読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R章 大きな物語のハーモナイズRPG サモンナイト5 エル⚫アインフェニアの由来はどうなのか 「おれたちが、そ」 「武器商人のODA 営利レンドリース法ゲーム」ゾロアスター教過渡期。ニュートラルを目指す相互抑制

いきなりショートカット並べます。共通項は、「個々の事例を対処しても一時の安息を得るに過ぎない。大きな流れで言えば、病床に対処する自体が、次の病床の種となる。救いのない因果関係を描いたストーリー」である、

www8.atwiki.jp

RAVE (漫画) - Wikipediaのエンドレスの設定

RAVE - ストーリーを教えてもらうスレ まとめ Wiki*

魔法少女まどか☆マギカ - Wikipedia

サモンナイト4ライ×アカネƒTƒ‚ƒiƒC‚S–é‰ï˜b

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 サモンナイト5。分かりやすい黒幕が、非寛容さ全開で非道を邁進するシナリオ。

 そう思われがちだがしかしーエルストとギフトのやり取りが示す通り、「認められたい」それだけは変わらない道行き。

サモンナイト5は血筋、血縁に拘りすぎたゆえ悲劇に見える。しかしサモンナイト世界における影響はより大きい。そもそもエルゴの王の名の由来は「カエサル→カイザー、皇帝」を意味するのだろう。ジュリアス⚫シーザーのように。軍人からなった英雄で皇帝。初代リンカー、セイヴァーがどうであろうとその霊媒変身ヒーロー特性は、子孫の特性となっていった。能力のあるフォルテ(主導権はシャムロック)が響鳴武装の蒼機の召喚師だ。ただし、ユークロスと都月小説を見る限り、本当の秘密は 

才能や能力は遺伝すると思いますか? - アンケート 解決済 | 教えて!goo 

突然変異 - Wikipedのような、遺伝子や染色体に憑依する「魔物の血肉」。つまり狼男 - Wikipediaに近い血縁であるということ。エル⚫アインフェニアも魔王召喚者の血縁なのだろう。本来のエルゴの王の力は、王本人の選択もあり一代限りのものだった。その状況で聖王家が存続できたのは、特別な力に関しては幼なじみの精霊と大自然への親和性、疑似古妖精の力だろう。

はっきり言って、核識に近く、後から生まれたというだけでいいものは沢山帝国に持っていかれてしまった。故にサモンナイト3⚫4における特別な力がエルゴの王の時代にもあった力だと考えるべきだ。サモンナイト1サイジェントをリィンバウムの縮図と見ると、フラット勢力とアキュート、ローカスが旧王国。オプティスが聖王国(深紅の鎖)と赤き手袋、セルボルト家。フラット非戦闘員年少組、中心の領主と上流階級、騎士団(イオスは脱落組)が、帝国と言うくらいの格差ぶりである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし、本当に問題なのは「俺様はスーパーヒーローなんだぜ」という風に、特別な存在に命運を委ねざるを得ない、法則性そのものなんじゃないのだろうか。

サモンナイト4ギアン⚫クラストフの独演について。

https://www.bing.com/videos/search?q=youtube+%e3%82%b5%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%884%e3%80%80part&&view=detail&mid=4E8C1C7860EB3AC2E65F4E8C1C7860EB3AC2E65F&FORM=VRDGA

ギアンはどぶ池で毛色の違うものは異分子として淘汰される、と憤っていたが。その実、平原で話したときのように、「君たちはそれでいいのかもしれない。だが救われなかったものはどうなる。手をさしのべられなかったことすらそのものの不徳という気か」 と憤っていた。自分を異分子というわりに、「自分よりも目を引き手に取られる養育対象」が上には上がいる、と肝に命じてコンプレックスになっているのかもしれない。後半の取り乱しようも、「力がなければ僕はここまで来れなかった→舞台に上がれなかった」という錯乱も、自分の不足を弁えているゆえなのだろう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかしー

ゾロアスター教 - Wikipedia、善と悪の二元論でいうと、教義通りの最終的な勝利と、過渡期における局地戦は別である。「本来そこにないはずのものが強く目立つと、排除し修正しようとする力が働く。」

ホルモン - Wikipedia

抑制ホルモンとは - 生物学用語 Weblio辞書

恒常性 - Wikipedia

エルゴ逹の響界線干渉は、召喚術の派生と言われているが、

鎮静薬 - Wikipediaに近いとも考えられる。つまり、光の神の規律しようとする力。

一方で、より広く世の中をコスモスとカオスで見るなら、ニュートラル(中庸)、調和に近いものにいるのが市民にとってありがたい状態だろう。

基本的に、最強の召喚師リンカーやセイヴァーが護界の方向に動いてしまうと、過剰規律に動いてしまうのだと見る。心理療法 - Wikipediaの観点から見ると、心が押し潰されてしまいそうな状態。エルゴの性質上、恒常性のために

