ソードアートオンラインSAO仮面夫婦!?キリトとアスナそれぞれの秘密 電話回線盗聴とラブポーション、月夜の黒猫団の正体 回答の初記事

アスナ目線で、恋をしたのが2023年5月で結婚半年前、付き合いだしたのが二週間前、一巻開始時、とある。

一、二巻を見てみると新鮮な発見があった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、アスナに護衛がついているのはキリト等を警戒してだろう。それにーキリトに対してヒースクリフが「引き抜こうとしているわけだ」「負けたら君が入るのだ」と言っているのは、キリトをソロだと思っていないからだ。軍の手先にしてスカウトマン。

結論。「月夜の黒猫団」は壊滅しても、組織としては残っている。キリト一人で、アスナが二人目、という話ではないだろう。

「安全に拘るならはじまりの町に籠っていればいいわけで。ーやるからには攻略組を」「ビーターのお前に僕たちに関わる資格なんてなかったんだ」「血盟騎士団や聖竜連合のような攻略組に」ケイタの言ったことがようやっと分かった。

→月夜の黒猫団もまた「アインクラッド解放軍、ALF」の先遣隊の一つだったのだ。つまり、二十五層で全滅した主力やコーバッツの同輩。

千人規模の大組織なんだから、所属メンバーが小ギルドを組んでいてもおかしくない。サチを盾剣士に転向させたがっていたのも、標準的な軍のプレイヤーは、前衛が盾と片手剣、後衛が槍斧戦士だから。サチをフロントランナー候補に育て上げたかったのだろう。

何故そう判断するか。 ソード・ワールドRPG - Wikipedia

のようなTRPGで黒猫が使い魔であり、使い魔にさせる任務が偵察であるから。役目:偵察の、斥候部隊の予備軍と言うこと。恐らくは二巻で出てきた「シルバーフラッグ」も、同様に軍の末端集団。貧乏だろうし、黒鉄宮に入れてくれ、と言うのも犯罪を取り締まる集団らしい思考だ。黒鉄宮内の私刑を考えていると見るのは、穿ちすぎだろうが。

何故「月夜」で、軍かというと。よ月→4、四月→エイプリルApril。でALFの略だから。つまり、システム上の設定がどうか、多重ギルド所属が可能かは別にして、人間関係上は「月夜の黒猫団」はアインクラッド解放軍の枝、下部組織であるようだ。つまり本来、生還したキリトは軍に帰属すべきだが。キバオウもその事を知り次第、即除名させるだろう。

軍の理念。ああ、アクセルワールド七巻でサフランが掲げた理想の起源はそれなんだな。サフラン自身は大義名分を恋人に語っただけだろうけど。

キリトを軍の人間と思っていたから、ヒースクリフは七十五層の決闘前に、「アスナが自殺しないようにしてくれ」と頼まれたときに、眉に出る反応を見せたのだろう。恐らくは、意外そうに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名前としてはムーンナイト⚫ブラックキャット⚫チームでラフコフも有り得たわけだが。

キリトにラフコフが拘っていたことを考え、赤目のザザが「仲間を殺されて激昂」といっていたことを考えると、月夜の黒猫団の悲劇は、犯罪者プレイヤーが仕組んだ可能性があると見る。隠れて見てたな。そもそも、パーティー、サプライズというところで、あのアラームトラップびっくり箱は、「笑う棺桶」のメッセージだったのだろう。喚き立てる宝箱、ね。

びっくり箱 - Wikipedia

ハロウィン - Wikipedia

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、クラディールの一件と二巻二話で分かるが、アスナはキリトのことを盗聴している。それに、調合系の薬物製造スキルも高いのだろう。

思うに、リズとの会話内容における確認から、メッセージが送れない迷宮区では盗聴できないのだろう。逆に、迷宮区以外の五十五層、血盟騎士団ホームがある層などでは確実に盗聴できる。迷宮区に入ったところで音が途絶えてやきもきしたのかもしれない。そこら辺は、通常の電話線に対する盗聴と同じ。

