読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AW 暗躍説のための四神離脱法 モーターボート、ウォータースキー

AW 暗躍説のための四神離脱法

前記事などで四埜宮謡が怪しいと述べた。しかし、無制限中立フィールドで活動できない制約は大きいのではと疑問がある。

しかし、ネガ・ネビュラス壊滅から時間が経っており、作中でずっと封印されていたかは確証がない。寧ろアリバイ作りなのかもしれない。

恐らく、四神は本当に逃げられない相手とそうでない相手に分かれていると見る。重力攻撃を使う玄武は無理だとして、レベルドレインの性質から青竜もそうだろう、発動中に自殺して止める手はあるが。

しかし、7巻プロローグを見た限り、両端の穴で体力を削る手は脱出にも使える。

6巻で黒雪姫、楓子、謡のみ面識があったと記述されていた。どうしても逃げたいなら楓子に連絡を取って、直結でゲイルスラスターを借りればいいんじゃないか❓時間とポイントをかければ逃げられたのでは。スラスター系なら、知り合いに頼ることはないが。

それをしなかったなら、一人で動く必要があったということでは❓

ワイヤーフックが怪しい気がする。弓を地面に固定して、心意で射出させることができれば。または突進力に特化した技で自重を引き摺れれば。

矢に自分の体を括り付けた上で射出すること、またはフックに矢を絡めて、強化外装の出力以上で牽引すれば脱出できないか❓落下地点を左右の穴に設定して、片方の穴上空からもう片方の上を狙い、この移動法を使うことで。斜めにジグザグと。

それにーアニメで初ダスク・テイカー戦見ていて思いついた。一度空に滞空させた矢に、時間差で着火させる技はどうか。技の発動を遅らせ、ウォータースキーのモーターボートとして矢を➡ロケットのように応用できるんじゃ。

つまり、朱雀の前の往復は可能であり、謡のアリバイは成立しない可能性がある、と見る。

ファルがどうしたか知っている必要はある、か❓思いつく奴が他にいてもおかしくない、か。