適応 - Wikipedia

が起こる。エルゴは必ずしも、特別な力で光の王国を築いて欲しいわけではないのだ。物言わぬ生き物や無生物も含めた世界で、すべての命に生態系の中で競ってほしいのだ。

政府開発援助 - Wikipedia

レンドリース法 - Wikipedia

に近い形で、過ぎた規律がなされるならば、カオスに向かう勢力へ栄養が行くように、運命が傾けられるのだ。

その極致が堕竜ギアンであり、メルギトス侵攻と真鍮の珠であり、餓竜の悪魔王であるのだ。適格者云々はともかく、バランスをとる形で特別な力はリレーを繰り返していかねばならない。それを老害のように、必要な分使ったものが延々と、手元に留めておいてしまうと調和に反する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「俺様がそ」、と言ったところでカルマルートのギフトからどんどん冥土が吹きだしてくるが。「俺様が、存在することが原因となって、乗り越えるべき悲劇がやって来る」。それを悩んでいたんじゃないだろうか。アグラバインが旧レルム村を巻き込んだことに自責を感じていたが、ひょっとしたら本当に戦士である彼がいたから悲劇が起こりやすくなったのかもしれない。ウンディーネのような恋ができる、特別な誰かをヒーローにしすぎている。これはとある魔術の禁書目録ムシウタの世界観にも言えることだが。慣例化、社会通念化が酷い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いきなりショートカット並べます。共通項は、「個々の事例を対処しても一時の安息を得るに過ぎない。大きな流れで言えば、病床に対処する自体が、次の病床の種となる。救いのない因果関係を描いたストーリー」である、

www8.atwiki.jp

RAVE (漫画) - Wikipediaのエンドレスの設定

RAVE - ストーリーを教えてもらうスレ まとめ Wiki*

魔法少女まどか☆マギカ - Wikipedia

サモンナイト4ライ×アカネƒTƒ‚ƒiƒC‚S–é‰ï˜b 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「エルスト⚫ブラッツェルン、ケンタロウ、オルドレイク⚫セルボルト、リンカー」など、ビッグネームを意識しすぎているくらいがある。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

サモンナイト5異世界の脅威を紹介するものだろう。サモンナイトxのリッチ系モンスターの大量発生に近い現象だった。つまり、サモンナイト1の回帰点、五界全てに収まらない未知の世界からの脅威、が歪んでああなったと見る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

誓約が、猛獣の訓練に、交感神経などに作用するホルモン物質を投与することに近く、「モロー博士の島」を呪いで目指すようなものである、とすれば。光指す場所に指す色濃い影。世界の裏側に押し込まれた異種族同士の相反する本能による、異邦人、モンスターとの殺し合いは五界全てに望まれているニーズなのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モンスターとの共存をウルトラテクニックで実現したあと、どこかで失敗例が起こってしまったりとか。名もなき世界ー地球から呼んだ勇者のお陰で助かった後に、別な名もなき世界の脅威に脅かされたり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きな視点で言うとこんなものである。

特別な力を授かったものの象徴、セイヴァー。しかし、彼がいつまでも持っているべきものなのか?場合にもよるが、天下の回りものであるべきものを、家族や恋人としてはともかく、力までも一つのところに繋ぎ止めておくのは正しいのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結論

  • ある時必要だった故に劇毒として処方したドーピングであるが、何時までも使い続けていると、それに相対する力が向こうからやって来る。

赤の女王仮説 - Wikipedia

自立活動 - Wikipedia

反作用を弱めるためにも、勢力や軍備の自主的な解体、削減は必要なのである。下手に継承を続けてしまうと、持て余したものによる慢心と被害拡大を招く。ギアンの件はあそこまで大事になる必要あったのか?(異界の民の方が寿命が長いため、代々誓約などを次いでいく必要があるのだが。)

特別な力は必要が無くなったら仕舞い、それ以外の普通の人間の力を戦力に出来るよう育て上げよう。(→サモンナイト2私だけの王子さま 聖王が騎士を育成していることについても、リィンバウムの人間の常備軍 - Wikipediaの必要性を認識しているからか。貿易依存度(ぼうえきいぞんど)とは - コトバンク)

 

