ユークロス分析 サモンナイトユークロス三巻ラストに見る作品仕上げ。 マリウスにその母の皇后。 摂政アレッガと上層部貴族。その擁する私兵と外道召喚士。 かねてから反乱を企てていた軍部。その傘下騎士たち。

サモンナイトユークロス三巻ラストに見る作品仕上げ。

  1. マリウスにその母の皇后。
  2. 摂政アレッガと上層部貴族。その擁する私兵と外道召喚士。
  3. かねてから反乱を企てていた軍部。その傘下騎士たち。

はっきり言って本来のストーリーは2と3の政争であり、3が1を擁立するかもしれない、という話。

逆を言えばカシスがクラレットに対して示すように、摂政アレッガ一党も一枚岩でなく、アレッガ自身はマリウスを保護しようとしていた。3が1をさらった際に2が取り返しに行く。しかし現場の部下が「内々に処理」しようとしたところを。横から入ってきた者に浚われてしまう。

しかし、カシスは本来2であり、アレッガ役はレックスだったのだろう。キール→エクス→アレッガであったゆえに、パッフェルはエクスへの刺客に選ばれたと見る。

一方のオルドレイクはソルと共に3であるはずなため。今現在のシャマードが嫌いなオルドレイクが、カシスを認める日は来ないはずなのである。だって、シャマードの正体は餓竜の悪魔王と一体化した、パラレルワールドの橋本夏美なのだから。

しかも、クラレットは1のポジションである。挿し絵を見ればわかるように、クラレットの眼鏡版がシャマードのようなのであるが。クラレットが擁立したいというのはークラフトソード物語始まりの石編を見る限り、ロッカのようなものである。レイのポジションは合っている気がする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サモンナイトユークロス編でカルマ値MAXで懲罰部隊を殲滅するからこういう事態になった気がする。いや、初めは薬売りの男がシャマードを助けにいっただけなのだが、あのデュウがミルリーフのように行動して我を忘れたせいで取り返しがつかなくなった。

薬売りの男は正攻法は無理なので、天井裏辺りから部屋に薬を撒いて部屋の兵士を寝込ませて、そこから退路を確保するつもりだった。ただ寝込ませた後に薬で体調を崩して、制御を失ったデュウが寝込んでいた兵士達を殲滅。そこから新兵、隊長、審問召喚師の命運も決まっていった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新兵役がバノッサみたいだと気付いた時、世界の異変にゲーム主人公が関わることに気付いた。バノッサ、レンドラー、レックスの役がユークロス開幕により圧殺されたようだ。ナップのアール、フレイズのファリエル、エルジンのエスガルドに相当する召喚獣都のペアでなお死亡させた。

 

はっきり言ってシャマードが橋本夏美。オルドレイクがアズリアの別バージョン。レイムがアティ。の配役ミスな気がする。