クラディールの一件は、盗聴面については迷宮に入ってから仕掛けられていればおしまいだった。一方で、迷宮内では隠密しながら付いていっただろうことを考えると、距離を開けなければ他の二人が助かる可能性もあったのかもしれない、とも思ってしまう。恐らく、町の外でクラディールが参加すること、非常用の転移結晶も含めたアイテムの預かりを聞いて、万一の場合に白馬の王子さまをやろうとつけていたんだ。平地の直線でない、いくつかの山を挟む地形で、約五キロを五分で走り抜くのは難しい。悪路である以上、時速六十キロを直線で出す以上に難しいはず。ゴドフリーが不審がる、発言を聞いて動いたとすれば、二キロ程離れてつけていたのだろうか。千五百メートルを四分十秒で走るのが、高校生で早い人らしい。 陸上競技の世界記録一覧 - Wikipediaだと男子二キロで四分五十秒程度。敏捷値パラメーター補正を入れるとそれくらいだろうか。途中でモンスターに遭遇して時間を食った可能性もあるから、1.5kmほどだろうか。

二巻二話において慌てて入り込んできたのは、いい雰囲気になったのに気付いたからだ。リズベットを心配していたようで、初めから二人いるのに気づいていた。踵を叩きながら顔を真っ赤にさせていたのは、話をまとめるため、作り話をシナリオだてるための習慣だ。2023年6月にリズとキリトがいい雰囲気になっていたのに対応できたのは、アスナがそれ以上前にキリトに恋して、盗聴を仕掛け出したからだ。一巻開始前までは、キリトはアスナにどう思われているか分からなかったわけだし。異性として意識し出したのはアスナの方が先。

うん、6月の時点でリズが告白していれば、ソードアートオンラインのヒロインはリズベットになっていただろう。それを叩き潰したんだから、二次創作にいかない程度にアスナは病んでる。人に迷惑かけない分、Pohなどよりはマシだが。というかクラディール等の作中の悪人どもは、こんなヒロインに魅力を感じるんだろうか。

ストーカーが得意で万能な女の子、って醜いアヒルの子かシンデレラですかって感じだ。未来日記みたい。アクセルワールドバックドアプログラムやISSキットもその気配あったし。ユイいわくの「二人の気持ち。喜びや安らぎ。でもそれだけじゃない」の他はやはり不安か。

いや、個人的にファンなのは変わらないけど。是非、二次創作のネタに盗聴ネタは使ってほしい。アクセルワールドサフランもやってただろうし。リズベットを見れば分かるように、生産職も兼ねるものにとって、ストレージを増やせる工房を得るのは利点が多い。サフランがプレイヤーホームを入手した理由も、安全に製造に取り組み、貯蔵できる小屋が有り難かったからだろう。防犯の仕組みも十分であるし。薬品類の隠し場所は小物類の中。一巻にて、キリトに食事を振る舞う前に、散らかっているようには見えない小物を片付ける素振りを見せたのは、食事に混ぜる薬を取り出すため。

また、キリトがアスナを美女だと感じいる描写に入った初めは、小説版では手料理を食べたあと不思議な味のお茶を飲んでからだし。魔女のように薬剤系スキルも極めていると見るべき。調味料を作れる、味覚再生エンジンに与えるパラメーターを解析、と言うのは成分分析のこと。調味料の材料に、解毒剤の素材も入っていたことだし。食べ物を食べたあとで和やかになる描写が多い。アスナは食事の後、会話を恋愛方向に持っていこうとしているようだし。

GGO編の注射器を考えても、細剣と毒の組み合わせは印象的である。

そもそも、S級素材を得て売る直前に、余り利用しない店で、護衛に反対されながら出会う方が不自然なのだ。ラグー⚫ラビットを得たと気づいたから急いで会いに行ったと考えた方が自然だ。盗聴をしている証拠の一つである。