ある時、確かに復興中の防衛のために初代リンカーの力は必要だった。しかし、初代が王となり、リンカーの力を宝刀にし始めたことにより、世が乱れ始める。サモンナイトユークロス五巻メイメイのハヤトの資格についての話のように、途中で資格なしと見られたら、回収されていた。そういうこと。四界のエルゴはつまり、人間の王になった以上リンカーの力の持ち主にふさわしくないから、さっさと返せ。次の人に渡すから。と言いたかったんじゃないだろうか。どう拗れたか分かんないけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(サモンナイト2のメルギトス侵攻に関して言えば、メルギトスと近衛連中は誓約をするべきである。普通の戦争をさせる程度には、人間社会の召喚師が誓約を結び、鎮静化させれば送還しなくてもよいのだ。

ポムニットにせよ、召喚師が悪魔を抑える誓約を結ぶように。腕のいい召喚師の封印で暴走を止めるべきなのだ。略奪能力だって誓約で制限できるはず。

サモンナイト5でエクセラと引き離してヴェローチェの誓約を解除したままにしたのは間違い。本質的に悪魔の生まれ変わり、温い世界の敵対者の一員というのが、ヴェローチェの性質なんだから。野放しにするのは危ないのだ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 持つものが手放さないことにより、次の必要な人の手に渡らないケース

適格者と呼ぶべきものは実は結構いるが、授かったものとそうでないもので差が激しい。バノッサがどんな力の、不採用者だったかは分からない。しかしー

新堂勇人→シンドウハヤト→天使の友人「ウォーデン」。深崎藤矢→フカザキトウヤ→(カウスクザフ)白鳥、騎士「クラストフ」?。橋本夏美→ハシモトナツミ→アシモダイ「ミナ、マーン」。樋口綾→ヒグチアヤ→白鳥→エル⚫アフィニティス?。 

サモンナイト - Wikipedia

それぞれがエルゴの王の素質を持ちながら、選ばれるのは一人だけだった。それは、「護界召喚師」の座とて同じ。ハイネル⚫コープスの継承者探しで、セイヴァーの候補者二人に加え、イスラ、生徒四人の内誰かが護界召喚師になるべきであった。

島の中でも、目に見えない争奪戦があった。多分ヤッファ、アルディラ、クノン。対立候補が人でなかっただけでハイネルが一人勝ちしたようなものだ。サモンナイトユークロスを見れば分かるが、キールが栄冠を手にした後どうするか。彼一人で断絶させるというのも選択ではある。しかしー。ソル、カシス、クラレットの人生はちゃんと続いていく。しかも、人生の道行きで友人に恵まれるのは、恐らく選ばれたもののみ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

適格者の落選組。勝ち組はともかく、他の連中は、力もなく運命に翻弄されるしかない。分かりやすい例がポムニットだ。ゲームの選択主人公は適格者といえ、支えてくれるみんながいたから歩ききれた。力の本来の主であれば、側に暴走を抑制できる存在がいるはずなのに。運命の正規プレイヤーで無かったゆえに、ポムニットの母子にはそういうものがいなかった、ゆえに母が死んだ。→

アヤが、ナツミが授かるべき魔王の力を、適格者通しだったゆえの誤配でー受け取ったゆえの極端な悲劇だろう。

ギアンの力はマナの送受、運輸に優れているが。あれは悪魔の上位スキルである。護界召喚師でいったら、キールがカシスの。ウィルがアリーゼの持つべき力を使っている気がする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つーか、サモンナイト2のレルム村襲撃は、「バノッサいわく。きっかけはどうでもいい。こちらの面子がつぶれたことが問題なんだ。事態の張本人をつき出せば穏便に済ませてやる」→悪魔ポムニットが、旧王国での潜伏生活に失敗して、騎士の国の人間である襲撃者を返り討ちにし続けた。その過去が「物事は環を描くように回って」人間の騎士が、悪魔アメルのいる村を襲撃、焼き滅ぼす。決着をもたらしたのだろう。「旧王国の田舎→サイジェント、破れた城壁側のフラット→レルム村」と因果が移っていったのだと見る。しかもその連鎖すら、十八年前よりも前の、召喚師による山間部の村殲滅事件、という悲劇が生んだ復讐者が持ち出したアイテムによる、人を悪魔へ作り替える道具、のせいだと思えている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それに、輪の流れで見るなら、サモンナイト2の「天使の力」は他の三人が持っているべきものである。性格を見た感じは白鳥の翼を含め、アヤが持っているべき、騎士を支える力。聖王国も騎士の国だけあるが。

じゃあ、今トウヤに当たるやつ、エクスを支えているのはハヤトの能力なのかというところ。天使の友人、サモンナイト4をやると古妖精のことだと分かる。時の呪いはイギリス幻想系。

