水銀ヘルメス  ソードアート・オンライン8 アーリー・アンド・レイト<ソードアート・オンライン>レビュー  圏内事件。黄金の林檎というギルドとその二つの事件。

 

圏内事件。黄金の林檎というギルドとその二つの事件。
八人の中で誰が指輪をドロップさせたのか?これ、唯一結婚してたのがリーダー・サブリーダーだとすれば、グリムロックに投具スキルがない限りリーダーがドロップしたことになる、と推理できる。ドロップネコババが夫にばれるのは嫌だろう。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
本編に加えて、アクセルワールド編との相似性が素晴らしい気がする。シュミットの性格は、ブラックロータスがいない場合の有田ハルユキの臆病さに似ている気がするし。グリセルダとグリムロックは、倉嶋千百合に似ている気がする。
ここからは裏付けの無い空想になるが。千百合は養子なのかもしれない。グリセルダの兄弟姉妹、叔父叔母夫婦に引き取られた形の。グリセルダの子供なのではないか。グリセルダという名の由来は検索してみると。イギリス、カンタベリー物語の学僧の話の中の登場人物らしい。グリセルダの名もグリムロックがつけたようだ。素晴らしい婦人だったらしい。
グリが共通として、ムロックはなにか。クロム、でなく。むろく→マーキュリーだと見る。黄金の林檎というギルドネームに因んでいるのはグリセルダの方だろう。イズン、でなくフレイヤの方で。うん、夫としては縁起が悪そうだからグリセルダにしたんだろう。金曜日の由来。黄金の林檎は豊穣の女神のシンボル。それで、マーキュリーが軸だと言う話。ローマ神話の水星神=ギリシア神話の水星神ヘルメス。ヘルメスを調べると、アプロディーテとの男女関係が出てきた。夫がマーキュリーだから、妻は本来豊穣神をモチーフにすべきなんだろう。故に黄金の林檎。
さて、水星と金星で、曜日の名前に因んだ名前を娘につけたと考えるのは飛躍であろうか。太陽系の水金地火木の順で火星が来て、火曜日、Tuesday、その由来のチュール→チユリ。ソードアートオンライン、ロスト⚫ソング版ALOのスメラギのユニークスキルもチュール由来だと、要らない縁があるようだけど。軍神の名。ローマ、ギリシアだとマルスとアレスらしい。
ブラック⚫バイスのカラーがブラックの純色と言うのがトリックでないかと言う話題が、アクセルワールド本編で出ていた。私も同感である。ブラックスミス由来でないかと思うが。何らかのツールによるものだと見る。
ライム⚫ベルも類似の手段でアバターネームを改編していると見る。周囲を見ると、ブラック⚫ロータスジークフリートとバルムンク(=グラム、ノートゥング)、シアン⚫パイル→バンパイアと、シルバー⚫クロウ→ベルセルクと全体的に意味を為すアバターが多い。クワイアー⚫チャイムの強力さを考えるに偽名だと考える。本来はメタルカラーでないか。グリムロックとグリセルダを合わせてマーキュリー⚫ヴィーナスとかそんな名前でないか。チェリー、チューリップ、ベル→ベリー→モモ等の植物。百合→リリー→鈴の音→ベル、に拘るならば元も近く。ベル→バラ、ローズかもしれない。プライアー⚫プラントで植物の蔓かもしれない。イバラやノイバラもありうる。ギルティ⚫ソーンの話を考えると、眠り姫→ニーベルングの指環ブリュンヒルデもありうるし。ベル、の名がヒーラーなのかクリームヒルデなのかヘルメスなのかフレイヤなのかヘル、グリムリーパー=死神なのか絞れない。グリム⚫リーパーというアバター名なら怖そうな気も。
錬金術に使われる水銀の流動性を考えると、回帰効果も理解できる。マンガ版の主人公もアルミナム⚫バルキリーだし。フレイヤなど女神名はありうる。
一方で周囲が杭と銀ということで略奪系→吸血鬼、アンデッドのリッチーかもしれないとも思う。アンデッドに薔薇って似合いそうだし。
 
 
それにしても、イメージ的にはグリセルダはシーフ型である。ドロップさせたのもピックという投具に長けたリーダー自身だったんじゃないだろうか。
裏の設定を考えると、姉妹に近い相手もSAOに囚われ、かつ金持ちだったのだとみる。
双子の妹のように。攻略組に近い実力者、であるAGI特化型に知り合いがいたのだろう。「私には装備できない」ならばAGI型のライバルと取引すれば、NPC相手以上に儲かる。シュミットのように、特定のステータスタイプに拘る相手に、ね。
そして、もしかしたらその取引相手と久しぶりに二人で一泊する気だったのだろう。グリセルダの操の固さを考えるに、同性、女性。
いきなりグリセルダがいなくなったのでフレンド追跡で追って、深手で苦しむ彼女を見つけ―介錯した、という鬱展開を妄想してしまう。
ヘルメスを考えると、鍛冶のグリムロック、シーフのグリセルダ、に対して商業の取引相手、だったとみる。夫が鍛冶師→生産者なら流通業者が側にいると考えるべきだ。
細工師でないなら―武器に対する防具系。AGI特化型の付き合う相手なら、軽装備=服飾系の商人職を兼ねた女性だったと読む。
賢者の贈り物、をすべきペアは姉妹だったのかもしれない。
 
そういう風に考えると、グリムロックがレッドを雇って、かつ金貨は一枚も減っていない理由が、グリセルダが相打ちの形でレッドを全滅させたから、だと読める。グリセルダを死なせた後、追ってきた取引相手が全滅させた、のか?