気になって焦る。そういう話かもしれない。アミュスフィア改造が出来そうで、実際は自力で出来ない、だから同類がいると知ったら食い付く、そんな話かもしれない。
じゃあその謎はどうなるんだろう。