トウヤの力は、ハヤトに当たるー誰をどう支えているのだろうか?ケンタロウを見る限り武芸に纏わるもので、自然崇拝系。

サモンナイト ツインエイジ 〜精霊たちの共鳴〜 - Wikipediaのカウスクザフの概念に誓いはずだが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名前で見ると、

カザフスタン - Wikipedia

カザフスタンの文化 - Wikipediaこういう話だろうか。サモンナイトツインエイジ、リーファが重要人物だった場合、あの育ち方は弊害が多い。サモンナイト1を見返してみると、領主の城の改装にすらいい印象を抱いてなかった。国境の緩衝地帯で、少し前に戦争があって、防備全体を補修できる財政で無い領地としては、寧ろ控えめな防衛費出費だったのだが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思うに、ミニスやユエルはサモンナイト2クレスメント家末裔のライバル適格者だった。彼らがアメル付きで召喚術の才能を継承していたケースもあったのかもしれない。早くに生まれたマグナ達が暴走事故で町をめちゃくちゃにしなければ。そして、あのとき何かを得なければ。

ユエルが青の派閥の新人召喚師になっていたのかもしれない。サモンナイト5のルエリィ、カルマルートはそういうことだ。あのとき、対立候補に当たるマグナを。導きの光のプレイヤーとの相殺でギフトが封印されたお陰で、ルエリィに運命の天秤が傾いたのだから。

サモンナイト2はサプレスルート選択でなくても、召喚師のサプレス才能を召喚獣アメルに渡す形で、振るわせていたのだとみる。

もしロウラー達が選ばれなければ、ミニスが事故を起こして、その時流れた召喚術の力をユエルが使えるようになって、勇者と呼ばれていたのだろう。

そしてーミニスという召喚師(護界召喚師相当)のパートナーもまた適格者の中から選抜されていた。当選者のシルヴァーナの他に。ユエル、レシィ、バナシュだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

理由は不明だが、サモンナイトシリーズでモナティみたいな性格の持ち主はひどい目に遭ってばかりな気がする。秩序側の強大な力の持ち主に反してコメディチック?導きの光の時のギフトの両親?。サモンナイト3のヴァルゼルド。サモンナイト1のモナティは、アメルの対となるはぐれ召喚獣サモンナイト4のリビエルや、2のサプレス系が弱いケルマ。寧ろ社会のリーダーになれる素質の持ち主だったり、情けなかったりと極端だ。情けなかいバージョンの時はシンデレラチックなんだけどーアトムのようにいつまでたっても変わらない。召喚師の死後もそうだから誓約とは別な理由で。悪魔が誓約で能力を抑えているのを代々次いでいるのだから。モナティのような善神側は、一期一会の相手との誓約でお互い高め会うタイプなのだろうか、はずだが。変化が分からない。

何で誓約で力を抑える前から、悪魔の制御法同然の様子になっているのだ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サモンナイト4。これをやってからサモンナイト1をやるとその歪み方が分かる。何故、作中で召喚師以外が、あれだけ召喚術を特権階級の異物として扱っているのだろうか。サモンナイト2の一話で分かるように、召喚師といっても色々いるし、成り上がりは高級住宅街に住めない。顧問の三兄弟が威張っているのは、自己認識では他が不甲斐無くて。単に功労者で貴族だから。バノッサの連敗による召喚術への入れ込みぶりはおかしい。ユークロスの他の三人が落選してああなるとは思えない。

あの町って全体的に心を操られている?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そもそもバノッサがオルドレイクの子とは思えない。

「バノッサ→ば、ノス→ビーナス」美の神。女の名であるべきでは。何か配役ミスな気がする。それに、オルドレイクがバノッサの母を捨てた?人違いでは。バノッサは寧ろ、ユークロスのカシスやトリスみたいな護衛獣側に近いのだ。恐らくはシルターン系かサプレスの憑き物入りの霊媒人形→カシスが「私専用」と呼んでいるアヤのように。そう、ミニスの専攻がサプレス系で憑依能力者ならば、捨て子をバノッサのように育てるケースもありなのだ。ネーミングのセンスも、フレイア、ワルキューレを軸に「シルヴァーナ」「バノッサ」(毒笑婦ヴェノア)だし。

ヒトと見間違う、人に憑いた召喚獣が。何かしらの理由で(モナティ、ユエル、エルカ、忘れられた島の面々、クノン、カサス、ポムニットのように)親元=飼い主を離れて。その後に飼い主の血縁か捨て子か誘拐かで手に入れた子供を育てて。そして死別した。そんな感じじゃないだろうか。スカーレルやケイナが憑き物憑きだったとすれば。記憶喪失や性同一性障害も説明がつく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー