読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/9/28,今週のお題「プレゼントしたい本」 もっと知られて欲しい本。マンガでやさしくわかるレジリエンス。逆境に適応できる精神力。 成功物語の登場人物になるためにも、レジリエンスのステータスは鍛え上げたいものである。そこをベースにビジョナリー性とGRIT力。目標設定をする俯瞰力と目的達成力のステータスも、ね。

2016/9/28,今週のお題「プレゼントしたい本」
もっと知られて欲しい本。マンガでやさしくわかるレジリエンス
https://www.amazon.co.jp/マンガでやさしくわかるレジリエンス-久世浩司-ebook/dp/B017R70C88#immersive-view_1475050362558
まずレジリエンスとは、「再起力」「立ち直る力」「逆境力」と言い換えられる、「逆境やトラブル、強いストレスに直面した時に、適応する精神力と心理的プロセス」と定義されているらしい。ストレスに対する弾力性、挫折しないバネと呼べるようだ。
さらに、逆境でへこんだままでないから、踏みこたえて機転に繋げることも出来る。つまり適応力であり、回復力、弾力性と併せてレジリエンスをなしているようだ。
最近ではhttp://koyou-jinzai.org/job/008941.html
でセミナーをやるらしい。

それ以上に詳しいことも書いてあったが、割愛。Kindleだと月替わりセールの世界のエリートが重視 レジリエンスの鍛え方が九月一杯割り引き中。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00LWW5WR6/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
立ち読みしなさい シンプルな成功術(クライシスサイコロジーの専門家の著書)、とどちらを紹介するか迷った本。
それ以外ではマインドフルネス、グリット力、人は何故先延ばしをしてしまうのか。を候補にしていた。最後はともかく、前の二つは瞑想ー心のエクササイズ、やり抜く力を意味する。言葉の概念を紹介する本。

何故この一冊を選び、紹介したのかといえば。人間が人生を送る上で、特に根本的かつ不可欠な性質だと分析するからだ。本を紹介してください、と言われてどんな人に?と困ってしまった故、普遍的に有益だろうこの要素を紹介する本にした。
そして。私の考えでは、人間は絶えず予想内、予想外の多様な状況に遭遇して対処と成長を続ける生き物である。現在進行形で考える生き物である。不服な状況に耐える中でストレスという辛さは溜まる上に、コンディションと言うHP、ヒットポイントゲージは不規則に快復してくれない。
緩急の波はあれ、コンディションが悪いままであるのに、状況を判断しつつ、持ち堪え、現在進行形で応じる困難は避けられない。その際にチャンスを生かせるか、つまり持ち味を出せるまで食い下がれるかどうか。いわば物語のメインキャラのように、起伏あるストーリーを展開させられるかが、このレジリエンス力が十分かにかかっている。と私は考える。今の説明の場合は、起伏に対する持久力と、閃きでチャンスに繋げる瞬発力がレジリエンスであると見たわけだ。
アメリカで普及する成功物語の登場人物になるためにも、レジリエンスのステータスは鍛え上げたいものである。そこをベースにビジョナリー性とGRIT力。目標設定をする俯瞰力と目的達成力のステータスも、ね。